小さなものから大きなものまで 

天気も海もどんどん安定いてきておりますが
透明度だけは・・・今ひとつのままでございます。

本日1本目は最小人数でサクバルへ。
ダイナミックな地形の壁に2cmのハナゴンベyg。
キャウワイイィィ~ネェ。
QZの御見送りして午後に備えます。

午後からはお二人増えたし
ブイが空いてたらアザハタで潜ろうと思い
船を走らせて行ったら丁度良く空いてたので
遠慮なく取らせていただきました。

ENしてゆっくり進んで行き-12mの根に来た時
うしろから物凄い叫び声が・・・「もりやまさ~ん、マンタっ」


manta110810s.jpg


上見ても一瞬気付かなかった
だってすごい近かったんだもん。
ニシハマでマンタなんてすっごい久しぶりだねぇ~。

懸濁物すごくがまっていて(濁りの原因)
慌てて撮ったのでストロボ炊いてしまったりして(^_^;)

我らの周囲を2周ほどしてくれました。
マンタの口の近くにいるのは
ちょ~巨大なスギです。

いやぁ~満足。


kogarashi_ebi110810s.jpg

こっちも久しぶりに見たコガラシエビ。
からは~いさんに教えてもらいました。

小さいモノから
大きなモノまで
海が豊かな証しでしょうか?

早くスコーンって抜けないかなぁ。

コメント

おおもの

ニシハマでマンタ!
いいですねーーー。
マンタ遭遇確率があるのは夏だけですか?秋は無理?

今日、新しいカメラ届きました。
懲りずに同じ機種ですが今度は赤(以前はシャンパンゴールド)

マンタ遭遇は

「運と引き」です(笑)

赤は阿嘉で、勝負色です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/1772-af343c7d