FC2ブログ

月別アーカイブ

 2020年07月 

日帰りレディーのお越し 

いつもの宿がこのコロナで営業を長期停止しているので

最近日帰りでいらしていただいている日帰りレディー。

わざわざ遠く恩納村から来てもらえて感謝しています。

本日東風がやや強いのではありますが・・・・ひざしがそれなりにあるので。

レーザービームと砂地の癒し!の2本で楽しんでいただきました。


angel-rader200731.jpg

先日見つけたエンジェルラダー。
きょうはうねりの濁りがあって
光線はいまひとつだったけど喜んでもらえたはず。
データやコース取りとかを考えなければ!
思っていたよりも複雑で楽しみ。


diverlaser200731.jpg

ここではないけど
天井付近にエアが残っていた・・・・
ってことは誰かが潜ったってことじゃんね。
荒らさないように、出来るだけ荒らさないようにお願い。
そして・・・他人に自慢しないでください。
ニタのようになったらおしまいです。


deba-nishihama200731.jpg


ニシハマは永遠だね。


しかし・・・暑い 

海に潜らないとこうも暑いものか?

1日3本潜って、身体冷やして、丁度良いのである。

関東地方はまだ梅雨明けしていないのかな~

早くしてくれないと・・・暑中お見舞いできなくなるじゃん。

きのうから愚息が島に来ているが、ずっと寝てるかユーチューブをみてる。

なにしにきたんだか。

3月の時は避難してこいと言ったけど、今回も学校休みだし、

まだいたらよいのにバイトがあるからあす帰るそうだ。

「潜っていけよ」と言ったら「死んじゃう」とか馬鹿なこと言ってた(笑)

diver200723.jpg

なんか、涼しそう

45人は多いよ 

今日29日沖縄県での新規感染者が45人ほどだとニュースで流れた。

海兵隊はゼロらしい。。。先日の連休での感染にしてはやはいし

そのまえの週末18日ごろからのものでしょうかね。

那覇での夜の宴会が主な感染源ではないのか?

手遅れにならないうちにショッピングモールなどの大型商業施設へは

必ずマスク着用でないと入店できないようにしないと、どんどん広がると思う。

夜の街~家族~子ども~ショッピングモール~クラスター みたいな図式?

このままでは経済を止めなくてはならなくなるね。

あぁ~お盆週まではなんとしても営業したいけどなぁ。

頼むぜ、デニー!

aoumigame200725.jpg

最近、ウミガメとよく出くわすなぁ
と思っていたら、ついにカメの方からおいでなすった。
いきなり目の前に現れてグルグル回って
顔を覗きに来たり、鼻から息出して見せたり
やたらと迫ってくるので、ちょっと怖かった(笑)
カメに好かれてなにか良いことあればいいなぁ~

自粛要請はしない・・・。 

沖縄県知事は本日の定例会見において

警戒レベルを第2段階へ引き上げたが来県自粛はしない。

といったそうだ。

ん~~~~、東京への往来は「慎重に検討を求める」にとどめた。

沖縄の観光業は瀕死の状態ではあるが、もっと大胆な手段はないのか?

当初言われていた「観光客と地元民の区別」など実行したらどうだろう。

夜の街は観光にとって重要だろうが、感染者が増加したら元も子もない

やはり「万全な予防策」取っていない店舗や感染者(クラスター)発生の場合営業停止。

濃厚接触者が追えない(うその住所氏名記載者)ひとの罰則も盛り込んだらどうだ?

