FC2ブログ

14号もなんのその! 

阿嘉島の遥か南方にある14号。
案外巨大で強い。

あんなに遠いのに
朝は波の崩れる音が家にいて
聞こえてきた。

心配で見に行って来たら
そこそこのうねりがサクバルに当たっている。
船の運航が気になったけど
結局すべてが通常運行でした。

ウネリを蹴散らしながら
昨日行かなかった内海へ。

・アダン下とアマBとさばくの3本。

アマBもさばくもハゼは全然出ていませんでした。

ほとんどのポイントは濁っていて
10mもない視界です。
ロストしそうでキョロキョロしてばかりだった。

そんな中でも
ハダカハオコゼの脱皮の瞬間を見たり

船の真下でセムシウミウサギガイの
産卵も見ることが出来て好運でした。


PICT0045.jpg

2つのセムシウミウサギガイが
ひっついていて
その上の薄茶色のツブツブが卵です。

通常はこんな表面には産まないので
とても珍しいシーンだと思う。


コメント

ハダカハオコゼの脱皮なんて、狙って見れるものではないし、やはり潜る頻度とお客さんの運でしょうか。
あまり欲張ってもいけないが、こうゆう運に時々恵まれることを期待して潜ります。

城 茂礼呂さん

運もさることながら
その時の状況を理解していないと
大切なシーンを見逃してしまいます。

「勉強」は大事です。(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/769-059cd221