FC2ブログ

潜れるって幸せじゃんね 

あんなに風が吹いて水平線がちょ~ギザギザで

全便が欠航するような海況でも目の前の前浜なら潜れる。

これってすごいことで、幸せなことだよね。

欲を言えばビーチエントリーが出来るド内湾の環境があったら

いうことないのだけれど、欲はかかないことにしている。

しかし本年潜り納めってときにこの寒さは尋常じゃないぜ。

まるで10年前までの正月みたいな寒さだった(笑)

で~も海の中はめちゃ面白かったなぁ。。。感謝感謝。

ebi-fumei201231.jpg

フジノサンゴヤドリエビというのに
少し似てるけど、違うやつだね、きっと。
なんていうんだろう?
小さくてガイドするのも大変なやつ。

hanagonbe_yg201231.jpg

先月見つけたハナゴンべyg
無事かなぁ~と思って行ってみたらいました。
とても元気そうでうれしいんだけど
若干成長しちゃって少し残念。

yosenami-umiushi201231.jpg

むかしの図鑑にはミヤミラウミウシと出てたけど
新しいのにはヨセナミウミウシと変わっている。
誰に断ってかえるんだろね?探しちゃうじゃんね(笑)

2020年 令和2年度のダイビングもこれにて終了。
無事故無違反無欠勤で過ごせました。
ありがとうございました。

台風以外で休むのは珍しい 

全国的に大寒波な日本列島において

阿嘉島でも北18m近く吹き、突風は20mはあるかと・・・

飛ばされそうになって港に落ちるかと思いますた。

こんな危険な状況でのダイビングは考えられなくて

涙を呑んで中止にした次第。

ずっと家にいなくてはならんので退屈ではありますがね。

nadeshiko-kakureebi201229.jpg


ナデシコカクレエビって
いつもすっぱりとハマってることが多いので
「なんか猫みたい」と思う。

悪くなってきました 

朝は雨模様

日中は曇りだったり小雨降ったり晴れたり・・・ラジバンダリ(笑)

3本目はずっと雨でした。

あすは今年最悪な大陸高気圧のすんごいのが!

見極めながらですが午前良ければ良いなぁ~くらいです。

ゲストさんには来島前から「30日は出来ないかも」と言ってあり

納得済みの天候です。

さて、実際にはどうなることでしょう。

BCS201229.jpg

いまだに名前がつかない
不思議なエビ。。。
バブルコーラルシュリンプという名前が好きではない。

marumi-kakuremoebi201229.jpg

ちょいと前までは1cmくらいの
大きな♀がいたのだが・・・
こんなチビが3匹いてもねぇ~

senaki-ruri_yg201229.jpg

早くもセナキのちび!
ん~~早すぎ。

のほほんと出来るのも明日まで 

ここ数年年末年始はとても暖かい。

水温も23度(過去は22度)を切らないし気温も高い。

潜るたびに指先が冷えてブルブル震えることもないし

膝がかくかくいうこともなくなった。

あさってやってくる大陸の冬将軍はとんでもなく酷く

上記のことが起こる・・・体中が震えてしまう・・・酷い状態。

が、予想されるので、状況を見て「中止」しようと思っております。

滅多に中止しないんですけどねぇ~。。。午前2本ならいけそうかな?

そんなときのポイントは用意してはありますが。。。

takaragai_sp201228.jpg

久しぶりのタカラガイの仲間
ほんとは何て言うなまえなんだろ?
ユキダカラ? 由紀だから・・・みたい(笑)

