そばとムービーと名勝と 

1週間のご無沙汰です。。。とはかの名司会者玉置宏

ロッテ歌のアルバムでの冒頭の台詞。知ってるひとは少ないだろうけど(笑)

いろいろな私的雑務のために那覇へ1週間行ってまいりました。

雑務といっても。。。後輩の披露宴や息子の意見発表会傍聴など

それなりに重要な用事でいってまいりました。娘の世話も大事ですね。

以前から那覇に出た祭には「美味しいそば屋へ行って、映画を観て観光地も行って見る」

食って・観て・行く っていうのを細々と続けています。

今回は琉球王朝時代に迎賓館として使われていたという「識名園」と

近くにある「てんtoてん」というそば屋へ行ってきました。

まずは腹ごしらえ。。。足がバスしかないのでバスで行きますが

最寄のバス停を降りても全然判らないので、ネットで調べて電話したほうが良いです。

店の外観は・・・

141111_1201~01


こんなで、細い坂の路地奥にあるので見落とすこと間違いなし。

レンタカーで行ったらまず判りません(笑)

店内は外観からは想像も付かないくらいお洒落な・・・Cafeのようでした。

てんtoてん0141111 (4)
てんtoてん0141111 (3)

いつも行くようなそば屋は使い古した分厚い木のテーブルに
黄色と赤のお箸で、おばぁが作ってたりするけど・・・
店内のお飾りも上等品が飾ってあって・・・不思議な空間。
ちょっと落ち着かないね。


てんtoてん0141111 (2)

メニューは木灰そば1点のみ。店内も店員もおサレだけど
「すば」ってうちな~語使うんだね(笑)

てんtoてん0141111 (1)


白くて透明感のある平麺の縮れ麺・・・
デイゴの灰かしら?ガジュマルは香りが強い気がする。
スープは薄口のこぶ出汁のような気がした。
この麺でこのスープが良いと思ってあわせているんだろうけど
オヤジにはちょっと物足りなかった。

横にある、西表で完全無農薬栽培している古代米のおにぎり。
これに興味があったので行ってみようと思ったんだけど。。。
たしかに良い香りで美味しかった。。。のだが

どうも玄関入って、お洒落な空間に違和感を覚えて
ずっとそれ引きずってしまい、、、、あまり満足感はありませんでした。
わたしは、たぶん、2度と行きません(ーー;)
が、興味のある方は是非あしを運んでみてください。

あ、識名園はあした(笑)










コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/2925-34ef2bcc