FC2ブログ

環境アセス? 

今日は最高の天気。
QZなどが入る港の防波堤が拡張工事してる。
そこのテトラに多量のサンゴが生息しているので
工事責任者に「サンゴどうするんですか?」と
訊ねましたら、”何言ってるのか理解できません”だったとか。。。

AMSLはカンカンであったかは定かではないが
ここのサンゴは何とかしないとイケマセンと言及した。
で、資材費用は出しますので作業はそちらでお願いします。

やっぱりこんなものであろうか?

で、本日作業に参加しまして
20数名で400個近いサンゴを鉄筋に固定しました。
どれほど生き残るかはわかりませんが
たくさん生き残って欲しいです。

港サンゴ移植071205


こんな感じです。

コメント

ミチゲーション

この手の話しは、海中土木屋にお任せ下さい。(笑)
お金の出所は...県ですよね?きっと。まだまだ地方自治体のレベルだと無理なのかなぁ?
国交省や水産庁の直轄・管轄工事だと、環境に配慮した施工が義務付けられているので、どこまで考慮するのかは不明ですが、割り当てられると思うのですが...。実際は、くちだけか?
僕は、それがやりたくて、水産工学技士を取得したし、維持するために講習にも参加しているんですけど...。「仏彫って魂入れず」か?

テツさん

この工事は「阿嘉漁港防波堤の災害防除工事」とかいうみたいです。防波堤を2m高くしてテトラを増やす工事。
港湾なので県だと思います。

最初ね、サンゴが付いてるテトラをそのまま別の場所で組めないか?って言ってみたんだけど・・・駄目でした。
沖縄県民の海中認識そのものが幼稚なのです。危機感があるのは、移住者たちとわずかな識者です。

本島東海岸の湿地なんて目も当てられませんよ。ぜ~んぶ内地のおいしい食い物です。

これって・・・

移動して、固定されたんですか?
すみません、状況が飲み込めてなくて、へんな事言ってるのかもしれませんが…

サンゴが大変な状況になるということは、空港建設の話が出た時にTVなどでも、問題視されていましたが、やはり何も考えてないんですね。

便利というのは、確かにいいことですが、代償が大きすぎます…
少しでも助かることを、祈ります。

ムテッポウエビさん

またテトラにはよくサンゴが付くんですよ。で、空港滑走路なんかには恐ろしいほどのサンゴが生息してたりします。なので、人口建造物って一役買ってるんですな。鉄にもよく付きます。

テトラの鉄筋をわざと外側にだしたようなのを多量に使用すれば、今の数倍のサンゴが付くと思うんです。そういうことくらいやって欲しいなぁ~なんて思ってたりしてます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/496-a839ffa8