FC2ブログ

産卵シーズン真っ盛り 

6号の余波はまだ消えていませんが
だいぶ良くなってきましたよ。
20度線を中々超えてきませんが
台湾の西に出てからは
勢力が衰えて最低でも熱低で済みそうですね。

さて、「浮遊感」が好きと言われて
ガイド魂に火が付いた。

ヤカビの先端へ怒濤の激流ダイブ!
次から次へと魚が湧いて出てくるような・・・
水のしわを水面下から眺めるのが好きです。

激流のあとは、静寂な砂地へ。。。
水と白砂と小さな生物。

午後は豪快なドロップオフ。。。モドキ。(笑)
アオベニ見てました。

水温はちょっと低いけど
台風の心配もあまりないし
魚が多くて幼魚だらけな6月は
やっぱし、面白い!

sedaka_ginpo080621.jpg


先日出会ったセダカギンポの幼魚。

可愛いねぇ~。




コメント

ヤカビ先端。 かれこれ、何年だろうか、行ってないですが、「ここ、重要」疲れる洗濯機のような流れは、もう嫌です。

でも、いいかな。単純なのより・・・

楽が一番だけどサカナも、一所懸命ですから。
素敵かもです。

アオベニみてましたかぁ====
すごいシャイですよね。
また今度です。

セダカギンボのまつげ大好き。。
幼魚はピンクじゃないの???
小さい時ほどピンクだと思ってた。

ランママさん

シャイですが
シャイじゃないのもいるんです。
すぐに引っ込む個体を
ガイドしても見ること出来ませんから。

ピンクではないです。。。

シーパラさん

洗濯機のような所へ
連れ行くことはもうありませんけど・・・。

基本的な体力は「重要」です。

まつげもかわいいくて好きですが、
はなげもおちゃめで大好きです~ *^o^*

顔のあたりは水玉だけど、だんだん滲んで
蛙の卵みたいな模様になるんですね。

ぬくにゃんさん

鼻毛のところに着目するなんざ
流石ですね。

オトナはドットの石垣模様です。

その昔

コイツとチョウチョウコショウダイの幼魚を間違えて笑われた時代がありました。
「セダカギンポの幼魚がヒラヒラしてて。。。」
ガイドさんに????
と思われたのは言うまでもございません(-_-;)
今考えるとどうして間違えたのか
理由がわかりませぬ。

joyさん

頭を下にしてヒラヒラ泳ぐ姿は確かに似てますな。

でもそんなのは許容範囲です。



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/677-901806cc