ボケっとしている間に新種が2つ 

数日に渡って春っぽい日差しから初夏を思わせる暑さを味わったが

いよいよ-40度(かはわからない)の大寒気団がやってくる・・・かもしれない。

とかワイドショーでやってました。。。

きょうも雨降るかもと言ってたけど、この時間17:00になっても1滴もおちてこない。

降雨範囲予報をみると18:30過ぎからちょっとまとまった雨雲があるけど。。。

近頃荷造り以外な~にもしてないので、頭の中が緩んでいる。

んで、去年撮ったイソハゼ類などの不明な種の写真を同定してもらったりしていたら

ミドリハゼ  Eviota toshiyuki というのが出てきた。

midori-haze0140531.jpg  Eviota toshiyuki Greenfield et Randall, 2010

学名(Eviota epiphanes)の変更もあるけど誤同定で

未記載種だったらしく新種として掲載されたみたい。でもイソハゼなのにイソがつかないなんて・・・

これはオスの婚姻色で周囲には雌と思われる個体が数匹いた。

場所はよく憶えているので5~7月の新月で見られるかもしれない。


もう1種。

2011年の12月にゲルマ島で潜っていたとき

みたことのないヨウジウオがいたので撮って拉致した。

先のミドリイシの記載事項などを見ていたら・・・「慶留間」という単語を見つけた。

そこにはヒメトゲウミヤッコという名前が新種記載されていたのであった。魚類額雑誌60巻2号掲載。

日本初記録だよん!

去年ニシハマにいたのもこいつだと思う。

ヒメトゲウミヤッコHalicampus spinirostris (Dawson and Allen, 1981)0111227 (2)

1981年には記載されていたので驚くようなものでもないけど

知らぬ間に論文がでていたので、ボケッとしていると

何にも知らないオバカになってしまうなぁ~と猛反省な今日でありました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/2992-f84404ca