スクーバという手段 

今更スクーバの語源をここでは書きませんが

「手段であって、目的ではない」と30年前から言い続け

異端児扱いが久しいですが、自分が始めた40年前は魚突きが目的。

その後、故益田一先生がフィッシュウォチングを推奨なさり

潜水界の中心的存在であった伊豆海洋公園などが実践していきました。

その波及力は相当で、いまあるダイビング業界もこのおかげだと思っています。

そのあとに提案された「ローインパクトダイビング」は普及せず

環境保護優先の考え方は大きく崩れていくのでした。。。。

ここ座間味村のDSも、中性浮力の取れないファンダイバーを

折角戻ったサンゴ群生の上を遊泳させてフィンで破壊をさせ

水面に上がった途端「きれいでしたねぇ~~~~~」と

ゲストの感想より先に押し付けてしまう妙なガイドのいる店。

わたしは恥ずかしいです。


きょうはあまり・・・1枚だけ・・・写真撮りませんでした。

monngara-kawahagi-egg0170716.jpg

モンガラカワハギの育卵。
モンガラめちゃ怒ってたけど、
お客さんは初めて見たと喜んでくれました。

sejiro-kuma-hakuhan0170715.jpg

顔の横に白点のあるセジロははじめてみました。
眼に涙のような点もあるね。。。

kinuhada_sp0170716.jpg

これも初めて見た。
キヌハダウミウシの1種のようです。

さ、連休も終わって
明日からはいつものように
少人数でのんびり、じっくり、ゆっくり、たっぷり
行きますよぉ~~~。