FC2ブログ

サンゴの移植 

今日は3本やったあと
阿嘉小中学校総合学習でサンゴの移植をやった。

去年着床させたセラミック版で
2cmを超える成長を遂げたものを
1名1枚、29名で協会ボランティアダイバーが
水中に運んで水中ボンドを用いて固定。

その作業を水面で見学している生徒達。
なんだか「良い事してる」って感じだよね。

このサンゴ、実は毎年6月に生徒達が
産卵観察しているウスエダミドリイシ。
産卵観察し、受精卵の着床を観察した際には
2枚のプレートに自分の名札をつけている。
成長過程も何度か見学しているサンゴプレートである。

産卵~受精~着床~固定
ここまで年間通して繋がったのである。
地の利とはいえ・・・
素晴らしい体験学習だと自負しています。
あっ、主体はAMSLだけどね。

PICT0061.jpg


水中ボンドでサンゴプレートの
固定作業中のダイバー。

誰だか・・・判らんけど
みんな仕事の後なのに
ご苦労様でした&ありがとう。

コメント

王子も行きましたね!
ご苦労様でした。
大きく育ってほしいものです。
私のお腹と尻まわりは
どんどん育つんだけどなぁ~~~~

作業お疲れ様です
珊瑚は1日にしてならず
オニヒトデの駆除やらなにやら
地道な活動あってこそですよね
地元の子供達にも
珊瑚の大切にしている大人の姿勢を
きちんと見せてあげて欲しいです

>なんだか「良い事してる」って感じだよね。

 普段「良い事」を何もしてないと
 ちょっとやっただけで満足度が高くてお得ですよね(笑)

ランママさん

大きく育つには
いくつもの試練が待ち受けているのだった。。。ウスエダは結構成長早いので楽しみです。

なおちゃんさん

そうなんです。
子供は大人(親)の背中を見て育ち、行動や言動を刷り込んで行きます。
ゴミを捨てる親の子はやはりゴミを捨てるのさ!
子供は思っている以上に大人の行動をよく見ています。
気を付けよっと。

うにさん

じゃ、わたしなんぞ
いくら良いことしても満足度は低いんだ。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/454-5446af70