折角賑わってるのに・・・ 

今週は常連客のお祝いなどもあって珍しく賑わってる。

なのに、天気は下り坂。熱低まで出来そうなんだとか・・・

阿嘉島も昼夜問わずに激しく雨が降ったりするのはそのせいか。

さっきまで降っていたけどいまは上がっていい天気です。

風がそこそこ吹いてくるので波は高目な予報であります。

沖縄の新聞ったら、随分とサンゴの白化を大々的に、1面で取り上げ

いまの高水温の影響で白化し、八重山のサンゴが壊滅的になるという。

その前々日は、サンゴの白化にはバクテリアが介在し分解する研究を取り上げ

そのバクテリアは海中に存在しないものなのだと、1面で力説していた。

でも今日の西表のサンゴの白化の記事にはそのことにはリンクしておらず

ただ単に高水温→白化→サンゴの死 という図式ばかりを際立たせ

危機感ばかりを書き立てているように思えた。

やはりワイドショー的な思考のもとでやってるんだなぁ~とまたガッカリ。

話はずれたが、ケラマ・・・と言っても阿嘉海峡海域と言ってもよいけど・・・

何度も書くがサンゴの白化に関してはあまり心配していない。

座間味のあさ~い場所でのトゲサンゴやハマサンゴ、他の高水温に敏感なサンゴ以外は

みな健康であるわけある。。。(^。^)

そして、1998年のときも阿嘉海況は褐虫藻の戻りがとっても早かったので。。。

でも最近の渡嘉敷沖での尋常でない砂取りがとっても気になるのですが

誰も気にもしていないようなんだよねぇ~~~(ーー;)

いくら行政や協会のトップが「保全しながら利用」とかTVや新聞でカッコウつけて言っても

なにひとつ出来ていないのが現状で、思考そのものがそのようになっていおるのか疑問。

そして具体的な計画も実行もされないまま・・・どうなるんだろうね(笑)

お、つい長くなっちまったぜ。。。反省。

sangodiver0160905.jpg

水深8mからの写真。
まったく白化していない健康なサンゴ群です。

hime-sangogani-sp0160905.jpg

こんなきれいなカニも
サンゴが死んだら(壊れたら)
生きていけないのです。

darumahaze-sp0160905.jpg

このダルマハゼの未記載種も・・・



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/3349-3dfdd616