夏のおわりはいつなんだろ? 

昨日で7月も終って、オケアノスもゲストがきれました。

キリがいいですねぇ。

1週間のお休みになりました。

なので、那覇へ行き、常連さんの飲む泡盛の買い付けや

ボートで提供するお飲み物なども買い付けます。

自分ち用の食材も買って、あとは映画何本か観て6日に帰ってきます。

オケ号は先ほど陸揚げされ

そのきちゃない船底を空気中にさらけ出しました。

3日もこの炎天下に曝されれば、まちがいなく綺麗になることでしょう。

それにしても・・・台風5号。バイオウlザーは沖縄を通過する予報だね。

最近当たらないから、予報官が変わったに違いない。。。

そんななので急遽帰ることになるかもしれませんが、那覇へ行って参ります。

あ、行きのは3日ですけど(笑)

kakure-moebi-1-2_0170731.jpg

なんか画像がへんです。
直りませんのでクリックしてみてください。
カクレモエビの1種で名前がまだありません。
とてもレアなエビで1年に1度くらいしか見ません。

daruma-egg0170730.jpg

ダルマハゼとその卵。。。眼があります。


突然のおやすみで 

耳の具合が芳しくないということで

ダイビングを1日お休みします。ということでしたので

今日はオヤジもお休みです。

お陰様で常連さんたちのお見送りも出来たし

山積みだった支払い&雑用がある程度片付きました。

ひとりでやってるとね、この雑用に振り回されるんだよね。

仕事のための仕事だし、重要ではなるのですが・・・面倒臭い(ーー;)

片付けていかないとドンドン溜まる一方なので厄介す。

ってことで、潜ってないから昨日のかあ3枚。

nadeshiko-egg0170224.jpg

おなかの卵に眼ができております。

kinuhada-sp7_0170224.jpg

キヌハダウミウシの1種-7
というやつでまだ名前はありません。
今季2個体目。

tosaka-sp0170723.jpg

-26mの高さ数センチのトサカ。
可愛いんですが、書中見舞いにはいまひとつっぽい(T_T)/~~~

あしたは朝、雨予報だけど
ダイビング行くかな~~~。

戻り梅雨 

きのう、きょうと雲行きが怪しく

灼熱の太陽はお休みのようで、涼しい風が吹いたりしてた。

夜物凄い雷とともに、雨が結構ふったみたい。。。

そういえば夕方も雨が降ったとか言ってたなぁ~

梅雨明けいたとたんに雨ばかり降るのを「戻り梅雨」というらしい。

戻り、というと、戻りカツオ、戻り嫁、あ、出戻りっていうんだった(笑)

戻っていいものと良くないものと、それぞれですな。

本日、那覇から戻りまして・・・明日からはずっと働いてます。

7月の後半・・・ヒマです。絶賛予約受付中。

sango-kansatsu0170501 (1)

この写真を憶えていますか?
ニシハマでサンゴの成長観察をしているものです。
去年9月から撮影していて、随分成長したなぁ~
などと、いっておったヤツです。
ここは大体のガイドが行かないところであろうと設定し
観察を始めた場所なのですが・・・・



sango-kansatsu0170625 (7)

ご覧のとおり、壊れています。
丸かったサンゴが扇状になるような破壊。
おそらくダイバーのフィンではないかと思われます。
スノーケリングはここまで来たらイケないし
くるのは何処かのガイドツアーなので破壊行為は考えにくい。
てことで、無法者サービスのヘッタピダイバーが
フィンで蹴って破壊したと断定しました。

いま、あちこちでサンゴ破壊の被害があって目にあまるほどです。
そのほとんどがダイバーのフィンキックによるものと考えられ
連れて行くガイドの技量の読みが甘い、あるは何も考えていないかで
破壊原因の80%はサンゴの上を泳がせることではないかと思います。
まともに中性浮力が取れないダイバーには
サンゴ上には行かないようにご指導いただきたい。と切に願います。

あしたから海です。

やっと・・・やんだ 

朝おきたら空に太陽があった。

当たり前のことではあるが、ここ数日になかった明るさと暖かさ。

あぁ、やっと止んでくれた。

んで、梅雨明けかって言うとそうでもない。

とりあえず南西の季節風は吹いていますがねぇ~。あさってかな(笑)

身体がなまってるし、時間もあるのでゲルマの山道を登ってみました。

みんなはあまり知らないと思うけど、以前から道はあって、

時々登ってみたりりしていたんですよ。冬の軽いトレッキングに最適だったし。

国立公園になる直前のギリギリに申請が通ったのかな?作らなくてもよいもののひとつ。

環境アセスメントも適当なんだとうし、このあとどのような影響が陸海であるかわからんけど

とりあえず、景色もいいし、みんな来たときには登ってみてはいかがかな?

そのままず~~っと進んでいけば、ゲルマニヨンまで行くし(^。^)

それほどキツくないスロープと397の階段があります。

家から天辺まで行って帰ってきて約7000歩。4.3km、登った階数 47階*i Phone7による

geruma-sandou0170620 (1)

ダイビングの帰りとか良く見える小屋から。

geruma-sandou0170620 (2)

上から100段降りた地点からの眺め

akahoshi-sangogani_yg0161016.jpg

そして
ニヤけるカニ。

家中がジトジト 

これだけ雨が連続して降ると、どこもかしこも湿っぽい。

乾いてるのはドライボックスだけさ(笑)あ、冷蔵庫もかわいてるね。

ポイント調査もままならぬ今年・・・ガイドしながらちょっとづつするかね~。

見た目のよいところ、サンゴがいっぱいあって、浅くて深くて・・・

でも実際どんな生物がいるのかは通ってみないと見えてこないんだよね。

最低でも3ヶ月、出来れば半年以上かけてみていかないと掴めないかな。

ただ単に真似っこして潜ってもガイドの違いってそんなところからなんだよ。

景観・生物・潮流・季節による太陽光線の強弱と向き・水の状態・・・等。

こんなことまで考えてガイドしているのは座間味村ではいないはず。。。きっぱり!

あ、アンノさんがいた(^。^)

kumanomiakahoshi0161016.jpg

眼ぇ痛くないのかしら(^。^)
これノートリミング。
めちゃ寄ってるべぇ~。