Reef Check  

今日はニシハマへリーフチェックへ行った。
リーフチェックとは、あるフィールドの決まった箇所に
100mのラインを定め、ライン上のサンゴの状態をチェックする。
難しく言うと・・・・

科学者とボランティアのダイバーによる
世界のサンゴ礁の健全度を測るためのモニタリング調査。1997年に始まった。
現在は、カリフォルニア大学のグレゴール・ホジソンの運営するリーフチェック本部が推進している。
チームリーダー1名と科学者1名を含む調査チームを編成すれば、参加は自由。
調査チームは、特定のサンゴ礁を調査対象に定め、サンゴの被度、魚類指標種の数、
底生生物の被度など指定された項目について潜水調査を行い、
調査結果をインターネットを通じて本部に送る。
各地の結果は毎年本部で取りまとめられ、ホームページなどを通じて公表される。

世界各国各地でやってみたらサンゴ礁は地球規模で
破壊・・・破滅・・・壊滅・・・が進んでいると初めて判った。っておまけもついている。

あか・げるまダイビング協会は毎年サクバルとニシハマで行っている。
しかも、ちゃんとボランティアでやってるし・・・えらいでしょ?
1.5万円とか2.0万円とかの有料で一般ダイバーを広く募集する所もあるけど
サンゴ移植も含めてこういう活動って自分達のフィールドのためにやるもので
ひとからお金取ってヤラせるのは・・・あまり好きではありません。
ま、賛否両論ございましょうけど。

サクバルと違ってニシハマは浅いし
今日は人数がいたので非常に楽に素早くできました。
天気もよかったしね(#^.^#)

以下はその様子の写真です。

DSCF5475.jpg

開始時間は世界的に朝10:00って決まってます。

DSCF5481.jpg

こういうメジャーを海底に張って調査する。

DSCF5477.jpg

シロレイシの食害状況や数も記入します。

DSCF5480.jpg


これは透視度を測ってる。
白い円盤がどこまで見えるのかメジャーで測る。
たぶん今日は・・・35mくらいはあったはず。

あすはサンゴ移植をします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/2273-338cb950