FC2ブログ

掃溜めに鶴 

梅雨とは思えないほど
爽やかな晴天である。
程好い東風が気持ち良い。

さぁ、何処へ行こうかと
サクバル方面を見てみたら
あれま、思ったよりウネリがある。
奥武島やクバ島もほぼ全周囲白いじゃん。
くそっ、台風2号め!

1本目はリクエストされていた
ジョーフィッシュの口内保育~。
満月に向かう小潮・・・可能性はあるな。
と思って行って見たら、しっかり卵でいっぱいでした。
目が出来ていたのでもう直ぐハッチアウト?
えっ、満月じゃないの?あと10日もあるよ。

2本目はギナ。
亀も撮ったし・・・良しとする。
昼休み後は子供たちのサンゴ産卵観察会のための
スノーケリング練習をちょっと覗いた。
無理はないようであるが、文句ばかり言う親がまたいた。
3本目アリガーに行ってみた。
キンメモドキもちょっとで、サンゴは壊滅し海中はモノトーン。
砂がとても汚かった。。。那覇の業者は来ていた。。。
そればかりではないのは充分承知していますが
汚水(ウンコシッコ)は持って帰ってほしいものです。

気になって台風情報見たら
940の45mになっていた。ほぼ父島直撃です。
父島の皆さん、お見舞い申し上げます。

benihaze_sp1_070521.jpg


そのアリガーで見つけたべニハゼ。
「日本のハゼ」のベニハゼの1種の1
というやつだと思う。近頃良く目にします。
ぱっと見で、目の間にシワのようなのが
見えたらコイツ。
体色と鰭がきれいななので最近のお勧め。
1眼だったらもっと良く撮れたかしら。

コメント

ねえねえ、聞いていい?
すごくきれいな鰭だと思うんだけどそれって肉眼でも見えてるの?
マクロ撮る人たちって肉眼でも写真そのものと同じに見えてるのかなー。
だったらすごくダイビングが楽しそう。
何から何まであんなキレイな世界でダイビングしてみたいです。
目が悪いのって悲しいね。

joyさん

とても良い質問です。
肉眼では詳細が見えていません。
が、100mmマクロ等のレンズを通してみるとかなり細かい部分は見ています。

といっても、水中は色が青かぶりしているのでライトだけでは見えていない部分・・・鱗の輝きや、鰭のドッドなど、は現像してから見えてきます。次に同じ種を見た時、見えたりすることもありますが、殆どは心眼で見ています。(笑)

鱗や鰭の美しさを知っていると「きっと、こんな色できれいに違いない」という見方も出来るので楽しさ倍増さ!

おお!そうなんですかー!
自分だけ見えてないのかと思ってました。
ちょっと安心(笑)

でもファインダー越しには見えてるんですね。

カメラは向いてないと思うので始める予定はないのだけれどちょっと心惹かれるなー。。。

心眼ならぬ

joyさん 対物5×位の内視鏡を水中にご持参なさればOKと思われます(笑)v-218

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/309-161162f6