残念なことや、よかったこと。。。 

世の中、良い事もあれば良くないこともあって

順番であるいは順不同で巡ってきます。

たくさんいいことがあるのに良くないことは少ししかないヤツいる!

ってのは、なんだか隣の芝生的な感じがしないでもない。

生まれながらに貧困で国も手を差し出せないような境遇だと・・・

「良いこと良くないこと」のレベルが物凄いのかもしれない・・・。

わたしのように、それほど良い事もないけど、良くないこともあまりない。

ってのは本来「本当の幸せ」だと思うようになって来ました。

いまの日本人の「幸せ」はなんのでしょうか?

物欲におぼれ、コミュニケーションを避け口を閉ざし、私利私欲に情熱を燃やす。

何度も書いていますが「金ない、自然ない、ひといない」そんな日本になって来ました。

もう1度「幸せ」を考え直したり、自分の価値観等もう1度思いなおしたりしてほしいものです。

小林麻央さんの残念なことを知り、「幸せ」について書いてみました。

合掌。

muchikaramatsu-ebi0170623.jpg

ひょいと死サンゴの下を覗くと
曲がったムチカラマツが・・・

sango-teppouebi0170623.jpg

せまいん「だってば!
というセリフが聞こえてきそうな・・・。


fuchidorihanadai_yg0170623.jpg

最初の発見は5/6
今日6/23でご存命なので
6週間ちょいがんばっているってことです。
エライなぁ~
もう4週間がんばって・・・そして成魚になればいいのにね。
全長は約35mm程度だけど色彩はもう成魚と同じです。
足のつくところでの撮影を是非、ご堪能ください(笑)

あ~美しい。

本格的にはまだだけど・・・ 

沖縄気象台は梅雨明けしたもようと言ったらしい。

あしたは慰霊の日でお休みだからかな?気象庁は休みじゃないんですが・・・

SNS等で「夏色のソラ」とか「梅雨明けの空」とか書かれているのをいくつか目にしましたが

そうかな?まだ梅雨の雲が残ってるけど?夏の雲にはなってませんけど?

ただただ紫外線はキツくて、日焼けで顔がヒリヒリします(笑)

水温はまだ26度ちょっと。60分になるとちょっと寒いです。

とっても濁っています(ーー;)

kusa-haze0170622.jpg

クサハゼは
ほんとに美しいですね。

maru-suzumedai_yg0170622.jpg

7月前に出現したのは
記憶にないくらい早いです。


rurihoshi-suzumedai_yg0170622.jpg

こちらルリホシも
7月前に出現なんて記憶にありません。

両方かわいいですね。

たぶん、明日梅雨明け(#^.^#) 

昨日から梅雨明けの季節風のカーチベイ(南西風)が

吹き始めているので梅雨明けといってもOKだけど

まだ曇っているし、雨がふってもおかしくないので、、、、明日です(笑)

でも水はまだ26度ちょっとで、少々冷たい。

さまざまな幼魚がわんさか出てきていて、とっても楽しいです。

あちこちにいて個体を選べるナガサキがカッコいいし、よいと思います。

きょうからお客さんが来てくれて、ひとり、ふたりとなり徐々にギヤを上げていきます。

大雨が続いてポイントの調査が出来ていないことが悔やまれますが

がんばります。

nagasaki-suzumedai_yg0170621.jpg

20~25mmくらいの子が
顔のスジがカッケーですかね。

sangodiver0170621.jpg

15年ぶりくらいに入った場所は
サンゴが完全復活してました(#^.^#)

あすたもいくでぇ~

やっと・・・やんだ 

朝おきたら空に太陽があった。

当たり前のことではあるが、ここ数日になかった明るさと暖かさ。

あぁ、やっと止んでくれた。

んで、梅雨明けかって言うとそうでもない。

とりあえず南西の季節風は吹いていますがねぇ~。あさってかな(笑)

身体がなまってるし、時間もあるのでゲルマの山道を登ってみました。

みんなはあまり知らないと思うけど、以前から道はあって、

時々登ってみたりりしていたんですよ。冬の軽いトレッキングに最適だったし。

国立公園になる直前のギリギリに申請が通ったのかな?作らなくてもよいもののひとつ。

環境アセスメントも適当なんだとうし、このあとどのような影響が陸海であるかわからんけど

とりあえず、景色もいいし、みんな来たときには登ってみてはいかがかな?

そのままず~~っと進んでいけば、ゲルマニヨンまで行くし(^。^)

それほどキツくないスロープと397の階段があります。

家から天辺まで行って帰ってきて約7000歩。4.3km、登った階数 47階*i Phone7による

geruma-sandou0170620 (1)

ダイビングの帰りとか良く見える小屋から。

geruma-sandou0170620 (2)

上から100段降りた地点からの眺め

akahoshi-sangogani_yg0161016.jpg

そして
ニヤけるカニ。

家中がジトジト 

これだけ雨が連続して降ると、どこもかしこも湿っぽい。

乾いてるのはドライボックスだけさ(笑)あ、冷蔵庫もかわいてるね。

ポイント調査もままならぬ今年・・・ガイドしながらちょっとづつするかね~。

見た目のよいところ、サンゴがいっぱいあって、浅くて深くて・・・

でも実際どんな生物がいるのかは通ってみないと見えてこないんだよね。

最低でも3ヶ月、出来れば半年以上かけてみていかないと掴めないかな。

ただ単に真似っこして潜ってもガイドの違いってそんなところからなんだよ。

景観・生物・潮流・季節による太陽光線の強弱と向き・水の状態・・・等。

こんなことまで考えてガイドしているのは座間味村ではいないはず。。。きっぱり!

あ、アンノさんがいた(^。^)

kumanomiakahoshi0161016.jpg

眼ぇ痛くないのかしら(^。^)
これノートリミング。
めちゃ寄ってるべぇ~。