FC2ブログ

恒例の体験&移植をした 

昨日はあんなに良い天気だったのに。。。

昨夜から降り始めた雨が止まず、今日も降り続く。

湿度計は振り切り、デジカメがうまく動かないし

PCも誤作動を起こしたくらい湿気がすごい。

そんな日に中学生の体験ダイビングと卒業記念サンゴ移植をおこなった。

随分と前からの日取りだし、天気は仕方ないやね。

そんでも開始の14:00ごろは雨も止み、良い感じで出発。

中3は卒業記念にサンゴ移植をして、小3から学んできたサンゴ学習が完結した。

こんな小さな島が放つ世界唯一のサンゴ学習である。

しかも全てがボランティアと寄付から成り立っていることを誇りに思います。

ダイビング協会のみなさん、そして阿嘉島臨海研究所のひとたち。。。ありがとうございました。

サンゴ植付&体験0140513 (1)

阿嘉島臨海研究所が今回の移植のために
用意してくれたウスエダミドリイシ。

この子たちは小3から、サンゴ産卵~受精~着床~成長を学び
産卵を観察した卵から成長したサンゴを観察したビーチに戻し、
サンゴ学習を完結させた。


中学体験ダイビング0140513 (16)

水中ボンドで海底に固定させる作業。
左がうちの息子であります。
随分と小さい種苗を選んだのね。。。
あんまり小さくて、おとうさんビックリしちゃいました(笑)
大きく立派に育つように祈っています。

てことで、学校行事の報告でした。



コメント

これはなかなか体験できない学習機会です。ここで学んだ子どもたちが大人の変な社会につぶされず、立派な人に育ってくれることに期待します。

お疲れさまでした、といっても今度は産卵観察会があるのですね。

muraさん

いま話題の「鼻血」にしても、正しいことがウヤムヤにされ、多数側に寄っていく。すべてがワイドショー化されつつある日本。正直者はバカを見る世ですから、世渡り術もそこそこ身につけながら、モノの本質を見極める力をつけて立派に育って欲しい。。。

サンゴ産卵もまた楽しみのひとつです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/2760-5df6f8c6