県条例ではどうにもならんか・・・(T_T)

罰則しても減らないあおり運転の例もあるけど(笑)

こちら阿嘉島はノンビリはしておりますが、観光客は多少おります。

マスク率は70%かな?若いカップルだと50%これはどちらかがしっかりしていれば。

50代のおばさんになると40%。。。。初老のじじいはマスク率高し。

若いグループだと30~50%でやや低い傾向があるように見えます。

週末ごとにやってくるアウトローフィッシャーマンたちは20%で

釣り現場では0%です。ゴミ捨て率は高いのに。ほんとにイヤなやつらです。

うちは2週間やすみで週末日帰りダイビングが1件、スノーケリングが1件。

とてもじゃないけど安泰とは言えない状態だけど・・・安全が一番です。

nakamoto200704.jpg

2年ほど置いておいた
ちょっと古いサザエの貝殻に
ナカモトがペアで入っていた。
やっぱり自然がいいね(笑)

長期の休みになると・・・ 

主夫が復活する(笑)

キッチンドリンカーと化す。

ネットで買い物しちゃう。。。など弊害もあるけど

やるべき大工仕事もいくつかあるので

そっちも真夏のくそ暑いときにやらなければならない。

まずは船にあったベンチが壊れたのでその修繕だね。

あ、主夫といっても晩飯しか作らないので

ドラマの大森さんのようではございません。悪しからず。

rousoku-ginpo200725.jpg

ロウソクギンポって
いつ産卵するんだろ?

連休も終わり7月ももうおわります 

オリンピック開会式連休も今日でおわり。

4名様のゲストをお迎えして、3日間の楽しいダイビングも終了

お隣の慶留間島のゲルマニヨンで打ち上げランチをして

2便でお帰りになりました。。。さびしいなぁ~

本日から2週間ほぼお休みになるけど、コロナによってはずっと休みかも。

ハウジング持ってスズメダイの幼魚を撮りに行きたいけどなぁ~

montsukibera_yg200725.jpg

この時期モンツキベラの幼魚が
赤いイソバナによくいます。
忙しく泳ぐけど、撮れると嬉しいやつ。

なんか天気悪い!でも過ごしやすい。 

朝からずっと曇っていて暑くない。

ときおり雨雲がやってくるけどほんの少し・・・何滴かふるけど

「雨」ってことはない。

きょうは1日そんな天気で過ごしやすかった。

毎日70分×3本なので大変ですがとても充実した連休でした。

2週間連勤して、明日からは2週間お休みです。

暮らしていけるのか若干ふあんだけど・・・・

どう転ぶかはわかりませんけど、オケと森山は阿嘉にいます。

tsunokasago_yg200725.jpg

毎年とか、隔年とかで出会っているツノカサゴ。
今年は最小に出会えて小躍りしちゃいました。

panda-egg200725.jpg

最近少ないかもしれないパンダダルマ。
産んだばかりの卵があるんだけど
全然近くに来てくれなかった。。。

ooumiuma200725.jpg

ひっっさしぶりの
オオウミウマ。。。

diver200725.jpg

なにしてんでしょうね(笑)


どうなる?このあとのwith 

全国的に「最多」を更新し続けている日本。

ほんとにバカ丸出しだね。

だってこうしたら感染するよってずっといわれているのに

感染するような(感染させるような)ことするんだもん。

早く罰則付きの法律整えなはれ!