kusairo_moumiushi201228.jpg

まだ少々じきが早いけど
クサイロモウミウシ。
成体かな5mmくらいあった。

tonosamadai_yg201228.jpg

12月なというのに
トノサマダイ幼魚が2個体もいました。

あしたまでは普通に潜れるけど
・・・・雨。

意外に強風 

南東の風、波高2m・・・なんて聞くと

ちょっとした穏やかな感じがしますけど

実際には結構な風と波で、潮の向きもあってバシャバシャでした。

晴れて気温も高いので寒さは全く感じませんでしたが

提供側としては・・・やりづらい天気ではありました。

大潮に向かっての中潮最終で海の中の流れは増しており

カシワハナダイやケラマハナダイなどはボリボリ絶賛婚姻色出しまくり中。

とてもきれいな体色を堪能できました。

でも昨日みたきれいなアワイロコバンハゼは1匹もいませんでした。。。残念。

今夜は大雨かなぁ~

あしたは北風にもどりま~す。

hamakumanomi201227.jpg

お気に入りのイソギンチャクの
ハマクマノミ。。。幼魚が入らないかなぁ

keramahanadai_nup201227.jpg

ケラマハナダイだって
ひそかに婚姻色なんですけどぉ~

久しぶりに潜ったら 

半月以上ぶりに海に潜りました。

ず~~~っと時化て、雨で、行く気も起きない天候

んで、入ったら・・・クラクラした。

水の中の浮遊感のようなフワフワ不安定な感じで

クラっと来るときあるでしょ?  あれです。

透明度も30mほどで良くて、水温は23度と表示

寒さは感じなかった。。。つっても6.5mm×2+3mmフードベストだし

寒いわけもないのですけどね。。。

船に上がった時、太陽があるのとないのでは雲泥だね。

あす27日も晴れて、よるは雨らしい 28日は曇り予報

問題は12/30 

恐ろしいほど狭い等圧線の大陸高気圧がやってくる!

oomehaze201226.jpg

わたしが阿嘉島に来てからずっとこの場所に
オオメハゼがいる。。。途切れたことがないのだ。
いつもガイドさせてもらって感謝しかありません。
ありがとうオオメハゼ。

yamabukihaze_yg201226.jpg

ヤマブキハゼで小さい子ってみないよね?
ほとんど目にしない幼魚がいました。
眼が大きくてパッチリして、かわいいね。

Xmas 楽しんでいますか? 

きのうはイヴできょうはXmas

自分の誕生日が世界中のひとが祝ってくれるなんて

すごいけど、ちょっと不気味でもあるな(笑)

東京あたりじゃ1日の感染者が900名にもなりそうで

新型の異変種が出た英国からの渡航者の制限はしていないっていうし。

みんな気が緩んでいるし軽視しているとしか思えないよね。

我が沖縄でも人口1200名程度の小さな離島でクラスターが出たり

この先は見えない状況はいつまで続くんだろうか?

東京いくのやめようかなぁ~~~~。

「今年を振り返って」其の五

shichisen-bera_yg200820_20201225160034983.jpg

シチセンベラの幼魚はガイドもしづらいし
まして撮影などは至極困難。
そして写真の2cmほどの個体は3年に1度くらいしか見ない。
が、ことしは3個体みて2個体の撮影が出来た!奇跡だ。
よく行くポイントだし、見逃してるってことはないので
今年は多くいたってことでしょうね。
来年もたくさん出会えればうれしいなぁ~


あ~飲んだねぇ 

昨夜は4名でギターと酒を持ち寄って

好き勝手に弾いて歌って大いに飲んだ。

4名でも4つのテーブルをつかって1mの間隔にした。

外部接触がない無感染だとわかっていても

予防対策はとっているのだ。。。

そして今宵はイヴなのでローストビーフなんか作っちゃってるし

ワインを開けることになるね。がはは~飲み過ぎだってば。

土曜から元旦まではガイド仕事に精を出しますので許してください。

「今年を振り返って」其の四

awairo-koban200705.jpg

先日、今年はダルマハゼの出現が遅くて少ないと書いた
かわりにアカネダルマが目立って多かった(種類が違うけど)と。
写真のアワイロコバンハゼも今年は多く見た。
とても小さいのがサンゴの中を良く動くのを目にして
動きのパターンを読んで待ち伏せ作戦で何枚か撮れたうちの1枚。
体が透けていて薄いブルーの個体はこれだけだった。
来年は何が多くて少ないのか、楽しみにのひとつでもあります。

劇的変化についていけず 

朝はあたたか~い空気のなかで寝坊!

