激レアな 

12号も日本海へ去り、13号はほとんど影響がない。
やっと落ち着いた感じですね。
しかし、12号は長いことかかったねぇ~
発生が8/25だから日本近海に10日いたことになる。
近年稀に見るノロノロ・・・たらたら台風だった。

さ、誕生月だし張り切って仕事するために
レギとフィンを新調しました。

new_equipmento110904.jpg

レギはBismの最高級品RX3010
1st 2nd 共にチタンなのでとても頑丈。
そして、なんといってもその軽さに惹かれた。
歳とるとアゴがつかれんだよね(笑)

フィンは買い替えの度に色を変えて試してる。
こんどは紫色。
ブルーより柔らかいのは赤色と同様だけど
赤よりほんの僅かコシが強いかも。
ファインダーを覗きながらの軽いホバリング時
微妙な位置調整に力を発揮しそうです。

まだ初日なのでハッキリしませんけど
レギの軽さは抜群です(^。^)


そして、表題になってる激レアは

なんとミギマキ。

何言っての?いっぱいいるじゃん。
と、お怒りの貴兄。
ケラマじゃ滅多に拝めぬ魚でございます。
あたしゃ20数年おりますが、これで3度目だ。
タカノハダイは10数回みたことあるけど
ミギマキはちょ~レアなのでした。

migimaki_yg110904s.jpg


他の地域はどうなんだろうか?
フェイスブックで聞いてみよっと(笑)

ボディラインがナイキみたいで
かっちょいいぃ~~。

もっとちゃんと撮りたい!

コメント

苦労・・・

重さに、使い心地、身体をいたわらねばなりませんなぁ・・・。
私もBCを新調しましたよ~。
太りすぎで、小さいサイズが合わなくなってきた・・・。(笑)

慶良間て

大声で呼ばれて、ミギマキを見せられてもよぉ(笑)

伊豆

大島で良く見ましたねミギマキ。
慶良間のようなサンゴ礁域で見たらどんな感じかしら。
赤いミューは廃棄?

ガイドさんのフィンは

水中で見やすい色だと助かります。

よく見失うもんで・・・(汗)

カミサンのフィンも、そのためにあの色です(ガイドじゃ無いけど)(大汗)

ミギマキ、なんかスリムですね。

アルチザンさん

太り過ぎって・・・栄養摂ってるねぇ(笑)

うにさん

ケラマで観る。ってとこが大事です。
今度はマツカサウオとかアオバスズメもガイドします。

ねーねーさん

赤は廃棄
ミギマキはナイキ。

だださん

目立つかしらねぇ。

スリムなのは幼魚なのと
斜め後ろからの撮ったからじゃないかな。真横から撮りたい。

青系なので判別は容易かと。
ただ、白と違って離れると見えないから、オドリハゼ撮ってる時に2つ隣の根に行かれるとロスト(涙)

あ、ygでしたか。
どうりではっきりくっきり。

安心。

1つなら大丈夫だね。

らっぷ

キで韻を踏みましたね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/1797-3ded9795