GO TOはゴートゥで俄然面白くなってきて

一国の首が、子どもの言い訳のようなことばかりいうのである。

まったく・・・8月のお盆には緊急事態宣言パート2がでそうだね。

もう本腰入れてこの厄介なウイルスをどうにかしないと。

いまのところ座間味村では感染者もでていないようで

平和にダイビングが出来ています。

割とみんな忙しそうにしているので、活気があってよいと思ったりします。

が、油断は出来ないから自分のことを守る!ようにしよっと。

tengu-kawahagi_yg200724.jpg

テングカワハギのチビたちが
どんと増えてきました。
チビだけどちゃんとあつまってくるのが
偉いと思うんだよね。
撮るのは結構ムズい。

simulansu200724.jpg

まぁ、いるとこいけばたくさんいます。


isobana-kakureebi200724.jpg

ひとつの股に3匹。
こんなのが好きです。

増え続ける感染者と夏の空 

無策の全面解除からひと月。

あぁ、やっぱりこうなった!というのは簡単だけど

なるべくしてなった感染者増大。。。まったく無策な知事と政府。

ツケはみな国民が払うのだ。

学歴詐欺の知事とちゃんと喋れない幹事長、

まったく勉強が出来ずに3流大学にしか行けなかった総理と元総理

そして人の顔色うかがいながら個性をだそうとしてもアイデアもなにもない官房長官。

どいつもこいつもみんなアホであり、投票したあんたらもアホである。

コロナで弱ってるところに大陸から尖閣に100日以上連続で侵犯され続け

あっ!と思ったらあいつらが何か建造してるに違いない。恐ろしい。

と、悪い方向に思いはいきがちですが・・・・慶良間の海は最高です。

潮はまだちょい早いけど、、、、だいぶマシになった。

若干濁ってるばしょもあって、愕然としますが・・・想定内です。

sangodiver200723.jpg

サンゴはすごいことになってるよぉ~

irobudai_yg200723.jpg

イロブダイのygって8月からのイメージ
7月の後半でこのサイズ(25mm)は
とても早い気がするんだけど。。。

あすも
ベタナギーゼ。



快晴ベタ凪ではありますが・・・ 

ほんとに酷い流れで、ちょっと濁りもあるし・・・

みんな本調子ではないのかしら?

座礁、エンジントラブル、ダイバー漂流・・・と、

ヒアリハットを含めると相当な件数があると思われます。

自粛解除後の油断しただらけた若者と同じではこまりますね。

もう1度気を引き締めて、コロナも感染予防をきっちりと、やっていかねば。

きょう外洋で漁をする漁師と話したら「昨日あたりから潮の動きも弱くなってきた」

と言っていました。。。あすからの連休ちょっと、期待です。

sango200722.jpg

ベタナギーゼだと
こういうの撮りたくなっちゃうんだよね。
でもうまくいかないことがおおい(ーー;)

goshiki-itohikibera♂200722

レアではありますが
撮るのは相当苦労する
ゴシキイトヒキベラの♂

abura-yakko_yg200722.jpg

アブッラヤッコの幼魚。
どこにピントを合わせて良いのか?
よくわからない。

潮がキツい! 

新月の大潮でなんとか彗星がみられるのかもしれませんが

とにかく流れがキツい、早い。←速いじゃないくて変わる時間が早い。

普段は流れないところまでバリバリ流れるので大変です。

潮流とは無縁のどよ~んとした内湾が唯一安心できる場所(笑)

肩が痛くてBCも着られない、スーツも脱げないゲストを

ガンガン流れているところに連れていくのは・・・しのびない。

ので、とよ~~んどろ~~んなところで、ノンビリゆっくり潜った1日でした。

beam curtain

まったく新しいポイントです。
beam curtain ビームカーテンとでもいいましょうか?
天使の梯子系なイメージです。
潮回り、日差し、時間、人数などに制限がございますが
この素晴らしい光線を是非体験してください。

akane-daruma_egg200721.jpg

アカネダルマハゼの卵
すげぇ撮りやすい。

benihire-itohiki_yg200721.jpg

深場のベニヒレイトヒキは
小さくてもちゃんと尾びれが紅色。

さ、あしたもベタナギーゼ!