飼い猫のアズキが毎朝エサくれ鳴きで起こすのだが

今朝は5:50   いつもは6:10  この差は大きく

ほかほかな感じも手伝って寝坊してしまいエサやりが少し遅れてしまった。

やけに怒っているようだったので相当腹へってんだろね。

あすからはいつものように6:10に起こしてください。

そのほかほかにヤル気を出して年賀はがきの直しと

プリントを一気に仕上げてしまいました。

昼過ぎにゲルマにうちのマーシャルを持って行って(笑)

戻って「ゆず塩らーめん」を手作りして食べてうとうとしていたら

急に暗くなって大粒の雨がざんざん降ってきて気温もグンとさがるので

鼻が詰まってきて、寒気がしていきた。。。ヤバいぞ。

仕事もキャンセルになっているし   ま、いいか。

「今年を振り返って」その3

unanzaki-sango200705 (4)

なんといっても新型コロナウイルスのひとことに尽きるが
自粛し営業していなかったのでダイバーもスノーケラーも
全然来なかったから海がとてもよかったのが印象的だった。
とくにビーチからの浅瀬にあるサンゴ。
いつもはえせスノーケラーに踏みつけられてボロボロだけど
ことしは健全、元気いっぱいだった。
写真はダイビングポイントだけど、ここもしかり。
6月になるとすこしづつダイバーが来るようになると
ニシハマなどは途端に折れ崩れたサンゴが目立つように
なってゆくのでした。。。はい、残念。

晴れて、磨いて、おろした。 

10日ぶりくらいにちゃんと晴れた!

やっぱり太陽は気持ちがいいね。

なので自室のきっちゃない窓ガラスと網戸、居間のと共に

きれいに洗って窓ガラス磨いて、昼からは2週間ぶりに船をおろしました。

やっぱり船は海に浮かんでいるのが1番だね。

とくにゲストはいないけど・・・・いつくるのか定かではないが

おろしていつでも出航出来るようにしておかないとね。

でも、明日からまた雨の予報なんだよね。なにこの雨だらけの12月。

akane-daruma_yg200705.jpg

初夏に撮った透け透けのちびアカネダルマハゼ。
コンデジだしこんなものでしょ(笑)
今年はダルマハゼの幼魚の出現が遅い印象がして
その分アカネが早い時期に多く居た気がします。

思うようにはイカないもので 

大掃除も残すところ仕事部屋の窓と1階居間の窓の2つ。

きょうはちゃちゃっと片づけてしまおうとしたが

朝から小雨まじりの総模様なので出来ず仕舞い。

昼に船をおろしたかったけども、天気が思った以上に悪くて

お手伝いを頼む3名がそろって二日酔いときた!

まぁ、明日もあるからね。

あしたは頼むよぉ~~~~。

nishihama-sango-hikaku201221.jpg

上下のサンゴの写真は同じ土台?にあるサンゴで
上から日付とともに撮影している。
初めは小さな2㎝と5㎝のテーブル状ミドリイシを撮っていたんだけど
途中で死んでしまったりしてサンゴが入れ替わっているけど
時間の経過とともに成長した具合がわかる。
スレート板が約21cmなので15か月で
左のハナヤサイは2.5倍くらいになり
右のテーブル状ミドリイシは2倍近くに成長している。
ハナヤサイの隣にはいきなりサンゴが現れていたり
スレート板の近くの小さなサンゴは死んでしまっている。
原因は不明。
こんなことやってると案外面白い(笑)


風もだいぶ弱まってきて 

回復したわけでもないけどだいぶマシ。

曇りがちだった空も明るくなってきて、昼前には太陽も出た。

大掃除もおかげでグングン進んで2階の窓ガラスとサッシも磨き

キッチンの窓と網戸も洗うことが出来た。

あぁ~すっきりした。

いよいよ年の瀬も近づいた感じがしてきたぞ!

