FC2ブログ

ゲストが減ると 

海がとっても静かになり
透明度も上がってきて
とっても良くなります。

それなりにポイントを選び
「ごめんね」と謝りながらのガイド。

お互いに「仕方ないさ」と納得のはずが
やっぱり、折角お休みして
高額な旅行賃を支払って来てくれているので
ちゃんと楽しんでほしい。
と、いつも思うのであります。

梅雨のころから
砂地の浅瀬に生え出しててくる海草
いわゆる藻場ということろが大好きで
事あるごとに潜りに行きます。

生命のゆりかご藻場。

魚はもちろん、エビカニ、イカ、ウミウシなど
さまざまな命を育み守る藻場。

干潟や藻場は海にとってとても大切な場所です。

山と
川と
海と
3つのバランスは非常に重要で
1つでも狂えば全てがダメになっていく。

みんなの小さな力が集まれば
大きな力にも負けない力になる。

まずは身近なところから。

tumajiro_yg090720.jpg

1cmほどの
ウミヒルモの葉っぱに
身を寄せる
ツマジロオコゼの赤ちゃん。

この出会いに感動。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/1061-d8a8b454