お帰りの日は晴れ 

しかし雨ばかり降った。
割と忙しい、千客万来な10日間だったのに
晴れたのは1番少人数だった2日間だけだった。。。
そう、マンタがいた日。

良かったような良くなかったような・・・
マンタは次の日には1枚がサラっと
現れただけだったらしい。

やっぱり「運と引き」だね。

それはガイド側にも言えることで
あの日あの時あの場所へ行かなかったら。

どっかで聞いたことあるフレーズだな(^。^)

今日はアカデミカル・パワーシニアの方々が
サンゴの植付けをするために
QZの1便で元気に那覇へ行かれました。
昨夜までの雨が嘘のみたいなキレイな空。

これもどっかで聞いたことあるぞ。

晴れて気持ちも良いけど
オヤジの仕事は雑用だけとなり
自転車を修理しながら空を見上げて叫ぶのだ。
「△※□&#☭〄;$※♂~~~」

katame_kakure101230_20111016163129.jpg

クバ島に棲む片方の目を失った
カクレクマノミの♀。
彼女はかれこれ12~13年観察しているが
いっつも元気に卵を産んだりしている。

今年も観察の季節がやってきました。

元気でやってるかな?
会うのが楽しみじゃ。

コメント

見たいです

このクマノミちゃん、見てみたいので来週お願いしま~す。
運と引き、ピークになるように精進しておきます。

わお!

くまのみってそんなに長生きするんですねえ・・・・汗

ねーねーさん

クバ島に渡れれば見るのは容易いっす。
「運と引き」でお願いします。

satomiさん

個体識別出来たら結構長生きしてるのが判明するはず。
識別出来る子を見つけると楽しさ倍増、反面悲しさも倍増(ーー;)
こちらで捕獲は滅多にないけどね。

> クバ島に渡れれば見るのは容易いっす

 まだ見たことないっす。

富戸では

何年も行方不明になってた母ちゃんがひょこっと帰ってきたり、隣の夫婦とスワッピングしたり、クマノミの不思議な人生が楽しめます。

冬のポイントですから

冬に来たら120%行ってます。

こっちでも同じことしてますよ。
毎週卵産んでるクマノミいるもん。(別個体という意味)

やっぱ

節操ないな、アイツら(笑)
ところで「クマノミ演歌の法則」はケラマでも当てはまりますの?
って、ケラマに辛い冬はないのか。。。

※クマノミ演歌の法則
 クマノミはツガイになったその年にはすぐに産卵せず、
 手に手をとりあって(クマノミの手がどこにあるかは不明だが)
 辛い冬を乗り切った夫婦だけが翌年産卵する、という法則

うにさん

クマノミ演歌の法則は
残念ながら当てはまりませんね。
20数年前までは水温が20度を下回っていたので
1月末~2月いっぱいは産卵していませんでしたが
近年は20度以下にはならないので通年産みっぱなしでございまして
段々フィリッピンに近づいてきたっちゅ~ことです。

それって

パルパロってこと?(笑)

ぎゃははは~

そうです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/1839-7c5e8391