FC2ブログ

海の赤、青そして黄色 

毎日快晴な阿嘉島ぁ~。
お客さんも少数(実は一人)で
ストレスなくて楽しい。
でも、もう少し風が弱ければ
あちこち連れて行ってあげるのに。。。

1本目アザハタの根。
リクエストのクロリボン、フタイロハナゴイを
堪能してもらう。
2本目はサクバルBへ。ウミウシすらいなかった。
トンネル入口はキンメモドキだらけ
トンネル奥はアカネテンジクダイだらけだった。
3本目、アカメハゼが見たいというリクエスト。
記憶を辿っていったら東牛にたどり着いた。

たくさんいて安心しました。
やはり可愛いです。
ガラス細工のように繊細で可憐・・・そして儚い。
もしも、アカメハゼの産卵が着床卵で
番産卵で、夫婦で卵を守っていたりしたら
ドラマがあって、今の数百倍の人気だったろうな。

海の赤色ってブルーと相対的で
生命力を感じるな。
海の中って案外黄色も多くって
海綿やヤギ・イソバナ、ホヤ、魚もベラやフグ、
ハゼ、など黄色個体が多い。

目立つから損すると思うんだけど・・・
多いから目立たないってこともあるけど
最初に黄色くなったヤツっているのだろうか?
相当な覚悟で黄色くなったに違いない。

ヤマブキスズメダイの幼魚はケラマでは希少種です。
ヤカビ島以外では不思議と成魚にほとんどなりません。
  
ワタシはこのヤマブキスズメダイygが大好きで
5mm~1cmくらいのチビの群れを見ると
レギを外して吸い取って、口の中で泳がして
また吐き出してみたい!
といつも思ってしまうのでした。

んー、あと一歩で究極の愛じゃ。

yamabuki_suzume_yg061016.jpg

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/134-0296ebf2