ややこしい天気予報文じゃ 

朝起きぬけはやや曇っていたけど
徐々に太陽が出てきて爽やかに晴れて来た。
予報では最高気温が27度になるというので
夏日にて猛暑かもしれない。。。と期待してた(笑)

本日の沖縄気象台の予報文は、

南西の風 やや強く 後 西の風 やや強く
くもり 昼過ぎ から 雨 所により
昼過ぎから 夕方 雷を伴い 激しく 降る

簡単に言うと
南西の風が西に変わって強く吹き
午後から雨も降るよ。場所によっては雷雨です。

ということになる。
まったくもってややこしい表現だと思わない?

北の風のち南東のち西のち北の風
晴れ時々曇りのち雨 慶良間粟国は雷雨 夕方から晴れ

っていう厄介な予報も実際あるから解読が大変である。

そんな予報文の中
阿嘉の旧漁港にあるAMSLのサンゴ育成生簀の周辺清掃を
以前から依頼されていて本日実現したのでした。
あらかじめAMSL職員が廃棄物やゴミを
集めておいてくれたのでとてもスムーズに終わりました。
とてもきれいなって良かったと喜ばれたので
手伝ったわたしたちも嬉しくなりました。

ついでにサンゴ種苗育成のカゴを覗かせてもらったりして
逆に楽しんでしまいました。

午後14時からは通常の保全活動の予定だったのだが
昼過ぎに急に風が強烈になり危険なので中止。
予定がずっぽり抜けたので気も抜けてしまい
「武士の家計簿」なんぞを観賞いたしました(^。^)
森田芳光の世界だね。。。まぁまぁかな。

AMSL_ikesu0120411.jpg

AMSLの職員岩尾さんが集めてくれた廃棄物

AMSL_ikesu0120411 (1)

妙な景色だけど、このカゴに中でサンゴが育つ

AMSL_ikesu0120411 (2)

これが世界で唯一の技術の現場。
まだ10㎜程度にしか成長していないので去年のかしら?

AMSL_ikesu0120411 (3)

3年くらいでこのくらいに成長する。
これくらいなら移植しても良い大きさだね。

だいたい4~5年で産卵するようになります。


このようにして阿嘉島の港でジックリと育ったサンゴは
阿嘉中学校の生徒やダイビング協会のひとが
卵を採取した場所へ毎年植え付けるのでした。

さ、今年は大々的に産卵ショーが見られるよん。
時間とこずかいの許される方のご来島お待ちしております。

コメント

森田監督

「僕達急行A列車で行こう」は、ほのぼのしました。
あ、「私出すわ」は不思議ワールドでした。

そろそろパッキングはじめようかしらん♪

森田芳光

A列車は面白そうですよね。
昨年もたくさんの邦画が制作されましたが劇場で見た唯一の作品は
「素敵な金縛り」でまったく楽しい作品でした。

邦画ねぇ

ステキな金縛りは最後まで良かったですね。
探偵はBARにいる、DVDかWOWOWで観てね。大泉洋がチョー伸び伸びしてます。

ねーねーさん

三谷さんのは面白いんだけど
学芸会になってしまって旨味が欠けることが多いけど
金縛りは良く出来た作品でした。

大泉は大昔からのファンですので
機会があったら是非みたいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/2012-f96bd04c