明日あさっては船をおろして仕事の準備をしなくては。

adeyaka-zebura201116.jpg

それほど多いわけでもないアデヤカゼブラヤドカリ。
このときは大小2個体がすぐ近くにいた。
これってガーディングしようとしてのかな?
 *ガーディングとは♀の脱皮をまって交尾したいオスが
  脱皮のときまで♀を持って離さない行動をいう。ガードしてるって意味。
邪魔した感じもする(笑)

大掃除も終盤に 

14日から始めてる我が家の大掃除も

本日居間を夫婦で半日で終わらせて

残すところ寝室とすべての窓ガラス及びサッシとなった。

窓や網戸は晴れていないと達成感にかけるので

晴れる日を狙って行いたい。

23日ごろかしらねぇ。

大掃除のおかげで毎日腕と腰が重いのが難点だが

ちょっとした汚れでも丁寧に落とし、全体を眺めるととてもきれいになっているもので

部屋全体も整理整頓され、清々しいのだ。

あぁ~気持ちよい。

これで邪気も払われるってものです(笑)

nina_sp-egg200917.jpg

カクテルグラスにイクラが入っているようにみえるけど
これはニナガイという貝の卵。
海藻に産みつけたものです。
マクロなレンズで撮るととてもきれいです。
これは9月撮影なので夏が産卵期だと思われ
また来年も見つけたいといまから張り切っています。(うそです)
なにニナガイなのかは不明。

あぁ~天気悪い。 

ほんとに今週はずっと天気が悪い。

きょうは東風で朝はそれほど寒くはなくて

太陽もチラっと出てきたのだが・・・10時すぎには曇りだして

そのうち雨も降ってきた。

いまも冷たい雨が降り続いている。

セラミックヒーターを出しのは良いが飼い猫のアズキが

ヒーターの前20cmから離れようとしない(笑)

もう体中が熱熱なのに。

いつになったら回復するんだろうか?こんなじゃ潜るのも躊躇しちゃうね。

hamakumanomi_yg200710_2020121816392024b.jpg

3本線のハマクマノミの幼魚
正面から撮るのは至難の業だけど
コンデジなら偶然の産物として撮れることが多い。
でもここまでジャスピンはかなり稀ですな。

あ、アルバムは最新のもの以外
パスワードかけちゃいました。すんません。
ときどき同じIPアドレスから200とか300とか
閲覧していただいているのですが・・・
他意はないとは思うのですが、なんだかね。
うちに何度か来ていただいている方なら
メールいただければパスワードをお教えいたします。

時化のおかげでキャンセルになり 

週末の予約が悪天候で帰れなくなるかも・・・

と心配してキャンセルになった。

そんなに時化ていなくてもすぐに欠航するので

致し方ないとは思うので「お気にせず」と格好つけた。

来年高速船の新造船がやってくるけど、どんなに性能がよくなっても

その総責任者如何ではその性能も発揮せずに無駄になることもある。

もっと時化に強い船を作ってほしいなぁ~

そして「男気のある船長さん」に任せたい。

だって観光立村なんだからさ「来られない、帰れない」では

誰も来てくれないし、おまけに「予約も取れない、宿もない」ってなんなの?

って感じですわ。

sedaka-ginpo_ygAD200720.jpg


セダカギンポの若魚・・・です。
今年は撮りやすいサンゴに棲んでるのが
なかなか見つからなかったし
オケアノスでのコースに卵を産む個体もいなかったなぁ。
来年は両方みつけてみせます。。。

大掃除も淡々と着々に 

ほんとに天気も悪く海もしけしけ

週末の予約はキャンセルになるし

なんて週だ!

とはいえ、大掃除が着々に進捗していることは良い事である。

うちの奥さんは原則掃除とかやらない(掃除機はかけるけど)

休みで時間があっても窓磨き一つしないので、もう何年も主夫の独壇場である。

この3日間で、コンロ周り~ダイニング~洗面所シャワールーム と

掃除&整理整頓が出来てとても清々しい。

この週末は仕事も飛んでしまったので天気みてさらに進めようと思います。

hime-aogihaze201116.jpg

これはヒメアオギハゼというハゼで
アオギハゼに似ているけどちょっと違うやつ。
生息域も同じような暗がりだけど、こっちの方がより暗い。
そして、とってもライトを嫌がります。
が、うちでは結構撮れるようになりましたね。
ケラマ海域では相当レアですけど阿嘉には
28年前からずっと10~25匹ほどで群れています。
うろこがとてもしっかり!

