あのカニには名前があった 

今日も今日とて快晴・・・ややベタ凪。
ややとは、外海はまだ若干ウネリがあるので。
見た目はベタァ~っとしてるんだけど
現場へ行ってみると揺れてんだな。

浅場で揺られるとスズメダイ幼魚の
撮影に困難を極める。
でも透明度は30mを超えてるし
潜るととっても気持ち良い。

クバ島1本と内海2本の計200分堪能しました。

あまり天気いいので
海底の砂に写った自分の陰を撮ってみた。

shadow110905.jpg


最近、柏島発で話題沸騰した青いカニには
ちゃんとした名前が既についていました。

アシビロサンゴヤドリガニ
学 名:Pseudocryptochirus viridis Hiro, 1938

1938とは随分と古いころから知られていたんだね。


こちらはアカヒゲカクレエビ。
バブルコーラルシュリンプとの違いが
まだハッキリしておりません。

akahigekakure_ebi110905s.jpg

アカヒゲの方が目が優しいので好きかも。

明日も明後日も快晴ベタ凪ぃ~~

コメント

アシビロ

何だか、間抜けな名称なんだこと。

確かに、足が広がりすぎなのかも・・・
しかし、透けていて青のドットが美しい。

広がってる

じゃなくて、
足の幅が広い(太い)かららしい。
アカホシサンゴガニ並みにたくさんいます。

>アシビロサンゴヤドリガニ

見たいっす!!
伊豆に出てきませんかね(笑)

かとうさん

伊豆ではどうかねぇ~
来たらイイのに(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/1798-a8903e32