FC2ブログ

懐古なオヤジです 

ちょっと暖かいと人は表に出てくる。

あれ?島にいたの?なんて会う度に言われたりする。
自分だってずっと引きこもってる癖に(笑)
でも太陽が顔を出すと親子連れの散歩や
子供達の笑い声が聞こえてきてホッとするね。

今朝は小雨まじりの曇り空。気温も20℃を下回り肌寒い。
そしてまた人々は家に引きこもるのでした。

さて家にいてTVも面白くないし
PCで作業もなければすることもない。。。
そんな時なぜか頭の中で昔よく聞いたメロディーが聞こえてくる。
なんとなく曲名の1部でも思い出せば
グーグルで検索するとそれなりに出てくる。
そしてYouTubeで再び検索すると、ほとんど原曲が聞けるのだ。

なんて便利な世の中なんだ。

1曲検索すると右のサムネイルには次から次へ
70年代のポップスが出てきたりして
「おぉ、なつかしいぃ~」と唸りながらどんどん見ていく羽目になる。
例えば「チェイス/黒い炎」を開けると
ラズベリーズ/明日を生きよう、ローズガーデンとか木枯らしの少女・・・
雨のバラード/湯原昌幸などへ行くと
和製ポップスに入ってますます止められなくなる(^。^)

歳とると昔のことばかり話したり懐古なオヤジになるのか。

After The Gold Rush

大好きだったニールヤングのアフター・ザ・ゴールドラッシュ。
このジャケット写真も相当好きだったなぁ。

まだちゃんとレコード持ってるし
子供たちが那覇へ出ていって一人暮らしになったら
懐古な曲を大音量で聞いてやるつもりでなのである。



コメント

最近気が付いたんだが、昔の楽曲に懐古する時って、“詩”を思い出すんだよね。
したがって洋楽は英語が解らんのであまり思い出さない。(笑

妙にフォークソングの“詩”が頭を過ぎっていく気がする。

メロディー優先型

雪見て「なごり雪」になったりするんだけど
昔のフォークソングは結構耳にするのでよく思い出す。

これが童謡になっていくと”いよいよ”って感じだな(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/1946-f7342725