寒波ですなぁ~ 

部屋の中が18度しかありません。

暖房器具もなにも使用していないのでとても寒いです。

きょうもせっせと大掃除。

本日はダイニング周りの掃除と整理整頓です。

脂と埃が混ざってベトベトザラザラな棚の上へ瓶などきれいにして

不必要なものをどんどん捨てていきます。

と~~ってもすっきりしました。

明日は洗面所とシャワー室の予定。

こんな寒い日は熱々辛辛なスンドゥブと海鮮チヂミがうちの定番。

なんて出来た主夫でしょう(笑)

hifuki-aigo-night201125 (2)

ナイトダイビングでみる
ヒフキアイゴの顔。
口開けて寝てるヒフキアイゴは
こんなに寄っても起きません。
なんでこんな口向きになっちゃんだろうね。

那覇滞在最長 

令和2年度、那覇滞在最長記録。

このコロナな世の中で3泊4日のロングで行ってきました。

ひとつは材木の買い出しで通販ではとてもじゃないけど買えません。

そして船のデッキの敷物・・・これは幅182cmのものが廃版ししやがって

手に入れることが出来ませんでした。。。何か代わりのものを探さなくては。

そして在沖の常連ゲストと会食!会食です(笑)

オケアノスを励ましながらクリパ的夕べと言われたら断れないよね。

その他もろもろありましてロングな那覇となりました。

帰ってきて翌日のきょうはキッチンの大掃除して

役所に提出する書類揃えたり、うちの稼ぎ頭の自転車直したら

あっという間に1日終わってしまった。。。

今夜から大しけになります!

rurime-ishigaki_yg201122.jpg

ルリメイシガキスズメダイの幼魚。
「スズメダイ」っていう図鑑に載ってるのは
八丈島のもので南西諸島とはだいぶ違います。
こっちのはもっと全体にあかるい黄色。
先日大島で撮影されてのをみて
同じルリメイシガキとは思えないくらい黒ずんでいた。
で、こっちでも黒ずんでるのを見つけました。
目の上の青い線とかきれいねぇ~

あまりにもすごくて。 

夜から降り始めた雨はしだいに強風を伴い

未明には台風並みの強さに横殴りの雨となった。

それはそれはすごくて4時に目が覚めてしまい

それからあまり眠れないほどでした。

いやぁ~~~船陸揚げしておいてよかったぁ~。

ずっと天気がわるので家の大掃除が全くできないで困っておる。

とくにキッチンまわりはいろいろと外したりするので

雨降ってると出来ない。。。。来週できるかなぁ~

そのあとになると仕事もあるし、クリスマス週だとめんどいし・・・

sango200914.jpg

ぱっと見でも20種以上のミドリイシが元気にしています。
こういう浅瀬にサンゴが元気いっぱいにあると
他の生物も元気居ることがとても多いのです。
ここはリーフ沿いの浅瀬3~5mの水深に
多種なサンゴがびっしりと200mくらい続いている中の
オケアノス厳選!「○○〇サマーヴァージョン」というポイント。
ぜひ来年の夏、サンゴを堪能しに来てくださいねぇ~。


大陸しつこいなぁ~ 

今週はそこそこ天気が良いと思っていたけど

予想を上回る大陸の高気圧・・・・っていうか太平洋高気圧。

この高気圧同士のせめぎ合いで等圧線が狭くなってる?

