FC2ブログ

不思議な言葉1 

沖縄には「うちなぁ~ぐち」と
呼ばれる方言があって
それに現代語や標準語が混ざったものを
「うちなぁ~やまとぐち」といいます。

沖縄は母音があ・い・う しかなく
え→い お→う に変換されることが多い。
このことは沖縄の言葉の基本となりますので
よ~く覚えておきます。(笑)

よっておきなわは、うきなあ→うちなぁとなる。(私見)

以前、とても便利な「だっからよぉ」を
説明したので今回は「~から」を少々。

ある日のとある会話~
A「あい、ひさしぶりだね」
B「クィ~ンから!」
A「ゆれなかったねぇ?」

これを翻訳すると
A「おぉ、ひさしぶりじゃん」
B「今クィーンざまみで着いた」
A「揺れなかったか?」

ってなことになります。

上の「~から」というのは
「那覇からクィーンざまみで着いた」
というのを「クィーンから」と略した言い回しで
そこで力強く切ることによって
遅刻せずに上船出来て
揺れなかったことなど全てを言い表し、
またキッチリ通じています。(笑)

とっても便利なので
みなさんも日常でどんどん使ってみましょう!

kuroobi_suzume_yg080801.jpg

昨年の8月1日に前浜で確認した
クロオビスズメダイの幼魚。
ピントが今ひとつですが
近くのトゲサンゴと比べると随分小さいのが判ります。

次に前浜に行ったのが半月後の
8月16日になっていて
この時以降クロオビスズメダイは
ここで確認出来ませんでした。

一旦入ると成魚になって
長期間見られるので。ちょっと残念です。

クロオビスズメダイはとても好きなので
素通りは出来ません。
また今年も何匹か来てほしいですね。

「黒潮から!」










コメント

音楽の

音階も沖縄ならではですよね。

言葉遣いだと。。。
クブシミ?

そうです。

琉球旋法と言うらしい。
簡単なのは「ドミファシド」を
出鱈目に弾いても沖縄風民謡に
なります。ドミファ~で島唄だ。

おもしろいからやってみてね♪

ミとシを半音下げて弾くと
ブルースになります(笑)

琉球音階

確か、ドミファソシド
って習った気がするけど、別物かなぁ?
f^_^;

それは

ブルーノートスケールかしら?

あぁ、ソが抜けてました。
コブシメ→クブシミでOKです。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/885-a53eb85a