真夏が戻ってきてうれP 

弱い南の風、波のない海面

強い太陽光線を浴びながら

船を走らせて受ける風の心地よさったらないね。

紫外線でコロナもやっつけられてさらに心地よい。

どのポイント行ってもダイバーが少ないので気持ちが良いし

まだダイバー被害がすくないからサンゴなどが元気。

いいこと尽くめなんだけど・・・ゲストがず~~~っとひとりしかいないのは

とっても寂しいっすねぇ~。

とりあえずは連休明けの7/27までは平穏無事な真夏が

満喫できると思われます。

eso-karei200720.jpg

エソがばたばたっと動いたと思ったら
モンダルマガレイygを咥えていた。
自然の驚異だね。

kai-kani-ebi20720.jpg

イソバナの1か所に
タカラガイ、イソバナガニ、イソバナカクレエビ
3つも一緒にいるのはとてもレアだとおもう。

hime-aogihaze200730.jpg

ゲストの邪魔をしないように
軽い気持ちで撮った2枚のうちの1枚。
ほんとにきれいなヒメアオギハゼ。

晴れると思ったけど 

朝、蝉しぐれでおこされ

「あ~やっと夏に戻ったぁ」と思ったのもつかの間

また雨が降り出して、、、、割と普通に降ってきた。

あらら・・・器材干してたらdぽうしましょ。

などと心配したけど、大丈夫だったみたい。

無事1便でお帰りでした。

つづいてフェリーでやってきたゲストのパツキンおっさん。

肩が痛くてスーツの脱着やBCの脱着が出来ないらしい(笑)

みんな、どんどん歳とっていって、客もガイドも老人・・・老老ガイドじゃん。

でもがんばって毎日3本潜って、イトヒキベラも追っかけます。

teguri_sp200719.jpg

これって何テグリ?
セソコでもないしもちろんミヤケではない。
bartels dragonetというのにとても似ている。
そ、そして、昨日のコウワンテグリygとしたのは
ひょっとしてこいつの幼魚ではないか?
と思い始めている。

tsukinowa-itohiki_yg200719.jpg

今年初のツキノワイトヒキyg
かわいいねぇ~

hashibuto-umitake200719.jpg

ある特定のサンゴでしかみられない
ハシブトウミタケハゼ。
サンゴは大切に。

毎日バケツがひっくり返るほどの雨 

7月も半ば過ぎてるのに雨ばかりで夏はどこ行った!

無策の全面解除のおかげで全国的にコロナも増加中だし

どう責任とるんだよ!アベ。

まったく踏んだり蹴ったりな2020年。

しかしオリンピックまだやる気なんだね・・・・呆れる。

わりとダイバーが増えては来てるわが村ではありますが

まだまだ少なくてダイバーによるサンゴの被害や生物への影響は

少ない感じがします。。。

やや内湾環境のポイントなどはいつも大型店舗のバカなガイドなどに

巣穴をフィンで踏んづけられ続け、ハゼの生息数が激減してけど

今年はちょっと持ち直していて、ちょっと嬉しい出来事でした。

もう2年ダイバーが来なければ20年前に近くなるかも・・・・無理か。

大人気のニシハマはすでにサンゴがボキボキ折られていて・・・悲しいね。

コロナでダイバーが少ないけど、この状態が適正だと思うこのごろ。

雨ばかり降っていつも暗いので小さなものしかガイドできないさぁ~

shirobonbon200718.jpg

10m先からでもわかる
交接中のシロボンボン。
迫力あるねぇ

oogochou-isohaze200718.jpg

今年初のオオゴチョウイソハゼ。
雌ですけど(笑)

kouwan-teguri_yg200718.jpg

オオゴチョウ探して目を凝らしてたら
見つけたコウワンテグリのちび。

正確で適切な、データがあればこその安全 

今朝は酷い雨・・・ほんとに酷かった。

7時まえから60mmだとかの豪雨警報が間髪入れずに入ってくる。

8時には94mm?とか信じられない雨量である。

ゲストには「様子見ますので待機してください」と連絡し

スマホで雨雲レーダーとにらめっこ。

どうやら8:40には酷い雨雲からは脱出するようで、

その後もたいしことはなさそうだし、30分遅れで行きましょう!と連絡。

こんな時にダイビングするのはうちとシーサーくらいなものであるが

やはりうちとシーサーだけだったようです(笑)

レーダー通りに激しい雨雲は去っていったので通常に2本目へ。

そして、いつものように3本潜って終わりましたが

「よく行きましたねぇ~」って言われるけど、ちゃんとした、正確なデータの提供があれば

安全は担保できるものです。沖縄気象台のように安全の担保のために

予報を酷くしたり範囲を広げたり、大げさにいうのはいかがなものか!