と思ったりしてますけど違うかなぁ~。。。とにかく今週もあまりよくない。

10日に那覇行く予定にしていたけどフェリーしかないかもしんない。

船の甲板の敷物などが新しくなる予定です。

買い忘れのないようにしなくっちゃだわ。

nadeshiko-kakureebi201122_202012081619184d5.jpg

緑色のコエダナガレハナサンゴ
こんなの滅多にないと思うんだけど。。。
好きなので何回もUPしています(笑)
ここにナデシコカクレエビが棲むので余計好きです。
「どうぞ、他店のひとにばれないように」と
見るたびに祈ってからその場を離れるのでした。

やっとあげられた 

ほんとは11/29に陸揚げしたかったのに

ず~~~~っと強風と雨で出来なかったオケ号陸揚げ。

本日風が東向きに変わり弱くなったので

満潮時に合わせて揚げさせてもらいました。。。

アウトドライブがきったなかったことったらありゃしない

そして・・・臭い(笑)

もう2隻も陸揚げしたのでちょっと筋肉痛になってる。

最近朝のラヂオ体操と夕方の腕立て腹筋以外

筋肉を使っていなかったので丁度良かったねぇ~。

さ、これで安心してボケっと出来るぜ~~~。ってか那覇へ行ける。

い、行くのか?おれ。

isobana-kakureebikebori_sp201103.jpg

リュウキュウイソバナに棲んでる
イソバナカクレエビと・・・Primovula sp プリモヴーラとでも読むのかな?
ケボリガイの仲間ということです。
正式な学名もないような感じ?
調べても出てこないのできっとそうに違いない。
現在、あるポイントのリュウキュウイソバナに4個体いて
産卵ずっとしていますね。
たまたまエビが隣にいたので大慌てで2カット撮って
ゲストにガイドしましたが、ちゃんと撮れていたのかなぁ。
このイソバナいつ行ってもポリプが開いてないんだけど
いつ開くのかなぁ~~開いてるところを撮りたい。
ちょっとクリスマスっぽいね。

嬉しいような・・・ 

このブログを初めて15年超えになるんだが

そんなに人気でもないし、ただ言いたいことを書いたり

ガイドではなかなかそこまで説明できないことなど書いたり

よくある「楽しい」とか「きれいな写真がいっぱい」などはない。

それでも1日60~120くらいのカウントがあるし、きっと毎日みているひともいるかも。

地域ガイドの情報元になっていたらいやだけど・・・

*そういうガイドが実際にいるのよね。自分では調査しないくせに
 やたらと今どこに何がいることを知ってるやつ。。。腹立たしいったらない。

先日、映画の記事楽しく読んでます。などと言われ妙な気持になった。

ダイビング屋なんだけどねぇ~。でもちょっと嬉しかった。

で、映画の話を少し。。。劇場ではほとんど観ない邦画だけどwowowではよく観る。

セリフが聞きづらくてイライラしちゃってさ、だめなんですわ。。。

今日観たのは「サヨナラまでの30分」という青春ラブストーリー(笑)

主演は千葉真一の息子のマッケユーと北村匠海のW主演。

バンドやってるマッケユーが死んじゃってひょんなことから世に現れて・・・

北村匠海の唄声もなかなかいま風でいい感じだったなぁ~

キーワードは「カセットテープ」。。。作りが今一つだけど不覚にもほろっとしました。

時間があまって退屈な時にでも、どうぞ。


ororihaze200811 (1)

オドリハゼ

何度も来る常連ゲストでもこれ絶対撮りますね。
いくらとっても飽くなき被写体なんだろね。
ブドウテッポウエビの目が怖い!

雨もずっと降ってる 

雨は11/30あたりからきょう12/5まで6日間ほど

毎日のように降っています。

こんな毎日降ったらダムは満杯だと思われ

コロナで観光客もあまり来ないのに

海水淡水化施設など必要なくね?などと愚痴をいう。

アセスメントをやりたくないのか、

わざわざ海岸線の道路にドン深な穴掘って海水採って

高濃度塩分の処理水を

これまたアセスメントが金かかるからやりたくないのか

人工建造物のサンゴたっぷりの「港」に垂れ流すのだ。

オラ知らんでぇ~。

東京地方もきょうはとても寒いとTVで言っていましたが

みなさま、風邪などひいちゃったらコロナと間違われますよぉ~

今宵はアツアツ石鍋麻婆豆腐、餃子、八宝菜、春雨サラダ 

というメニューにしました(笑)

