整備は終わった、ほとんど。 

毎年おこなう船の整備。

主だったものはエンジンのオイルや燃料系統のフィルターの交換

電気系のチェック、冷却水系の部品交換などです。

そのなかで1番厄介なのがエンジンオイルのフィルター交換で

2つあるうちのひとつがエンジンの真横についていて、外すと120%こぼれる。

しかも結構大量にこぼれて、あたり一面オイルで真っ黒になるので

1番厄介で1番嫌いな作業なのでございます。2年に1回だけど(笑)

その作業を今日やっとヤル気になりやってしまいました(^_^)

いろいろやる度に少しでもオイルがこぼれないようにと工夫するのだが・・・

大体失敗して毎回大量のオイルがこぼれて行くのを唖然と見て

その後狭いエンジンルームの真っ黒くなった床のふき取り掃除を延々とやるのだ。

ところが、今回!工夫がうまいコト行って、信じられないくらい少量ですんだのだ!

あぁ、神様。ちゃんと見ていてくれたんですね!と、思わず言ってしまいました。

それほど嬉しかった、今日のオイルフィルター交換でした。。。

で、ほとんどの整備作業が終わったので、あすからひとりでチマチマと潜って調査。

このブログなどで調査結果などを報告しようと想います。お楽しみに。

basara-kakureebi0170330.jpg

ウミシダに棲むバサラカクレエビです。
眼の先端が段違いに尖っているのが特徴です。類似が多いからね。
ウミシダを見つけるとやたらと棒でいじくり回すガイドとかいますが
あれは是非止めてほしいものです。アホダイバーが真似して困ります。
いじりすぎて腕(ウミシダの1本)を自切してしまったり
その場所から移動してしまったりします。

自称エビ好きダイバーさんたちも、棒とかで押さえながら
カメラを奥の方まで突っ込んで撮ったりしてますが、生物虐待だよね。
ガイドもガイドで、生態的に無理のある「きれいなところ」に置いて撮ったり
そんなのも、もう止めましょうや。

と、こんなことも時々書いてしまうのでした。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/3456-28549313