正しく正確なデータを理解して行動することこそ、安全は担保されると思うのです。

ほと、マジで沖縄気象台の予報官とその責任者と話したい。

あすからは・・・だいぶマシ。

tsumajiro-okoze200717.jpg

1㎝あったかな?
ツマジロオコゼの子ども。

seboshi-umitake200717.jpg

ウミシダのこんなところにいた
セボシウミタケハゼ。
全然逃げなかったね。

akahoshi-kakureebi200717.jpg

アカホシカクレエビが好きかも。

熱低崩れは想像以上だった 

軽い気持ちで朝出て

2ダイブ分のタンクを積み込み

風を避けるポイントへ向かって船を走らせる。

途中で太陽光も出てきたのでさらに軽い気持ちになって

午後から酷くなる予報も知らぬ存ぜずで14:30出航。

久場島まで雷雨がやってきていたけど・・・・。

こんな時はブイのあるニシハマ!

ってことにしたけどブイの50m手前で激しい雨。

潜ってる最中も暗くて雷がやたらと光り、雨音が絶えない。

それでもいろいろとガイドすることが出来たのでよかった(#^.^#)

indokaeru-yellow200716.jpg

2週間前あたりにマジャではみていたけど
これが初撮影の「おれの夏」

senasujibera♂200716

セナスジベラのオスが色気だして
ブンブン飛んでた。


benten-komon200716.jpg

なんだかたくさんいた。

熱低崩れの強風&カタブイ塊 

よ~く晴れてるのに

ず~~~っと南から黒い雲が来るのが見える。。。

潜ってると激しい雨音・・・やられてるね(笑)

船に上がると、なにもかもがびしょ濡れ。

しばらくするとまたしても灼熱地獄・・・ナイロンのTシャツだとすぐ乾くね。

夏って感じがして、とてもいい気分。

7月いっぱいは台風の心配もすくないみたい。


diverdeba200715.jpg

真っ向からのデバストリーム!
全然サンゴに降りてこない・・・
これぞ!ストーム。

umihirumo-hana200715.jpg

ヒルモ畑で雄花が咲いてるのを発見。
5~6個だったけど、可憐な命のつなぎをガイド出来て良かった。

awairo-koban_yg200715.jpg

今年は・・・多いぞ!
アワイロコバンハゼ。

いつまで続けられるんだろう 

きょうが東京で100名台・・・2日連続で200を切ったが

以前として高水準には違いない。

全国的に増加傾向にあって、バカな若者が10万円の給付金で風俗行ってる?

嘆かわしい!ほかに使い道あるだろ!

ね、こんなひとたちが感染をひろげていくんだよね。許しがたい。

対策万全ではない店と、その店に行った客、両方に罰則与えないと

いつまでたってもなくなりゃしませんてばよ。なくなることはないけど・・・。

んで題名の「いつまでつづけられるんだろう」になるわけですよ。

それでなくても、いつまで続けられるかわからんのに。。。(笑)

aoumigame200714.jpg

イソバナで背中を掻いてるようにしか見えなかった
もっと固い方がよくね?

