FC2ブログ

すんごい風 

強烈な北風で

船は全便欠航。

オケ号も陸揚げ出来ずに浮かんでます。

とても寒いので、今晩はキムチ鍋です。


isoginchakuebi_yg201127.jpg

ちいさなイソギンチャクエビがいました。

さ、大しけですよぉ~ 

12/1 から強烈な大陸高気圧がずんずんと迫ってきて

かなりの間大荒れの海となりそうです。

仕事がなくてよかったぁ~~

しかし・・・寒い。


amime-chouchouuo201126.jpg

かなりひさしぶりに出会った
アミメチョウチョウウオ。
略してアミチョウといってはいけません。
アミチョウチョウウオというのがいます。

怒涛の10日間が終わった 

何が、どんなものが「怒涛」なのかよくわからないけど

19日から連続してのガイド仕事、11月では異例。

後半は写真家のガイドがあり3ダイブ+ナイトが連続し

老体はヒーヒー・・・・はゆってなかったけど、、、、大変でした。

ガイドなのでリクエストには出来るだけ対応しておりますが

なんせ自然相手なもので叶わぬこともございます。

ところが取材撮影となると別物で撮れないってことは「無駄足」

なるべくそうならないように結構な努力をして、撮れ高いっぱいにしてあげたい。

で、精神的にも肉体的にもよい刺激になるわけですよ。

ガイドがガイドったる所以ってそういうことではないかと、、

つくづくおもふ さむさかな  モリ


kumo-utsubo201128.jpg

クモウツボには2度ほど噛まれている。
歯が鋭いのでカッターで同じ方向に
何度も来れたような傷になる。
よくみると鼻(鼻官)と眼が黄色くて
間が抜けてるように見える。

yukatahata_yg201128.jpg

こんな11月にユカタハタの幼魚がいるなんて。
しかもとてもよく出てきてくれる個体。
今日1番だった。

sarugao-hoya201128.jpg

猿の顔みたいなホヤ。

今夜もナイトだほい。 

今夜もナイトダイビングなので

つい、カメラも船において来ちゃったので

お写真がありません。

ので、前の、、、ちゃんと今、居て、ガイドできるもの。

hanagonbe_yg200713_2020112617152890f.jpg

ハナゴンベのちび
いつみてもきれいです。

スーツは分厚く 

一昨日までの5mm+フードベストを

6.5mmツーピース+フードに替えたら、あったかいこと。

やっぱりスーツは分厚い方がいいよねぇ

とか思っていたけど50分すぎたら途端に寒くなってきた。

なんだ厚くしてもやっぱり寒いじゃん。。。天気悪いからね~体温が戻らないのねぇ。

で、きょうは今年初のナイトダイイビングです。

寒いだろうなぁ~~~(T_T)

hoso-garasuhaze201125.jpg

とあるポイントでは通年いつも観察できるけど
他へいくとなかなかいないホソガラスハゼ。
産卵行動のようではありましたが
実際には産んでいないような感じだった。

nise-kurosujiisohaze201125.jpg

あちこち普通にいる
ニセクロスジイソハゼです。
「ニセ」の方がきれい。

rurime-ishigaki201125.jpg

外洋性のルリメイシガキスズメダイは
体うしろの太い黒帯がない個体が多く
エッジから内側に入るとうっすらと黒帯があり
さらに入るとちゃんとした黒帯があったり、
なかったり。。。

今日まで、そして明日から 

我慢の3連休が終わってひと段落の本日

三者三様の送迎をおえて、ほっと一息。

あすからは写真家のかたと

日中は魚を個別にガイドしたり生活史を垣間見たり

クリーニングシーンのガイドなど、盛りたくさん。

遣り甲斐もあるなぁ

ヤリガイなので・・・ヤドカリを。

ザコシよりツマらんこと書いちゃった

shidaramigikikiyokobasami201116.jpg

シダラミギキキヨコバサミという小さなヤドカリ。
触角が紅白で可愛い(写ってないけど)
通年観察できる ちょ~普通種です。
近くにいたので並べてみました。

日の出後は真冬になった 

朝、6:30すぎの朝焼けと、

日の出は素晴らしいものでした。

あれ?きょうは思いっきり予報を外したのかい?

と思ったのもつかの間!

すぐに小雨が降り始め、北風がビュービュー言い始めた。

まるで冬将軍がやってきたような錯覚に・・・・。

まぁ、想定はしていたので北風に強くて充実しているポイントは

ちゃ~~~んと23日に潜る予定を立てていたから余裕のよっちゃん!

