恒例の体験ダイビング 

本日は毎年行っている中学生の体験ダイビング。

心配していた天候も良く晴れて夏のような日差し。海況も抜群でした。

3年生に行うサンゴの植え付けも無事終了し万々歳。

しかし・・・阿嘉校は授業ではなく「自由参加」となってしまい残念でした。

理由は「海上濃霧警報」が東シナ海南部に出ていたから。。。です。

海上濃霧?5km先まで見渡せる快晴です。この濃霧は中国海上の一部と台湾に出ているもので

沖縄地方にはまったく関係のないものです。

にも、関わらず「中止」とする阿嘉校校長には開いた口が塞がりません。

この校長は海での行事が兎に角イヤで、海の行事は全部中止にしたいのです。

PTA総会で「体験とサンゴ産卵観察会を削除」と平気で発言しました。

まったく島のこどたちのことなどひとつも思ってくれておらず、自身の保身だけでのようです。

海に囲まれた小さな島で育った子たちに海の環境教育をしないでどうすんだ!バカ!

過去にもサンゴが産む日に雷注意報が出て、中止。もちろん快晴です。

今年の潮干狩り遠足も快晴のベタ凪の「波浪注意報」で中止。

まったく・・・校長ってどうやったら替えられるんだろう?

tomon-umiko0170511.jpg

トウモンウミコチョウは
まだまだ小さいのが多いね。

kumanomi_yg0170510.jpg

いっぱいのおっぱいに囲まれているようでしょ?
あ~なんて幸せ者なんだろう。