FC2ブログ

JICA 

JICA/国際協力機構からの依頼で
講義を小1時間行なった。
題は「阿嘉島のオニヒトデ対策」。
同じ題で3年連続の講義なので準備は楽だ。
ただ、オニヒトデの状況がその年で微妙に
変っていくのでその点に注意が必要である。

今回は、タイ2名、インドネシア、ミクロネシア
バヌアツ、スリランカ、フィジーの6名。
みんな大学出のエリートガーバメントや大学教授など
ちょっと真面目な面々。
5/29に来日して、サンゴについての様々な勉強をし
浦添~阿嘉島~石垣~西表~浦添と移動しながら
理解度テストなどもやって7/28に帰国する。
割とハードなスケジュールなんだよね。

そんな人たちを前に
一介のダイビング屋のオヤジが
オニヒトデ対策について語るのだ。
否応なしに緊張する。しかも日本語。(通訳がいます)

阿嘉でのオニヒトデ駆除のやり方や
道具の説明、指揮官と士気の重要さや
資金調達の件などスムーズに出来たと思う。
この人たちがそれぞれ国に帰ってから
日本で勉強したことを役立ててください。

kusa_haze070610_2.jpg

写真は先日デジ1眼を持って
行った時のクサハゼ。
梅雨時期の共生ハゼは
婚姻色なのか、体の色が濃くて綺麗です。


コメント

きれいです。

クサハゼがこんなにきれいだと改めて今回の阿嘉滞在中におもいました。
天女の衣を着てるみたいです。

ランママさん

潜る度に新しい発見がありますね。自然と向き合うということがとても大切だと思います。

クサハゼはヤツシハゼ属ですが、この属のハゼはみな美しいです。ハマリますよぉ~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/335-704d8940