FC2ブログ

時化てるわりには・・・とっても 

透明度は30m超えてとってもブルーがきれい

水温も26度後半をキープしてとっても快適。

でも朝1のポイント数箇所で激流になっておりまして、不思議な感じ。

あまりそういうことない時期なんですけどねぇ。

海はほんとに難しいですわ。

亀が時々居ますが、那覇からのダイビング船のひとたちが追っ払うかも・・・

などと言っていなかったときのことの言い訳を行く前から言ってみましたが

大きなタイマイがじっと寝ていてくれて・・・助かりました(笑)

そこは台風の影響がゼロに近い、素晴らしいサンゴ群生の場所で

大切にしていきたいのに、

那覇から大型ボートで何十人も連れてきて潜っています。

あれだけ「当然的我が物」な顔をされると、こちらとしてもカチンときますな。

3本目はニシハマSDで〆ました。

相変わらず魚がわんさかしてとっても楽しいね。

あしたは雨模様かなぁ~~~

namida-kurohagi0181102.jpg

よっぽどの魚好きでないかぎり
ハギの仲間を好んで見るダイバーは稀有ではないでしょうか?
テングカワハギやツノダシならきっとみたり撮ったりしてますけど
それがハギの仲間だとはあまり分かっていないようです。
このナミダクロハギは眼のしたに白い帯があり
それを涙にたとえてナミダクロハギとしたと思います。
メガネクロハギっていうのも居るんですが、この話はまた別のときに。

odorihaze0181011.jpg

オドリハゼっていうの印象は日本人だけで
海外だと「ホワイトキャップゴビー」が通常でしょうか。
踊るという形容は面白いと思うのですが
共生エビを「ダインシングゴビーシュリンプ」などとするのは
最低だと思っています。

sorihashi-komon0181012_20181102173937868.jpg

ほとんど透明なソリハシコモンエビ。
透明だからこその撮影の妙があるような気がします。
みんながんばって撮って欲しいエビのひとつです。

あしたは・・・雨?神通力も消えたか?