でも上がってからの非情なまでに吹き付けてくる北風には

かないませんでしたわぁ~

Petroscirtes- xestus_yg201123

Petroscirtes- xestusっていう
ハタタテギンポの1種の幼魚。
かわいいでしょ?

azami-kakuremoebi201123.jpg

アザミカクレモエビ
久しぶりなんだよ。最近少なかった。
レース編みのyようなシンメトリーな模様が素敵。

yakushima-kakureebi201123.jpg

ゴキ系だけどケラマではレアな
ヤクシマカクレエビ。

晴れているとはいえ・・・ 

きょうも風弱し日高し、、、、快適な陽気ですが

やはり60分を超えると寒さもつのりますぅ。

見てはもらえぬ、スレートに「あがりましょうね」と書いてますぅ。

ガイド心の未練でしょう~・・・なんて水中で歌っていのでした。

水中はとっても楽しいのですけど、上がるとね、風がつめたいね。

とくに16;00をすぎるとキビしいなぁ。

あしたから・・・・晴れ間はないかもしれない(T_T)


yukatahata201122.jpg

良い感じでベンテンコモンエビが
クリーニングしておりました。

yami-tenjiku201122.jpg

なかなかシブい魚です。
ヤミテンジクダイ。。。全身見れることが稀。

nadeshiko-kakureebi201122.jpg

グリーンのホストにナデシコ!
いいよねぇ

ひさしぶりに少しにぎやか 

しばらくおひとり様などが続いていたので

連休で4名とかいると賑やかで嬉しい。

♂1♀3なので船の上がとても華やかに見えます。

やっぱり、こうでないとね。

ほんの短い間ですけど・・・・(ーー;)

朝は雨の影響で気温も下がって涼しかったのですが

お昼からは太陽が継続的に照らしてくれてとても暖かくなりました。

透明度は少し落ちて28mほど。。。水温も25度になりました。

生物はとても多いので楽しく潜れております。

takaragai_sp201121.jpg

ユキダカラガイ?よくわからない貝だけど
とてもかわいいので好きです。
久しぶりにみたなぁ~。

marusuzumedai_yg201121.jpg

ガチでピンきました!

kanzashi-yado201121.jpg

赤いサンゴのカンザシ~

午後から涼しくなってしまいました 

朝は蝉が鳴き始めてほんとに夏みたいだなぁ~

なんて思ってたけど、午後2時過ぎくらいから怪しくなって

ついに雨が降り出した。

天気予報ほぼ当たってた?予報文はいつものようだけどね。

気温も少し下がって25度くらいかな?あすは最高気温24度とか25度とか。

ここ数日の真夏的なものではないようです。

連休っちゅうとこんなことになるのは「あるある」だね。

それでも波は高くないから欠航にはならないだろうし

風はちょいと北になるが、また東風に戻るし、寒さはないはず。

透明度も25~30mはたぶんあるからいつものケラマを満喫できそうです。

短い連休ですが、どうぞお楽しみください。

go to イート 神奈川は一時停止しましたね。。。賢明だと思います。


yosenami-umiushi201120.jpg

前はミヤミラウミウシだったのに
いまはヨセナミウミウシになっています。
ご注意ください(笑)

sesuji-sumizome-mino201120.jpg

セスジスミゾメミノウミウシ
これは変わっておりません。

awairo-kobanhaze_yg201120.jpg

先日のアワイロコバンyg
再登場~~~2匹いましたわ。
11月も終わりなのに・・・。

暑かったぁ~~ 

風が弱い南東になって気温もグングン上昇して

昼前には汗ばむ陽気になった沖縄。

水温もいまだに26度台をキープしているので

70分潜っても寒くありません。。。

きょうはスズメダイ好きの女性とワンツーで楽ちんダイブ。

カレハスズメダイygを撮ってもらったのでホッとして

「私の仕事は終わったも同然」などと言ってみたりしました。

スズメダイygはそれぞれが成長してしまっていて見せ場がありませんでしたが

明日以降はやや路線を変え、ハゼやおとなのスズメダイにシフトしようかな。

あしたも晴れます。

kokuhanhata201119.jpg

座間味村のガイドの98%は
これをユカタハタというに違いない。
知らんけど。

kurosujiryugu201119.jpg

もうやってますのん?

shitisenbera_ygAd201119.jpg

シチセンベラの成魚への
過程を撮ることが出来た。
どうでもよいかもしれないけど
これってとても大事なことなのです。

蕎麦 

先日、以前の勤め先の大手潜水(株)の後輩から

蕎麦の土産をいただいた。

去年、原材料の記載がそば粉が先に記されている蕎麦は

そば粉の割合が多いのでそのような蕎麦を見つけて買ってきてくれ。

などとリクエストしたらしい。

で、いただいたのが「雪ん子そばゴールド」で八割そばらしい。

きょういただいてみたら、いつもの1袋150円のとは風味ものど越しも違う。

いつもの癖でやや硬めに茹でてしまったけど旨味もほどよくあり

うまい蕎麦でした。

驚いたのはゆで汁で、まるでそば粉を溶いた蕎麦湯のごとく

薄グレー色の液体でしたにはそば粉が沈殿していではないか!