daruma_yg200714.jpg

Y字のサンゴにダルマハゼygが・・・
最高のシーンでしたが・・・。

hama-kumanomi200714.jpg

小さな小さなハマクマノミの子ども。
しかも3本線。。。母(ではないけど)も一緒に。

待ちに待ったベタギーゼだが・・・ 

遥か彼方のフィリッピンあたりに熱帯低気圧が・・・・

台風にはならないらしいけど与那国経由でこっちにも来そうで

16日前後の天候が芳しくないみたいす。

風も10m近く吹くと、WINDYは予想してるので船の欠航も視野。

これが過ぎて19日からは高気圧の張り出しが強くなるようで

安定した「夏」が満喫できそうです。

そして連休! これが問題ですが、いまのところ真夏な感じでございます。

きょうはアイドル三昧な3本でした。

simulans200713.jpg

もっと大きいのもいましたが
こっちの小さい方を撮りました。
葉っぱとの対比を狙ってみたけど
コンデジじゃ限界があるね。

montsuki-kaeru200713.jpg

モンツキ狙いだったけど
本年度初でしたのでどれだけいるかは未知数。
10匹くらいはいたかしら?
まだまだ成長するので8月あたりは
モンツキ畑になってるかも。。。

hanagonbe_yg200713.jpg

「探してみましょう」と半信半疑で行ってみた。
まずは4cmくらいのまだ幼魚の斑紋がかろうじて残ってる。
つぎは3cm。。。幼魚のとしてはやや大きい。
そのうえには2cmの幼魚が!
素晴らしい色合いでした。



ベタナギーゼな夏がきたぜ 

風が南東になって潮も小潮に向かってるし

静かな海がすぐそこまできています。

すべるように滑走する船に乗るのはとても気持ちがいいですね。

是非この時期に!

っていってもコロナでいろいろ大変でしょうが

阿嘉島は観光客も少ないし、みんなが気を付けているので

大きな空港のある島よりは安心だと思っています。

是非ジャパン・パンデミックの前にどうぞ(笑)

本日沖縄は感染者ゼロだったらしいです。 米基地腹立つ。

sangodiver200712.jpg

ヒズシのサンゴは元気です!

kirin-mino_yg200712.jpg

小さいけれど
毒は一人前にありますぜ

kanzashiyado200712.jpg

カンザシヤドカリの
素敵な感じはいつも探しています。

風も弱くなり・・・いよいよです 

太平洋高気圧の張り出しが強くなり風も弱く

やっと・・・やっと南西の風から解放されて明日から南東になる。

西側からのへんてこりんなウネリも消えていくだろうねぇ。

このあと・・・やってくるかも・・・・無風ベタ凪のケラマ。。。。いやっほ~。

陸上では地獄のように暑く、息もできないくらいになる。

そんなときに遭遇したゲストは幸せですなぁ~

蝉しぐれがすごいです。

aoumigame200711.jpg

ウミガメは神の化身

sangodiver200711.jpg

元気いっぱいのサンゴは
元気をくれる

ogasawara-kaikamuri200711.jpg

いちおうオガサワラカイカムリにしたけど
被ってるものがちょっと違うし・・・違うかも(笑)

弱まる気配もないけど・・・ 

ず~~~っと吹き続いている南西および南風。

大潮から中潮に変わって幾分よいけど

風がやまないのでいつまでたっても波がなくならない。

そしてポイントが限られていくのでみな困っている。

同じポイントでも全然大丈夫です!とは言ってくれるけど

なぜか沖縄のガイドは同じポイントに行くことに罪悪感を感じるのでした。

しっかし、きょうのウフタマでのタンク叩きは酷かったなぁ~

野別幕なくたたきやがって、うるせぇ~んだよ!まったく。

BPとシーサーしかいなかったのでどっちかなんだろうが。。。。。呆れるわ

違うやり方あるだろうに。あぁ~うるせー

diver200710.jpg

ニシハマはとても気持ちが良いけど
どんどんサンゴが踏みつぶされていくが
辛い。。。

hamakumanomi_yg200710.jpg

3本線のハマクマノミ幼魚。
色も濃くて素敵でした。

yaito-ginpo♂200709

きのうのだけど・・・ヤイトギンポの♂。
以前とは少し違う場所で生息していました。
まえより撮りやすい(笑)









