梅雨の終わりの激しさよ 

もうず~~~っと雨。

しかもず~~っと激しい。雷も伴ってるから、雷雨だ。

小康状態が短いのでウッカリ外出したら大変なことになりそうなので

家でゴロゴロとstarwarsを最初っから観てたりする(笑)

台風2号から変わった熱低のようなものが通過しようとしているのかな?

明日朝までこんな天気が続くかもしれませんな。

きょうは久しぶりに高速船の2便が欠航しました。

船降ろしてポイント調査へ行きたいけどネェ~~~。

seiryu-himehon0170521

セイリュウヒメホンヤドカリといいます。
韋駄天に似ているけどあんなに早足ではなく
撮影の機会は充分にあります。
割りと綺麗なヤドカリですが、毎回見られるわけでもないので
やや稀かな(#^.^#)

パンダ子宝に恵まれ 

近頃、無残な事故やテロ、アホな日米の政治家のニュースしかなかった

パンダの出産は、久しぶりにみんなが喜ぶニュースだね。

黒柳さんも感無量な感じでした。

しかし、パンダの子って意外と大きいんだね(笑)

もっと小さくて、蚊の鳴くような声だと・・・勝手に思っていました。

とても元気な子のようで、無事に育ってくれることを祈っています。

今週はず~~っと雨模様。

明日明後日は熱低の通過もありそうで、大荒れになるかもです。

これが終われば週明けにでも梅雨明けだと思います(#^.^#)

panda-daruma0170524.jpg

こっちのパンダもたくさん卵を産んで欲しいなぁ~




産卵も終わって・・・ 

行事的には非常に落ち着き感満載で、

事故もなく、TOPからの中止命令もなく、うまく行った産卵観察会でした。

通常の待機期間が6/8~15日でしたが「ひょっとしたら早いかも?」

と6日からに早めて取りこぼしのないように万全を期しました。

オヤジはロックの日で9日をお休み宣言させていただきましたが、

当初からの産卵予報が10~12日の間でしたので、それに賭けていました。

10日当日初めて対象サンゴを見に。。。罪悪感もあって誰よりも早く、17:25にEN。

まずは周囲を眺めながら遠方の第2ブイのサンゴを見てみると・・・・うっ!

バンドルがちょっと顔を出しています。急いで第1ブイのサンゴも見ると・・・同じようにバンドルが見えてます。

周辺の同種サンゴを覗くとみなバンドルが見えてます(#^.^#)

こりゃ、大産卵になるねぇ~~~とひとりほくそ笑んでみなが来るのを待っていました。

あとはいつものようにいつもの手順で子ども達の観察会を決行。全員の笑顔が見られました。

あ、今年は夜の大人の部は行ってないのでちゃんとした写真はありません。

サンゴ産卵観察会0170610 (20)

ノーストロボでブレブレの産卵写真

サンゴ産卵観察会0170610 (41)

恒例になった
観察会大成功の万歳!
「しばらく、そのまま」っていうからグリコ状態(笑)

uzura-kakuremoebi0170606.jpg

全然関係のない
ウズラカクレモエビ。

良く晴れた月曜日 

なんか周囲がとっても賑やかだなぁ~

と不思議に思っていたら

土曜日の運動会の代休ってことと

孫の運動会を観に内地からおじいさんやおばあさんが島に来ていて

孫たちが甘え倒して、ちょ~騒いでいるからだった。

なんか家に子どもがいなくなると、てんでわからなくなっていくのよねぇ。

さてさて、今日の写真はカメンカクレエビというエビ。

ちょっと半日陰ちっくな場所のガレキのしたなどに普通に棲んでる。

いわゆる常住しているエビで肉眼での見た目は地味なので

雑誌やフォト派ガイドのSNSなどにはあまり出て来ない。

エビはさぁ~やっぱ和名が無くて、ポワンとした色で撮れる場所にいないとね。

って感じではないのでね。

でもとっても美しいと思っているので、いつもガイドしております。

kamen-kakureebi0170517_2017060516080834f.jpg


那覇から戻りました。 

きょう島に戻りました。

夕方には船を下ろしました。

ペンキ塗ってきれいになった愛艇の写真撮るの忘れた(笑)

あしたまでゆっくりで、あさっての午後から少しお仕事。

6/6から産卵待機期間となりました。当初は6/8~でしたが早まるかも?

ってことで。

毎年そうなんですが、産むなら早く産んでよぉ~って叫んでおります。

6/9はロックの日でサンゴはお休みします。もし・・・その日産んだら・・・あたしゃ唄ってますから。

今年は保護者とか協力してくれる方が大勢いて、出番あまりなんすよね。

ま、いつまでも一線にいるのもね、しがみついてるみたいで、美学じゃない(^。^)

出来る後輩にどんどん譲っていくつもりでゴザイマス。

keyari-sp0170517.jpg

ケヤリムシっていう動物です。
鳥の羽のようなものは鰓冠っていって
餌をとったり、呼吸したりしている部分。
この下の方に本体があって
本体は・・・ゴカイもたいなヤツなのでした。