FC2ブログ

花鯛婚姻色は素敵 

昨日は真冬並の寒さかったけど
今朝は弱い東風であったか~い!
海も静かで。但し、内海だけ。
外はまだ時化てるからクバ島へは行けません。

お客さんは、午前2本の午後那覇泊。
あたしゃ、明日から2週間事務雑務ですので
アザハタへご挨拶へ。
根の向こう側になんだか見慣れないものが・・・
おぉっ!マダラトビエイが6匹も群れて
ホバーリングしているぞぉ。すっごい。

30秒くらいは見られたかしら?
あら、写真は取れないわよ!

その後タップリと楽しんだのは言うまでもありませんが
ハナダイの婚姻色が素晴らしいことったら・・・。
特にフタイロのはすっげぇ~です。
普段の彼らからは想像出来ない色合とアンテナ2本。
んー、ちゃんと撮ってみたいけど
いつやってるかが問題で、今日はタイミングが合いませんでした。

替わりにといては何ですが、カシワハナダイの婚姻色です。
普段は赤系に身をまとっていますが
やる気を出した時にはメタリックなブルーに変身し
急上昇急下降でメスにアピールします。

水中で見ていると本当に美しい色合でございます。
臀鰭の黄色が素敵でつね。

ハナダイが少ないケラマでの生息数ベスト5は、
1、ハナゴイ 2、ケラマハナダイ 3、キンギョ 4、カシワ 
5、スミレナガハナ となります。(当社比)
以外ですか?

カシワはポイントによっては1番になり
多いところでは100匹近く生息しています。
その昔、カシワの種小名は kashiwai だった気が・・・
現在は、cooperi 両方とも献名だと思うんですけど
実は「クーパー柏」って人だったりして。

kasiwa_nup061211.jpg

コメント

あら、そうですの?
柏島のカシワハナダイかと思ってましたわ。

P. cashiwae

カシワハナダイはLeptanthias kashiwae, Tanakaとして1918年に日本では最初に記載されたとのことですね。高知(柏島)で標本が獲れたようです。Kuiterさんのハナダイ図鑑では、Anthias cooperi, Regan,1902はモルジブで標本が獲れ、太平洋の種類とは別にされていますね。

一般的にはどちらも現在はP. cooperiですね。

ハナダイの婚姻色は私も大好きです。

お恥ずかしい。

柏島のカシワてのも否めませんが、学名をテキトーに書いてしまった。「クーパー柏」を思いついちゃったもので・・・。
でもcasiwaなんですね。Kじゃないんだ。
みんなも勉強になったね!

joyさん、ありがとうござます。
若い女の子が来てくれたら、嬉しいっすけどうちの場合周りに居るオヤジたちが問題なんだよねぇ。

こんじんまりとリンク貼っております。

済みません。打ち間違えました!

P. kashiwaeが正しいです。失礼致しました。

参考文献は「Basslets, Hamlets and their relatives, Rudie H. Kuiter, 2004」です。

わざわざありがとうございます。
やはりKでしたか。
ワタシも調べないでいい加減で申し訳ありません。

花鯛も華鯛と当てたいですな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/174-a4232214