南からの風が強くて 

大潮で流れも強いのでハンタの崎とかでは

三角波になったりして危ない。

そんななので行けるポイントも限られちゃうし

潮も早いからさらに限られちゃうね。

でもみんなコロナの影響で久しぶりなので

とにかく海に入ってればご機嫌なので・・・助かります。

とにかく天気が良いのでみんなご機嫌です。

akahoshikakureebi200709.jpg

卵を抱えてるアカホシカクレエビは
久しぶりに見る気がします。

moshioebi-sp200709.jpg

なんていうエビなのかハッキリとしない
モシオエビ属だろうとも思われるエビ。
もうちょっと鮮明な写真か特徴がわかるイラストつきの
ハンドブックとか出してほしいよね。

のんびりもきょうまで 

あしたからしばらくお仕事が続きます。 が、

ついに出ましたね、沖縄県の感染者。

基地内で出たのでその関連かとおもったのだが・・・どうも違うみたい。

東京はひさしぶりに2桁だと喜んでいるようだけど

まだまだ気が抜けない日々が続きます。

何回かどこかに書いたけど「食中毒と同じなので、出たら営業停止」の罰符!

これが1番良いと思いますわぁ~早く法改正とか条例とかやってください。

簡単じゃないのは承知していますが・・・予算もないのに自粛要請できないでしょ。

そういえば沖縄県の自粛要請協力金はいつもらえるのかなぁ~

使い道決めてるんですけど(笑)

isoginchaku-modoki-kakureebi200705.jpg

-6mにあるイソギンチャクモドキはずっと
ながいこと空き家で、去年の夏に1匹みつけたんだけど
その次はいなくなっていて寂しい思いをしていました。
先日、ふと真ん中の口に部分に違和感があったので
ちょこっと触ってみたら・・・出てきましたよ、ちびちびが。。。。
どうか、このまま居ついてほしい!
イソギンチャクモドキカクレエビ(長い!)でした。

容器返却 

先日、となりの渡嘉敷島から鮮魚の出前を受けた。

FBをご覧になった方は詳しいかとおもいますが

ヴィブジョーというDSを営んでいる番田タケルという後輩が

リスペクトしている先輩に(笑)是非たべてもらおうと

前からuBAN eatsというデリバリ企画をしてたらしい。

コロナで自粛を余儀なくされてた時期に漁師に戻っていた彼が思いついたのだ。

大漁でも時化てれば渡れないし、ベタ凪のときには不漁だったり・・・・うまくゆかぬもの。

が、先日5日の夕方にうちの顧客でもあるH・セイコと共に阿嘉島にやってきた。

クーラーの中にはとりたての魚がいっぱい!10匹くらいあったかなぁ~。

いまは毎日のようにいただいていて、こんなご時世のときにありがたい。

そこで今日はuBAN eatsのデリバリ容器(クーラーボックス)を返しに

とかしくビーチで落ちあい、容器を返却。もちろん中にはのどを潤すものもいれてある。

ついでにトカシクビーチ(ポイント名は海人)で1ダイブさせていただきました。

お礼にカザリスズメダイとヤクシマカクレエビをみつけてやりました(笑)

おれ、なんて良い先輩なんだろ!


きょうトカシクビーチで撮った3種類。。。これしか撮らなかった(笑)


chukoshioriebi_sp200707.jpg

名前は不明
チュウコシオリエビの1種かなぁ~

hatatate-ginpo_sp200707.jpg

ゼスタスだと思うけど
体側の模様が若干違く見える。

yakushimakakureebi200707.jpg

とても小さなアワサンゴにいた
ヤクシマカクレエビのちび。
無事に成長してほしいものです。

きょうから始まりました 

ことしの2月~5月までの4か月もの間開催してた

「オケアノスとゆかいな仲間たち写真展」が阿嘉にやってきました!

