カラ梅雨もよう 

本来梅雨でありますが

沖縄の梅雨は本土(内地)のそれとは少々違っていて

ダラダラじとじと降っているのはあまりなく、梅雨入りでドカっと降り

中だるみがあって、時々ジトっと降ったりするが半分くらいは晴れている。

そして終わりごろにまたドカっと激しく降り、カラっと明ける。

というのが沖縄の梅雨の傾向である。

梅雨=雨でいや。という図式がこびりついて離れず旅行を避けるひとが絶えないが

実はそんなに不快でもないし、夜降って日中真夏並みだったりするし

海の中は繁殖期であるがために、さまざまな生態や婚姻色が見られたりするのである。

先の理由から割りと空いているので、とっても良いのであるが

「休みが取りづらい」のがネックですかね。

tsuno-moebihirumo-F0170524.jpg

きのうのヒルモ(たぶんホソウミヒルモ)の開花もあって
調子コイテまたいきました(笑)
同じように撮ってもつまらんので
「ツノモエビ+ヒルモの蕾を花抜き」で撮ってみました。
花がもっと近かったらよかったなぁ~。反省。

kurosuji-ryugu0170524.jpg

そんなシュチエーションを探してたら
クロスジリュウグウがこんな状態でした。

yaito-ginpo0170524.jpg

うちの常連さんには有名な
笑うギンポです。

aosahagi_yg0170524.jpg

リクエストのあったアオサハギyg。
長々と捜索し、ついに最終日見つけました!
思わず「さすがオレ!」と書いてしまいました(#^.^#)

あすはサンゴ調査ですが
悪天気の強風カジマ~イで中止かな~。