FC2ブログ

港でやっていた 

実は、6月7~8日と2日間にわたり港のサンゴが産卵していたらしい。「らしい」とうのは毎日雨で外に出ないので知らなかったのだ。
あぁ、なんてこった。
で、9日の夜も少々産卵し10日以降のミドリイシの産卵が
気になるところだけど、児童の観察会で観察するサンゴは
ウスエダミドリイシという20:00前後に産む種類のサンゴの
産卵を見るのだが・・・。

通常のミドリイシサンゴが産卵するのは、22:00前後で
その前にウスエダミドリイシは産卵する。
このウスエダが産卵すると、他のミドリイシが産卵するという
不思議な因果関係が存在するのだ。

児童たちは、3年生から6年生でライフジャケットを着込み
マスクとスノーケルを付けて水面上から産卵風景を観察する。
水中ではダイバーが産卵し始めたサンゴをライトアップして
見せるので、見逃すことは無い。
ただ、産卵している時間がとても短いので(5分ほど)
ボケっとしていると見逃す可能性も否定できないが・・・。

この1年に1回の大規模一斉産卵を自分の生活している島の
周辺で行われていることを知って欲しいし、
この島の自然環境を守っていってもらいたいと願う。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/5-9345ae26