FC2ブログ

台風が奪う 

hirehosi_minokasago065.jpg


毎日海へ潜って
ネイチャーガイドするのが生業である。
お客さんの趣向に合わせた
切れの良いガイドを目指すために
日夜「どこになにが棲んでいるか」
というのは、とても重要だ。

島の中で情報交換も時々はあるが
ほとんどの場合独自で見つける。

折角見つけたレアな
生物が台風で消えたことはザラで
1回しか見ていなくて
写真も撮っていないものは
ガッカリを通り越しグッタリさえする。
しかも、営業的にもガッカリしているし・・・

最近見つけた
アルファの幼魚や
水深6mにいるクジャクが
心配でならない。。。あぁ、うにさん・・・。
いなくても恨まないでね。

写真のヒレホシミノカサゴは
ややレアであるが
一度棲みつくと
台風の1個や2個来ても
ちゃんと居てくれるナイスガイである。

台風襲来で奪われる物もあるけど
得られるものもある訳で、
石垣地方のサンゴ白化など
台風の為に水温低下になり
歯止めになってくれれば、と思います。



コメント

自然のなすことですから
恨むなんてことはございませんことよ。
(さりげなくオトナの受け答え)

富戸の海は、常にアリモノを眺めて満足できる体に変えてくれましたです(笑)

あっでもフカミだけは別です!

フカミは深いし
たくさん居るので
気にしていませんが
やはり、クジャクが気になります。

明日にはクジャクの
生息地の近況写真を撮影に行きますが
白濁し、ウネリまくる海を見たら
クジャクの安否を気遣ってください。

そんなことより・・・4号が・・・

3号であそこのソラが全部クジャクに入れ替わったらいいのに。
いや、それはソラに悪いか。

とりあえず4号も出来そうですね……

スーパーガイドがいるのでちっとも心配していません(とプレッシャーをかけてみる)

4号ですか・・・。
もう台風のエアドルフィンには乗りたくないです(^^;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/25-2aa9b66d