スノーケリング練習 

阿嘉時までは小学3年生から6年生までの3年間

サンゴのことをたくさん勉強します。

それは「ひとに自分の育ったところをきちんと説明出来るひと」に

なってもらうためです。

そよの国のひとを会話していると「どのような環境で育ったか」を聞かれると

答えられない、または見当違いな返答をする大人が多いこと。

なんと情けない、寂しいことでしょう。

たぶん阿嘉島で育った子は「サンゴに囲まれた美しい島」と答えるはずで

そのサンゴのことをきちんと説明(解説)出来るひとになって欲しくて始めたのです。

今年は新3年生の女子が2名、まだスノーケリングもままならないということで

17日に計画していたのですが波浪注意報で延期(笑)で予備日の今日行われました。

心配していたのもよそに全然怖がりもせず、すべてがスムーズに進行し

最高の成果とともに、無事練習が終わりました。。。

こういったこと(金の出ないボッランティア)には一切連絡を断つお店も複数ありますが

何店かの協力で行うことが出来ました。この場を借りてオレを申し上げます。

さ、明後日22日からサンゴ産卵観察会の待機週間が始まります。。。。産むのは27日かな(^o^)/

snorkeling-lesson0160520.jpg

前浜の浅瀬で練習に励む子どもたち
ふたりとも上手だったねぇ~~。


snorkeling-lesson0160520-2.jpg

解散式。
なんか反省してるようだけど(笑)
40分間あれやれこうしろといわれ続けて
ちょっと寒さもあって、疲れた顔になってますな。

がんばろうねぇ~

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/3262-32b608a1