恒例の体験ダイビング 

阿嘉の学校は同じ敷地に幼稚園、小中学校とある。
学習院方式です。。。と冗談でよく言います。
しかし、学校の方針は小中一貫教育。

地域を活かした総合学習で阿嘉は「サンゴ」をやっている。
AMSLがあるのも理由のひとつではあるけど
”育った環境を説明できる人間”を作るためでもある。

小学3年からサンゴの産卵学習を始め
6年まで4年間産卵~育成~着床~成長~産卵と
サンゴの生活サイクルをみっちりと学習し
中学では毎年体験ダイビングを行う。
そして3年生のときに記念植樹としてサンゴの種苗を海底に固定する。

どこかのナントカ美ら振興会とかと違って全てボランティアで
地元の子ども達のために行っている。。。エライでしょ?

そんな学校行事に快くあつまってくれた
阿嘉島のダイビング屋さん。

生徒たちは目をランランに輝かせながら
ダイビングを楽しんでいました。

天気回復してよかったよかった。

中学体験0130514 (3)

港での出航準備。

中学体験0130514 (7)

今年植えられたサンゴの種苗。
大きくなれよ~~~

中学体験0130514 (6)

って去年植えた娘のサンゴ。
元気で育っていてオトーは嬉しいよ。

梅雨入りしたって言ったって?
あしたは雨っぽいぞ。。。



コメント

大きくな~れ

サンゴ 大きくなりましたねー☆
1年でも こんなに大きくなるもんなんですね (*^_^*)

早熟(笑)

成長の早い種類です。
5年で産卵するので娘のサンゴが産卵したら
孫の卵。。。違うか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/2398-348c5137