FC2ブログ

ゴシキとクジャク 

朝、保全。

ニシハマとマジャビーチへ行き
チェックしてみたましたところ
オニヒトデはゼロ。
シロレイシもポツリポツリといる程度で
コモンサンゴなどに集団で食ってることは
ありませんでした。

これって駆除の成果なのでしょうか?
浅瀬にサンゴがほとんどない
ニシハマはさておき

多種多様のサンゴが生息し
キラキラ輝くマジャビーチにおいても
同様にまとまっていることはなく
食害の範囲も小さいものでした。

やっぱりこれって駆除成果だと思います。

午後から行ってきましたベラ地獄。
到着直後は激流で泳ぐのにやっとこさ。
ヒーコラしてたどり着いても
ヤツらは中層を弾丸のように泳いでいるので
見つけるのさえ無理でした。(T_T)

20分後くらいから段々と弱まってきて
どうにかまとまり始めたけど
婚姻色は出しません。。。

それから10分後にニシキがやりだすと
途端にゴシキがぶんぶん飛び始め
ツキノワも真っ黒になりながら飛んでます。
そのうちクジャクも緑色になりながら
ガンガンとフラッシングゥ~(古い!)

60分休まずほとんど泳ぎ
60枚くらいの写真を撮ってみましたが
御見せ出来るのは数枚でございます。

やはり・・・難しいでございます。

goshiki_nup090525.jpg

これゴシキイトヒキベラの婚姻色。
弾丸のように泳ぐのでとてもムズいです。(T_T)

また頑張ります。

そして・・・・











kujaku_nup090525_2.jpg


クジャクベラ。俗称ピンクフラッシャー。
フィリッピンが本場のこのベラは
沖縄の場合普通30m以深で見られますが
この写真を撮ったところは15~18m。
信じがたい水深です。

しかも婚姻色が狙えるので
フラッシャー好きには堪らんのです。

みんな撮りに来てね~。







コメント

クジャクベラ

こんばんは。

こうして見ると’ブルーストライプ・フェアリー・ラス’タイプのイトヒキベラと区別が難しいですね。

クジャクベラはやはりおかしいです。フィラメント5本は過剰ですね。ど○こいさんも撮っていましたがそっちは6本でした・・・異常気象?のせいではないですね。多分遺伝子配列の異常?(奇形)でしょうけど。

60分休まず泳ぎ続けられるのは素晴らしい体力ですね(笑)
ますます私もゴシキをリベンジしたくなりました。
クジャクも素敵です。やっぱりフィラメントは5本ですね。同じポイントで他に私が撮影した個体も5本でした。地域差でしょうかね。

ピンク

素晴らちぃ!
さすがでございます。

ゴシキも素晴らしいです。
今しばらく保存しておいてください。

田中宏幸さん

同じ場所の♂が5本と6本です。
このあと♂になるのが同じように
5とか6本だったら・・・楽しみ。
そのうち違うものが出来あがったりして。

ゴシキは胸鰭付け根の黒斑で
区別しておりますが違います?

イトヒキはメタリック風という
認識もあります。

どすこいさん

やっぱり・・・
夢中になってしまいますね。
体力はOKでしたが
今、ハウジングをホールドしてた
左の指が変です。(笑)

ファインダーの中で
徐々に変化するゴシキを見ました。
素晴らしかったぁ~。

うにさん

タイミング的に合致すれば
良いですが・・・。

ちょっとづつですが
判ってきましたので
いらしたときには御見せ出来るかと
思います。

しかし・・・ローガンズには
辛いです。



とりあえず

撮らずにぼーっと見るだけにしています(笑)
見てるだけでも
目が回りそうになりますし~

joyさん

肉眼だと割とシッカリ
見ることができますよ。

ライトの当たる距離なら
この色彩が再現できます!

ピンク

表紙になってみると
これまた絶品でございます!

でもワタクシはごく普通の人です。

はい?

またまた・・・ご冗談を。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ocemori.blog69.fc2.com/tb.php/1007-090d1b7c