FC2ブログ

シケシケ 

帰ってきて早速仕事であるが
明け方から風の音がうるさいくらい吹いている。
んー、QZは欠航かな?
と思っていたら、頑張って来てくれた。

午後から2本。
波が凄くて、行くポイントがない。
んー・・・ニシハマじゃ!

ビュービューな風も
バシャンバシャンの波の音も
ENした途端に消え、自分の呼吸音だけになる。
5日しか離れていないのに
久しぶりに感じる感覚・・・。

ブルーな世界だね。。。

水の粘度が心地よく体に感じる。
ちょっと、不思議な感覚。
プロなガイドゆえの感覚なのかしら?

写真はシマオリハゼ。
やや内湾の泥砂底にエビと生息します。
ケラマでは、SMB(シークレットマッドベイ)や
アゴのウラなどで見られますが
一般的ポイントでは、アマビーチに限られます。

アマビーチのシマオリはやや小さい個体が多く
3~6cm程度で水深22m~15mに
5ペアから6ペア生息しています。

初夏、彼等の繁殖期になると
腹鰭や背鰭が紫掛かったやや濃いブルーの
素晴らしい色が出てきます。

が、この色彩が出るようになるには
10cm以上の大きさが必要なようです。

simaori.jpg

コメント

婚姻色

婚姻色はまだ見たことが無いです。大きい個体はバリなどで見てますが、時期が違うのでしょうね。透明感があって綺麗でしょうね。

白砂混じりの環境に棲むのは白っぽく、泥が多く黒っぽい底のは濃い感じがします。
大きな15cmほどの個体で泥に棲むやつはとても良い色になりますよ。
「日本のハゼ」p356のより「海水魚」p610に近いです。

*コンデジでは色が出ませんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/165-ef006bc9