海と会議とマンタ法 

昨日は雨の中、海外からのガバメント系要人のスノーケリングをし

17:00からここ数年持ち越しだらけでSTOPしたままだった

エコツーリズム協議会の部会総会が無事(でもないけど)終わり

ほっと一息。 もしないまま・・・

本日は快晴の蒸し暑い中

朝も8:50からケラマ海域でのサンゴ被覆度の調査。

スキン装備をダイバーを船で引きずって海底を見て被覆度を調査。

これをマンタ法と呼んでおります(笑)

普通に泳いで調査する数十倍は時間効率がよい。

今回は船長としてオケ号を8:50~途中40分の弁当時間を除き、14:00まで

約4時間ちょい、船をずっと座礁しないように浅瀬をなめるように運転して

この疲労感といったら・・・結構なものでございました。

んで、調査員3名のうちの記録専門員のひと・・・怪しすぎる(^。^)

manta_hou0140528.jpg



nise_nettai_yg0140526.jpg

なにも撮るものがみつから無い時じゃなくても
みるとつい撮っちゃうモノってありますよね?

ニセネッタイスズメダイはそんな被写体のひとつ。
とくに幼魚はかわいらしくて、とってもきれいなので・・・つい。

ニセなどという名称で呼ばれてちょっと可哀想だけど
どこにでもいる子なので、是非撮ってあげてくださいな。

さて、本日も17:30よりダイビング協会の理事会。。。まいにち何かしらあるにゃ~(ーー;)

コメント

マンタ法

国立公園絡みで、なんか法整備されるのかと思った。┐(´-`)┌

だださん

もう10年以上もこんな調査に関わっておりますが、
商売にはまるっきり役に立ちません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/2774-3d8de4dd