FC2ブログ

忘れちゃった(笑 

いつも、帰宅~片付け~シャワー~PC前でビール~
その日の写真点検整理~ブログ書~FB投稿

というルーティンなのですが、昨日は何故かビール~写真のあと

FBへいってしまい書いたつもりで終わりにしてしまいましたわ。

いま、気がついた。ってとこが始末わるいっすな。

戻ってきた30m超えの透明度でサバクへ・・・砂紋も良い感じでした。

モジャピグが2匹。。。久しぶりだった。以前ニシハマに連続して入ってきていたけど

コンクリブロックに被いかぶさって撮影してる輩が海藻類を削ってしまい

砂もたくさん溜るようになったのも原因だと思うけど、生物がつきにくくなってしまいました。

それ以来だから・・・3年ぶりくらいかな。可愛いよね。

9月第1週のゲストが見られるといいけど、うわさが広まるといなくなったりするので心配。

本日8/19から「岩合ねこ写真展」観覧のため那覇へゆきます。

台風が発生する可能性もあるので早めな帰島になるやもしれんですが

ノンビリと映画も観たいし、ボケっとする時間も欲しいし、数日ブログはおやすみです。

sabaku0170818.jpg

「砂と水」しかないサバク。
今見ている砂紋は2度と同じものを見ることは出来ない。
滞在できる時間は精々1時間。
生物もそれほどいないこの場所が人気の絶えないワケはなんだろう?
山頂に登りつめた清清しさにも似ている気がする今日この頃

pygmy-sp0170818.jpg

昔、発見したときにモジャピグと命名したピグミーシーホースの1種。
ゴルゴニアと呼ぶのは正しいのか?
このピグミーシーホースは相当混乱しているような気がします。
早くなんとかしてほしいものです。。。

2匹いて、逃げるので、一緒になってもらいました

darumahazeegg0170818.jpg

ショウガサンゴに棲むダルマハゼはサンゴの1部を削ってそこに卵を産みます。
この卵はすでに眼が出来上がっていますので、もう直ぐハッチアウトですね。

ここ数年、サンゴを踏み潰すダイバーがあとを断ちません。
必死で卵を守ってるダルマハゼの棲む、
このサンゴも明日踏み潰されているかも知れないのです。
どうか、ガイドのひと、そして楽しみでいらしていただいている
ダイバーやスノーケリングの方々。少しでもサンゴを傷つけない潜り方、
泳ぎ方の工夫をお願いします。
問題はとっても切実で
「おまえもだろ。fuck you !」ではすまされません