味も濃くて、そのまま飲ませていただきました。。。お取り寄せしようかな。



蕎麦とは関係のない
トウモンウミコチョウ。。。
あ、ホストのカイメンが
蕎麦がきに似てる。

あるあるっていわれりゃね 

きょうはゲストが2便で那覇に出るが

3本いけせておくれ、というので頑張っていってみた。

8時出航で3本終わったのが14時・・・早いじゃん。

これもおひとり様でナイトロックス使用で出来る業かな。

夏は3便あるから楽にできるけどねぇ~

風が強かったけど天気よくて助かった。

得意の小さいもの探しが出来て充実した3日間でした(笑)

帰ると風が弱くなる・・・・あるあるです。

mikado-midori201117.jpg

やや赤みを帯びた
ミカドミドリイシエビ・・・こんなのもいるんだね。
撮るのはムズいです。

kakuremoebi_sp201117.jpg

カクレモエビ属1種-2
と出ているエビの幼体ではないか?
と思っているエビ。今年2個体目。

Vir_euphyllius201117.jpg

久しぶりに出てきた
ウィル・エウフィリウス!卵あったねぇ~

あすはお休みで明後日の午後からスズメダイガイド(笑)

なかなか治まらない東風 

寒気をともなっていない大陸高気圧のおかげで

東京など内地は暖かい週末を迎えているようですね。

移動がゆっくりなので安定した天候が望めますが

その高気圧の縁に当たる沖縄は数日にわたって東風が強く

太平洋側が波高いのに東シナ海のケラマまで波が3mとかにする。

分割してくれと何度も懇願していけど一向にしてくれない。。。理解できない。

そんな訳で風をよけてのポイント選びではありますが

甲殻好きのゲストのために、なかなかシブい選択をしております。


isobana-kakureebi201116.jpg

現在、イソバナカクレエビが素晴らしいのは
ここしか知らない。。。と前振りしてのガイド。
そこそこいいですな。

simulans201116.jpg

いまは大きいのが少ないと思うけど
それにしても、これはとても小さいですね。

kusairo-moumiushi201116.jpg

一体、どうなっているのかさえ
わからん感じ。

もってるひとは持ってる 

先日まで荒れ荒れだったのに来島時静かになり始め

潜り始めの今日は東風でちっとも寒く無くて

西側のポイントならとっても静か。

エビなどがお好みなのでそのようなポイント選択をしたけど

あれこれと出てくるとは思わなんだ。

でも持病の腰痛の加減がおもわしくないと、午後は大事を取ってお休み(笑)

あしたは普通にもぐれるのかしらねぇ~。

あすも東風、、、若干弱まり、、、晴れ。

今日の2ダイブの魚以外の3枚を。

Harpiliopsis_spinigera201115.jpg

ホソジマモシオエビ属ハリピリオプシスの1種
スピニゲラというのに近いとは思うけど、、、わからん。
卵持っていて、紅白の点々がきれいです。
尾の方はブルーの点も入ってきます。。。そんなに珍しいもんではない。

marumi-kakuremoebi201115.jpg

6月の時点ではここにはいなかったのに
こんな立派なマルミックレモエビが!
雄も下にいるねぇ~。

panda-hoya201115.jpg

ガイコツじゃないパンダ。

やっと回復 

天気の話です。

感染したわけでもございません。

きのうまでの北風バーバー(沖縄の方言じゃないけど言い方でビュービューのこと)

