海が穏やかだと心も穏やか 

風は強いのですが、海はそれほど時化てはおりません。

天気予報が相変わらず外れっぱなしで、いまはとっても綺麗な夕陽が。

明日は「東の風やや強く くもり 明け方から朝 雨 波 2.5メートル うねり を伴う」

という文章だけなんですけど、それでいいのだろうか?

なんか分かりづらくね?

しかし、今日は1日ずっと良い天気で透明度も40m以上あって

水温も変わらずの29度。温いです。

明日は「ちょ~晴れおんな」がやってきます。どれほどのモノでしょうか(笑)

benten-komon0171011.jpg

抱卵しているベンテンコモンエビの
どアップ。TG-4ってすごいね。

kai0171011.jpg

ウミヒルモを食べる貝・・・
なんて名前だっけ?

sangodiver0171011.jpg

3本目、太陽光線がやや傾いて
光の筋を出します。
上手く撮れたって感じだけど(^。^)







ず~~~っと東の風です 

天気図みていただいたら一目瞭然。

等圧線が横に狭く走っております・・・ってことは東の風になるのです。

ずっと東風なので困っていますが、来週できるかもしれない台風は

このおかげでこちらへは来ず、フィリッピンへ向かいます。

アムロ島の東海岸一帯はそこそこ濁っていて、ダイビングに向いていません(笑)

阿嘉島の西側に那覇のヘンテコリンな船が来て、

サンゴ再生著しいところにアンカーかけ、40名ほどのダイバーが潜ります。

これを止める術がありません(T_T)

若干、上げ潮は濁ってるかな?内海の濁りが割りと目立ってきたね。

水温は相変わらず29度と高温安定です。透明度は20~50m。

sanddiver0171010.jpg

急斜面の砂地
太陽光線に照らされて、より白くなる気がする。

garasu-haze0171010.jpg

小さい小さいガラスハゼの子ども。
ダイバー抜きにしてみました。

sangodiver0171010.jpg

阿嘉のサンゴはほんとに元気いっぱい。

どこから聞いてきたのか
那覇からの船が結構来るようになって来ました。
阿嘉島の大手Sの那覇船手引きj件は目撃しておりますゆえ
結託して情報を共有し阿嘉島の綺麗なところを潜っております。
こんなとこ許されるわけがない!
出て行け那覇船!!!来るな那覇船!!!



最後の賑わいが終わる 

今年最後の大賑わいが終わりました。

提供側としては大変ではありましたが、振り返れば楽しい毎日。

リクエスト通りにダイナミック&繊細なガイドに徹しましたが、評価はあるのかしら(笑)

マダラトビエイをアレだけ見られたら、、、満足度は高いと思います。

明日からはいつものようなガラガラやり放題のオケでございます。

お時間のある方は是非お寄りください。


diver0171009.jpg

in the blue sea

sakura-nisetsuno-hiramushi.jpg

Pseudoceros bimarginatus

sangodiver0171009.jpg

in the coral sea

だいぶ風強いです 

ミーニシかと思いきや

東の風が強いくなってきました。

アムロ島の東沿岸では波はそれほどではないのですが

潮がグチョグチョに変で、、、、濁っています。

午後の3本目はそのあたりを2箇所みてみたのだが、

そんな状態なので、ゲルマに変えました。。。そしたら

昨日に引き続き、マダラトビエイが2枚ですが(昨日は5枚)クルクルと舞っておりました。

さすが俺!

交尾期なのかねぇ~   ツイてる(#^.^#)

diver0171008.jpg

サンゴの丘を駆け上がり

hamakumanomi0171008.jpg

バックライトでハマクマノミを堪能し

simulans0171008.jpg

極小のシムランスに
目を細めた 1日です。

あしたもイクでぇ~~~

ミーニシだね 

今日の未明から風が北向きになってきましたね。

これはもうミーニシ。

沖縄の秋からの季節風。新しい北風とかきます。

この風に乗って遠く大陸へ、船で使者を送ったり

何年も勉強するために見知らぬ大陸へ渡ったのでした。

先人たちのことに思いを馳せるのはロマンを感じます。

さて、抜群だった天気にかげりが見えてまいりました。

風が徐々に強くなってきて、ポイント選定が難しい状況でございます。

内海でお許しください(笑)

diver0171007.jpg

スッゲェ~ドロップオフ
に見えるね(#^.^#)

nokogiri-hagi_yg0171007.jpg

ほんとにかわいい。

あしたもチバります。