mizutama-sango_yg201115.jpg

ミズタマサンゴってある日突然気が付くことが多く
岩の表面に着床して成長するのではなく
暗がりに人知れず着床して成長したころに見つけるのだと思うんだよね。
その始まりが見たくていろいろと覗いたりしてるけど
なかなか見ることはできなかったが、ついに!発見したのだ。
上のは5mmほどで右のは12mm。もっと二義には20㎝位の群体がある。
おおきな群体の陰でひっそりと成長しているのでした。
これって無性生殖なのかな?
ミズタマサンゴの繁殖・・・・雌雄異体なので放精抱卵だね。
でもこんな近くにあるっていうことは無性生殖っぽい。




1週間荒れて 

きょうは風が北東15m

5m~4mの波高予報で全便欠航。

11/29の日曜にからずっと荒れていて

明日も4m 明後日も4m 

月曜日にようやく収まる気配が見えてきた。

なんだか中国からくる高気圧ってこんなにすごかったっけ?

やっぱり何かが変。

来週は月曜にから徐々におさまると書いたけど

また日曜にあたりから崩れてくる感じになる。

毎回等圧線がとてもせま~~~いんだよね。。。困ったなぁ。

obitensu-modoki_yg201122.jpg

オビテンスモドキの幼魚。
角のような長い皮弁が2本ぴよ~んってあって
とても特徴的な形をしている。
泳ぎ方も漂うゴミのようにフワフワヒラヒラとしていて
わりと撮るのがむずかしい魚です。


めちゃ寒い 

朝は静かだったけど

9時過ぎにいきなり大雨になったと思ったら

そのあとず~~っとしとしとと降っている。

気温もグンと下がって21度ほど。体感は16度くらいかな~

高速船もずっと欠航しているし

あすはフェリーもこないだろうねぇ。

船をあげそこなっているわたしです(T_T)

tosaka_sp201126.jpg

八放サンゴ亜網のウミトサカの仲間で
いわゆるソフトコーラルと称す生き物です。
骨軸を持たない方ですな。
この仲間の分類は内部の骨片などでするので
形や色だけで○○トサカ、とは言えないのでした。
しかし、透き通ってとてもきれいなので
生え(映え)もの好きには人気があります。

まだまだ続きます 

11/30からずっと風が強くて時化が続いています。

原因は大陸からやってくる高気圧の等圧線がせまいから。

この時化は明日あさって・・・・日曜日まで続くかも・・・

本日はがんばってフェリーが折り返し運航したが

明日はわからないなぁ~

フェリーがこないと食材がないんすよぉ~。

あ、仕事がないときは主夫なもんで。。。。

konafuki-umiushi201128.jpg

コナフキウミウシとはよく言ったものです。
体中に粉ふいているみたい。
オレンジ色のコケムシに棲みそこに産卵します。
フジタウミウシ属でまだspのようです。

もう12月です 

コロナ禍で全然仕事にもならず資金繰りに困り果てていた春

ちょっと遅かった夏なのに割と早く終わってしまった夏

秋っぽくない、終わっていった夏が帰ってきた秋

11月も暖かい日が多く全然ふゆっぽくなかったが

12月目前に急に厳しい冬が到来した。

もう2日連続で波が4mで全便欠航が続いている。

あすも、あさっても波は4m・・・・た、たべものがなくなるぅ~~~~


namida-tenjikudai201125.jpg

ナイトダイビングは準備が面倒だしビールが飲めないので
あまり行きたがらないけど、行くと楽しくて80分は潜っている。
その中でも写真のナミダテンジクダイは昼間なかなかみることが難しいけど
夜になるとサンゴの奥からわんさかと出てくるので楽しみのひとつである。
同種のホソスジ ナミダテンジクダイとの区別点は
眼の下からある「涙」の由来の線が鉤(かぎ)状になる。