場所は、慶良間諸島国立公園さんご・ゆんたく館。

7/6~19日の2週間ですが、森山作成のスライドショーも上映しているので

是非お立ち寄りくださいませ。

しかし、暑いですねぇ~

1日1~2回はすごい雨が短時間降るので

洗濯物がやられると大変なので気が気じゃなかったりします。

さて海の中のこと・・・・

水温は27~28度ときに水底で26度になっていたりと安定してませんが

とても快適に潜れます。

魚も爆発的に増えてきて、幼魚だらけで楽しすぎ。

darumahaze_yg200705.jpg

ダルマハゼのすげーちび
あどけないねぇ~

mikado-cho_yg200705.jpg

数自体少ない
ミカドチョウチョウオのちび

akanne-daruma_yg200705.jpg

アカネダルマハゼのすけすけなチビ

onaga-suzumedai_yg200705.jpg

結構小さいオナガスズメダイです。
おとなしかったぁ~

そこそこ暑い 

朝は曇り空でちょっと涼しくて

「ひょっとしたら寒いんじゃないの?」と不安がるゲスト(笑)

午後からは太陽もサンサンと輝いて熱くなっては来たが

まだまだ灼熱には程遠い。

でも、空の雲は夏の雲。

海も透明度を増し風も弱くなってきて静かに・・・・

しかし、東京都は増える感染者に手を焼き、ついに自粛の要請をした。

水戸黄門か!

hatatate-ginpo_yg200703.jpg

ハタタテギンポのすっごく小さいやつが
葉っぱみたなのに乗ってたので
ダンゴウオ風に撮ってみました。

musuji-koban_egg200704.jpg

ムジコバンハゼと思われる子の卵。
また産んだばかりなので真っ白だね。

benihirenise-montsuki200704.jpg

ベニヒレイトヒキベラとニセモンツキのコラボ。
奇跡の1枚だね(笑)

このままで良いわけはない! 

東京都は昨日7/2 107名

そして本日7/3 124名 の感染者。

予想はしていたものの実際に数字が上がってくると

怖いものがありますね。

この数字があとあと拡散していくわけですから・・・。

那覇もひどいことになりそうですが県として独自の対策を発表しました。

直近1週間38名になると第1弾警告が発令され2と3と4まであって

4は全面的に外出も渡航も禁止になります。

今日のOZには基地のアメリカ~がいっぱい

もうすぐ夜の街関連のひとたち何十名も座間味にくるらしい。

アホ面してマスクもしないえハシャイでるひまはないですよ、村長。

「くるならいまのうち」です

deba-sanran200703.jpg

ニシハマのデバスズメダイ大産卵場!
「あ、そこは産卵場なので避けて泳いでください」
っていってくれるガイドはひと握りしかいない我が村。
どうにかしたかったなぁ~

deba-nup200703.jpg

眼がこわい!

戻り梅雨も終わって 

今日の天気予報は雨だったけど

雨のちくもりに変わって、午後見たらくもりになっていた。

これじゃよほうじゃなくて実況でしょ。

いまはよく晴れてるから晴れになってると・・・そこまで図々しくないか(笑)

しかし戻り梅雨もおわってあすからは当分真夏

うちもひさしぶりにゲストがいらっしゃいます。

今日も保全の合間にスズメダイ他の調査をしてきました。

アツクチのygはまだ確認できなかったけど

小さなルリホシygやオジロが増えてきて、今年初のインドカエル黄色を確認。

ちょっとした隙に見逃してしまったので写真はございません。

面目ない。

あしたから何日かは撮りおろしをUPできます。


gurukun_yg200701.jpg

きのうのニシハマ。
スカシテンジクダイに見えるとはおもいますが
実はクマザサハナムロの子どもです。
自然光なので
ちょっと流れてます。

最近よくいくなぁ保全 

暇だからってのもあるけど

潜ってないので体が求めているのかしら?

ゲストもいなくて気が楽だし

TG4持って「おっ!」ってのも撮れたりするから

なんか気にいってるんだろうね。

3日の金曜日からゲストがくるので、準備もあって様子見がてら。

デバスズメダイygが突如(笑)てんこ盛りになってますぞ!

3日からはずっと晴れるみたいだし、いまが見ごろ撮りごろタメゴロー、ってんだ。

kurosuzumedai_yg200701.jpg

クロスズメダイのちびもわんさか出てきました。