きょうは島の釣り大会だったから風も弱くなって太陽もでて

とても暖かったし、事故もなく終わったようだし、よかったよかった。

ってことで、しばらくは好天が続くようです。

kanzashi-yado201102.jpg

紅葉が真っ盛り

第三波だとか声張り上げちゃって 

ワイドショーのディレクターってほんと、なんだね。

ドラマのなかのディレクターの口癖が「数字の上がる音が聞こえる」

つくづく俗物だよなぁ~と思えてくる。

だいたい、感染症なんだし飛沫や接触でうつるわけで

気の緩んだ無防備な居酒屋やキャバクラ、カラオケでうつらないわけがない。

偉い人がいうように「止めることはできない」と思うわけですよ。

みんなが自己防衛してうつさないうつらないを徹底していればいいのに

go to キャンペーンなんて即刻やめてしまえばいいだけで

行くなら「万全」に。

前から書いてますが万全なひとだけが遊べるということです。

それでも感染してしまったときのために特効薬の開発が急務ですな。

あ、ワクチンは効かないはずねぇ

90%以上効果ありとか言ってるけど(笑)


BCS201102.jpg

半年以上空き家だった
バブルコーラルにエビがやっと入ってくれた。
ここのはダイバーが頻繁に来るわけでもないから
どこかの有名な砂地の、いつも引っ掻き回されていないので
存在すればほぼ表面にいるので
みられない=いない ということなんでした。
しばらくはいついてくれて大きくなってほしいなぁ。

北風強く・・・活動自粛ちゅう 

北風が強いことが理由ではなく

ただ単にHPの表紙などをなおしたり

費用な部品やフライパンなどをネットショッピングしてたら

敷地内から一歩もでていないことにさっき気が付いた。

ま、とくに珍しい事でもないので

気にもしませんけど。。。。

風は強いけど天気は良いです。

samon201107.jpg

周囲には魚やサンゴがうなるほどあるんだけど
なにも無いように見える白砂の道。。。

きょうも寒かったけど 

朝は保全活動で旧港と新港の船揚げ場の掃除

結構あったなぁ~軽トラで4往復。

旧港は台風などで飛んで溜まった枯葉が主で

新港は水面に浮いていたロープや網、木材などが多かった。

終わってからは作業着きてたのでグリスニップルのねじ切り。

どーもうまくいかねぇ~~~な。

13:00からはインフルエンザ予防接種(笑)

うちらは500円という安さで受けることができるのでした。

そして昼ご飯にスパゲッティーをこさえて食べて(豚バラ、アスパラ、玉ねぎだけのアンチョビ味)

「メランコリック」という映画を観た。

アルバイトに行った銭湯が実は殺し屋の処理場だったとおいう話。

東京国際映画祭で監督賞を受賞したらしい。

若い人たちのエネルギーがいっぱいで、お勧めの映画です。


nadeshiko-kakure201107.jpg

こちらはやっと入ってくれた
ナデシコカクレエビ。
ここはわりと、半年くらい空き家だった。
続けて入ってくれたらうれしい。

寒くて乾燥してる 

これが冬。

きょうは「初恋」という映画を観た。

監督は三池崇史、主演は窪田正孝 ほか染谷将太、大森南朋、内野聖陽

ベッキー、滝藤賢一 豪華な出演者で誰が主演だか始まってもよくわからない。

題名の「初恋」とは何を指しているのかさえぼやけるほど痛快でした。

時間のあるかたもない方も、是非ごらんください。

irezumi-kobabb2011117.jpg

イレズミコバンハゼはとにかく撮りにくい。
しばらく観察し、サンゴ内のよく通る道や
よく留まるところで待ち伏せしていても
なにかに気づき、、、来ないことがよくある。
顔がちらっとでも撮れれば、儲けモンであるわけさ。

夏から一気に冬へ 

二十四節気の「立冬」が昨日で夏のように暑かったけど

きょうは昼間で真夏、昼過ぎに雨が降り始め

風が思いっきり北に変わって冬になってしまいました。

朝の船でゲストはお帰りになったので良かった~と。

立冬といえば「新そば」

香りのよい新そばをツルっといただきたいですなぁ~~。

蕎麦屋で飲みたい(笑)

今週は悪天候?が木曜日まで続くようで

オケは土曜の午前迄おやすみです。。。ラッキー!

hamakumanomi_yg201107.jpg

緑鮮やかなイソギンチャクは
数ポイントに3~4個体の存在を確認していて素通りはしない。
ハマクマノミの幼魚が入っていないか必ずチェックをするのだ。
きのう新たな幼魚を発見!あまり動き回らない良い子で
うれしくて何枚も撮ってしまった。

連日の夏日でご機嫌 

きのうの最高気温が31度

きょうもたぶん31度。

透明度はところにより50m!

