FC2ブログ

ずっと夏でいてくれたら。 

とにかく暑い
夏ってこんなに暑かったっけ?
っていうくらい暑い。

小潮から中潮に入った途端
抜群な透明度になり、水温も上昇。
それに合わせたかのように
生物も活発になった・・・ような気がする。

浅瀬の30度を超えるようなところに
ハクセンやミヤコキセン、セダカの
子供達がたくさんいてすっごい賑やか。

岩盤の穴ではモンツキカエルの大小がわんさかいて
穴の壁面にびっしりと卵が産み付けられたのも
あちこちで見られるようになりました。

しばらくは台風らしいのがないので
安心ではありますが
あまり無いのも、ちょっとヤバい。

今阿嘉島じゃ、スノーケラーの増加で
サンゴの損傷がひどい場所が出てきちゃいました。

何か良い手立てはありますでしょうか?

deba_sanran080618


激しく産卵行動をするデバスズメダイ達。

凄まじいとはこのことです。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/684-5b666d17