FC2ブログ

子供は未来 

QZ1で到着して怒涛の3DIVE。
といってもファンダイブじゃなくてサンゴ調査。
正確にはホワイトシンドロームの調査の準備。

調査の海域は以前4m級のテーブル状サンゴが
連なっていた区域。
オニヒトデと白化とダメになってきて
腫瘍もたくさん見つかって・・・そしてWSD。

そこは激流区域。
うちはドリフトしないので滅多なことは潜りません。
前行ったのは・・・・憶えてないくらい前じゃ。

で、作業の合間にのぞいてみたら・・・あんた。
びっくりすますた。。。だって、全部死んでるんだもん。
全部なんだもん。。。1つ、2つは残ってるけど。。。
暗黒の世界だった。

「愕然」とはこういうことを言うんだな、きっと。
将来暗いなぁ~、なんて思って気持ち沈んでた。
でもよく見たら、2~4cmの小さなサンゴあちこちに付いているのを発見。

この先良いかもしれないね。

なにノーテンキなこと言ってんじゃ~、って思うでしょうが
小さな・・・子供・・・はとても大切です。
こんな島で生活しているとね、地域に子供がいないと不安になる。
子供=未来だから。   子供がいないと未来さえないのじゃ。

あとは、子供がちゃんと育つ「環境」を整える。
これが海にも陸にも、自分たちにも、とっても重要です。

ogurobera080102.jpg


尾が黒いので、オグロベラ。
まだ少しメスの色(オレンジ)が頭部に残ってますね。
「ベラっていっぱいいるしぃ、みんな同じでわかんない」
ってなこと言われていつも不人気だね。

しかし、一度ハマったら・・・2度と抜けれないくらい
素晴らしい世界が広がってきますよ~。

余計みなくなちゃうか・・・。



コメント

将来の事

とても大事な事であると考えています。

なにより、高度成長期に汚染された河川(多摩川、大和川)を知っているオイラは、とっても重要な事だと思えます。

サカナの名前は、憶えられませんが、
ベラ、キツネウオ、チョウチョウウオ、ヤドカリ、カニ、エビは、いつも新鮮です。
とても、皆さんにかないません。
アホなオイラv-15

シーパラさん

人間の手が入っていない、そのままの自然。ちょっと前は汚いと言われてました。

幼少期の初期学習(刷り込み)は一歩間違うと大変です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/529-4730cebc