素晴らしい天気と海況であります。

こんなとき家でボケっとしてなくてよかった(笑)

海況さえよければなんでも出来るのがベテランガイド(笑)

楽しんでもらえたかなぁ~

ryukyu-isobana201107.jpg

今日は1日wideで・・・。


divertaimai201107.jpg


hosokamasu201107.jpg

11月に夏日で日焼 

南東から南風になり暖かい空気の中のきつい太陽光線。

今年初めて・・・じゃなったな

やっとフードベストを出して着用してのダイビング。

あったかいなぁ~~~。

でも船に上がると上記のような陽気で暑い事ったら。

そして・・・ノースリーブで焼けてしまっております(笑)

明日も南風で30度。。。焼けまっせぇ~

awairo-koban_yg201106.jpg

11月だというのに
20mmくらいのアワイロコバンの幼魚が
いてちょっと驚いた。

miyaketeguri_yg201106.jpg

ミヤケテグリの30mmほどの
幼魚もいてびっくり。

marumi-kakuremoebi201106.jpg

マルミカクレモエビもこんな時期に
子どもがいたかなぁ?
こいつは5~6mmかな。

とにかくまだまだ赤ちゃんやら
ちいさな子どもがみられるなんて
どうかしてる。

シケシケだけどぉ~ 

大しけが続いての本日フェリーが出てくれたので

ゲストが2名到着しまして、午後から2DIVEとなりました。

シケシケなので、30年以上前にOW講習用に開発した前浜で1本。。。。

今年は草も無けりゃテンジクダイも消えてるし

腔腸類は生えてこないは・・・いいことない前浜です。

みんなよく行くなぁと感心しておりましたが、

今日久しぶりに沖の根まで行ってみたけど、どうでもいい感じでしたわ。

次の前浜は早くて年末かしらねぇ~少しは良くなってると期待します。

沖の堤防がある限り全域ダメだろうとはおもいます。

2本目は阿嘉島西のヒズシブイで潜ってみました。

サンゴはやや荒んでましたけど、カノコイセエビの子どもがたくさんいて

年末がたのしみです。。。あ、こんなこと書くとKに捕られちゃうか。


kanoko-iseebi_yg201105.jpg

5~10cmくらいのイセエビの子どもが
あちこちにいて楽しみ。

kinchakugani201105.jpg

キンチャクガニの甲羅の一文字。
これって普通なんだろうか?
○○ちゃんとか名前つけたくなってきた

fumei201105.jpg

船のロープについていた
細長い子・・・アオヤガラかな?
ハッキリといえないっす。




台風の影響ではないよ 

きょうから海がしけて定期船は全便欠航

きのうの夕方全員那覇へ出たので安心のノンビリです。

頂き物の縄文米でお昼におにぎりを作って食べた。

「太陽で育ち、月で実る」という殺し文句で販売しながら

秋から冬にライブで回ってる和気優という農民ロッカーが

一切の薬を使用せず自然に任せて栽培しています。

よく噛むといろいろな味・・・風味が出てきて、塩にぎりが旨いこと。

また今度炊いて、カレーで食ってみようかな。

kumanomi_yg201101.jpg

どこにでも
あるような
家族風景・・・家族じゃないけど。



1番夏っぽくて穏やか 

11/2本日が1番のダイビング日よりだったのだが

あすの午後から時化て船が止まりそうだということで

毎年の常連グループは早めにお帰りになりまして

途端にゲストゼロのヒマヒマなオケアノス。

いろいろと都合もございましょうが

那覇からのエアはフェリー到着16:00でも搭乗できる便を!

montsuki-kaeru201102.jpg

台風のうねりで体の固定が出来づらい中での
モンツキカエルウオ。
なんか赤がつよくね?

矢継ぎ早にくる 

まるで大木の年輪のような等圧線の

大陸高気圧。

この高気圧のにより沖縄では北東の風が強くなる。

ゆっくりと来ればよいものを足早に来ては去っていくので

毎週末が時化時化になって船が欠航するはめになる。

波高4mくらいじゃ昔はガンガン来たものだけど

船の性能が上がろうが波切がよかろうが

船長の判断しだいで欠航が決まるので男気のない船長はすぐ欠航である。

そんな船長に高性能の船は必要なのか?

呆れるぜ。

夕方やっと風がよわくなった



sejiro-kuma-egg201101.jpg


ご存じ、セジロクマノミのおてもやん。
とても元気にしています。
この卵にもこいつのDNAが入ってると思うと
わくわくしますね。

irezumi-koban_yg201101.jpg

見ているときは「ひょっとしてイレズミspかも」
とか思ってるけど実際にはygだったりするんだよね。

fushiude-sangomoebi201101.jpg

それなりに擬態が成立してるんだね。