FC2ブログ

Bluesといえばクラプトンだが・・・ 

沖縄地方も梅雨入りの発表がありました。

奄美地方の翌日と遅れましたが平年より1日早いらしい。

きょうはかなりジメ~っとしており、不快指数は相当高めだと思われます。

カビとの闘いも本格化して行きます。

さて本日は伝説のブルースマン「ロバートジョンソン」の生誕日。

1911年5月8日ミシシッピ州ヘーズルハーストで生まれたらしい。

「十字路で悪魔に魂を売り渡して、その引き換えにテクニックを身につけた」

クロスロード伝説で有名なブルースシンガー。

レコーディングはたったの2回で29曲。テイクだけだと50くらいあるらしい。

わたしが知ったのは中学生のころで、勿論クリームの「クロスロード」の作曲者としてで

その頃ミシシッピ・デルタブルースに興味があったわけでない。

ロバートジョンソン自身のCDは1枚も所持していなく、

すべてクラプトンとストーンズを介して知っているに過ぎない。

27歳で亡くなっていて、その「27歳」に興味津々であった。

ジミヘン、ジャニスジョプリン、ブライアンジョーンズ(ストーンズ)、ジムモリスン(ドアーズ)

カートコバーン(ニルヴァーナ)、エイミーワインハウス、そしてピートハム(バドフィンガー)

その他大勢のミュージシャンや芸術家など27歳で亡くなっている。

27歳で死ねなかったクラプトンは薬とアルコールでボロボロにしてしまうのだが

彼は「音楽が助けてくれた」と告白している。その音楽とはブルースであるのは明白で

周囲の人に支えられながら音楽にしがみつきブルースを「売れる」にまでしたひとである。

驚異的な女性遍歴を経て結婚し2児?の父となり幸せな人生となったのも

ひとえにブルースを愛しつづけたことの恩恵だと思うのであります。

ま、そんな5/8である。5/8だからゴヤーの日でもあるけど・・・

んで例によってとなりの島の音楽仲間とブルースを弾いて歌って呑もうじゃないか!

てな、今夜であります。

なんか梅雨の話から音楽話27クラブになってしまいました。

ninjin-hikariumiushi0180502.jpg

これって
ニンジンヒカリウミウシでいいのかなぁ~