FC2ブログ

有馬の舞台 

きょうはキタサンブラックの引退レースだということで

すごく久しぶりに競馬中継をゆっくりと終わりまでみた。

その昔、まだ若くヤンチャなころは競馬に夢中だった。

そのころはPCもスマホもないので競馬新聞片手に桜木町などの場外へ行き

300円とか500円とかで遊んでいたものだ。時には川崎大井も行っていた。

スクラップブックなども作ったりして、血統も随分と詳しかったものである。

24歳あたりから次第に遠ざかり、阿嘉島に来てからは競馬も音楽もあまりやらなかった。

キタサンブラックはご存知北島三郎の所有馬でG1勝つと唄うので有名ですな。

この馬とても安く買ったようであまり期待もなかったのだが、ある日上り坂コースで

とんでもなく強い心臓であることがわかって1日何回も坂コースを走ったそうだ。

安かった=血統的価値の低い馬なので、いくらG1を7勝し賞金王でも種付け料は安いのだ。

シンジケートが組みにくいし、こういう馬はとことん走らせるのが通常だと思われるが・・・・引退。

ここら辺が北島三郎の愛あふれる決断ではないか。と思うんだよね。

もし、キタサンの子どもが先天的強心臓を受け継いで走ったら・・・と考えると楽しい。

だって、血統第一主義がトレーニング次第でG1を7勝もするんだよ。すげぇ~。

種付けは是非手添えはしないでもらいたいですな(今はもうしてないのか?)

Xmas-keyari2017.jpg