FC2ブログ

桜天竺鯛 

今日はオニヒトデ採取(駆除)の当番。
我協会は加盟店舗が順番に
オニヒトデ退治の当番になり、責任を持って
海域の保全を行っておるのです。

重要保全海域がニシハマなので
ニシハマにタンク2本使って
3名で32匹のオニヒトデを退治しました。

32匹・・・この数字ってどう思う?
多い?それとも少ない?
正解は、ちょっと多い。
以外に多かったのでみんな驚いていました。
今日は、50m×150m四方くらいやったので
3~5匹程度が正常な生息数ではないかと思う。

多かったのは、ビーチのステージ前のリーフエッジ。
来たことある人は判ると思いますが
これって、観光客がスノーケリングするところです。
何か因果関係がありそうな予感。

さて、写真はサクラテンジクダイ。
ちょっとした洞窟内のまた奥の暗がりで
やや普通に見られます。
体は透明感が強く、スカシテンジクを赤くした感じ。
目が飛び出てちゃうほど口内に卵を入れての
保育はあまりにも有名です。

ライトの明かりをとても嫌うので
外輪を上手く使っての観察撮影が必要です。

しかも、色温度の低いライト。
つまり安くて明るくないヤツってこと。
高価で色温度が高く、自然な色合が出るようなのは
テンジクダイ系もエビカニも、み~んな逃げて行きます。
高きゃ良いってものではない。

お金に余裕のある人は、
両方持って潜ってください。

明日もオニヒトデっす。

sakura_tenjiku.jpg

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/151-8411bb78