このウネリは何時消える? 

昨日の朝見たウネリは尋常ではなかったが
夕方には大分落ち着き、今朝はさらに小さくなっていた。

まだまだ真夏でっせ~~と
主張する太陽光線で朝から暑い。

まず1本目は軽く・・・ツキノワイトヒキベラ(笑)
そして2本目はセジロノドグロベラ♂。
おぉ、ベラばかりじゃないよ。
毎ダイビングでアシビロサンゴヤドリガニ。

3本目はガラガラだったアザハタへ。
大潮の夕方なのでフタイロ婚姻色を
狙ってみたけど一向に出さず。
代りにケラマハナダイとカシワハナダイが婚姻色でした。

フタイロって一体いつ婚姻色を出すんだろう?
潮の変わりっぱなだったので時間の問題なしら?
ん~つきつめたい。

koshioriebi_sp110929s.jpg

アザハタに棲むコシオリエビの仲間。
この子ってまだ名前がなかったはず。
白点は水中だと青点に見えてきれいなんだけどなぁ~。


onihatatatedai110929s.jpg

チョウチョウウオってなぜあまり人気がないのだろうか?
おいらがまだ一般ダイバーだった頃
海中で見る魚といえばチョウチョウウオだった。

それほど種類も多くないので覚えられるし
幼魚はとっても可愛いのに・・・勿体無いなぁ。

写真はオニハタタテダイ。
2匹で並んでの写真って中々撮れない。

オデコのデッパリが角のようで
オニなんて怖い名前がついちゃってるけど
学名はmonoceros(モノケロス)。
ユニコーンのことです。

んなことを知ってると、どっかで役に立つかもよ(^。^)

早くウネリと濁りがとれないかな~~。

あすも晴れ。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/1823-c947e8e9