FC2ブログ

あしたから6月 

早いですねぇ~、もう6月

な~~~にもしてなくても月日は経つんだね。

6月はすべての予約がキャンセルになってしまい

6都道府県の渡航は遠慮していただきたい。

などと県も村もD協会もいうので御断りもしなければならなくなりました。

東京からは山ほど渡航している(たぶん)し、座間味村にも来てるとおもうのに

営業できないのは残念でなりませんが、これが島ってことですわ。

要請には従う。と明記しましたので、仕方がありません。

ところで、きょうは「日本ダービー」でした。

あのディープインパクト産駒のコントレイル号がみごとに無敗2冠を達成

父ディープインパクトも遠い空から見守り、喜んでいると思います。

しかし、強かった!

先頭にたったゴール前100mで鞭3発でさらに加速し3F34.4くらいで上がってる

まぁ、ずっとスローペースで上がりだけの競馬って感じでしたけど

2着のサリオスとはさらに決着がついちゃったね。2度と勝てないかな。

上手に夏をすごして、秋に成長し菊花賞もぶち抜きで勝ってほしい。

天才騎手故福永洋一の息子福永祐一騎手は「遊びながらダービーを勝ってしまう馬」

と勝利インタビューでコントレイルを評した。


kusairo-moumiushi20-0530.jpg

米粒1/3も無いような、
とても小さなクサイロモウミウシが
コテングノウチワの上部縁を歩いていたので
思わず撮ってしまった。。。
横にはさらに小さいのもいたけど
まるで見えないので・・・こちらに全力投球。
眼の上に変な黒いものが肉眼でも見えて
なんだろ?前髪みたい(笑)
などと思いながらの撮影でした。

ファンダイビングはいとたのし 

サンゴの調査だとか、魚類調査だとか、

いろいろ託けては潜りに行ったりするけど

自粛→休業要請となってからは収入ゼロなのでチャージ代も大変で

なかなか行くチャンスがなくてストレス溜まってたけど、きょう行ってやった(笑)

まず海草の生え具合を点検しながら草に隠れてる生物などをチェック!

おおぉ~~~初タマシイを2個体発見。1匹は3mmくらいかな?

きょうはデジイチを持って入ったのでかなり難しかった。

しょぼいAFは全然役に立ちませんがな。。。AEロックバリバリです。

あしたも行きたいなぁ~~~電池切れでダイコン使えなくてこまったなぁ。

aosahagi-sp20-0530.jpg

アオサハギは沖縄にいない!
などと小耳にはさみ、テイラーだとか書いてましたが
尾びれの付け根の白点はアオサハギにもあることが判明し
どうしてよいのかわからなくなったオヤジである。

今夜は産卵観察会のリハーサル 

世界で唯一の授業「サンゴ産卵観察会」の時期となり

きのうは初練習をしました。

わたしは高学年組の担当なので、いままでの復習など軽い練習。

水面に浮いた状態で観察するのでバランス、微調整、休憩の体位など。

マスククリアーもばっちりなので、何もすることがありませんでした。

そして今夜は本番と同時刻で行うリハーサルです。きゃー暗くて怖いよぉ~

などという子はひとりもいないのでとても助かります。

本番は産卵が19:45あたりなのでそんなに暗くないけど、海の中は暗め。

産卵が終わるころは真っ暗なのでビーチへの帰りは夜そのもの

みんな無事にみられるといいねぇ~

madara-haze20-0526.jpg

先日の漁港ダイブで見慣れないハゼが卵を守っていました。
調べてもはっきりしないのでその道の権威瀬能博士に
尋ねてみたら、マダラハゼで良いと思います。ってことでして、
図鑑と比べてもしっくりはしないけど、他にないし。
これマダラハゼ属という1属1種のハゼで内湾奥に単独で生息。
と書いてある。。。でも卵があるってことは雌雄で複数いるってことです。
もう1度見に行かないと!
卵が気になってアップになりすぎちゃって
守ってる親が近すぎてなんだかわからくなってる典型的なダメ写真。

1番嫌いな仕事をやっつけた 

なにが1番嫌いかって、

船底塗料の塗る仕事。

ペンキ塗りは嫌いじゃないけど

船底にペンキ塗るのは大っ嫌い。

寝転んで塗るんだよ、信じられない

顔や目に細かいペンキが跳ねて、しみるし

シンナーでずっと気分悪いし

出来ることならやりたくないけど

塗らないと海藻がいっぱい生えて大変なので

1年に1度だけ、塗ることにしてます。

それがきょうやっと、重い腰を上げて作業して

9:30から始めて途中で道具作成しなくてはならなくなり

無駄な時間を取られたけど、13:00には終わった。

やっぱり3時間くらいかかるにゃ~~~。

まだ気持ち悪い。。。

kiirosango-haze20-0526.jpg

通常のポイントではみられない
キイロサンゴハゼ。。。写真は阿嘉漁港で。
ツルっとした感じでかわいいね。
産卵時期を迎えておなかの大きな♀も
いました。

連続参加は珍しい 

阿嘉のボランティアで行う保全活動は毎週行われる。

わしら独自の方法により週担当のお店が日にちや時間、場所を決めて

全店にメールで通知して参加者を募る。。。のだ。

こうすることによって「全店の参加」が可能になり後ろめたい思いが少しで済む。

最近は向かいの島もそこそこ実施しているようで喜ばしいが

隣の島は相変わらずその場しのぎの出たとこホイのご都合主義である(笑)

きょうは西風がとても強く、ニシハマは潮が強く・・・またマジャでした。

今年はひょっとすると、梅雨明けすごく早いかもねぇ~~~

kazari-kyuusen20-0527.jpg

ケラマ海域ではごく普通にみられるカザリキュウセン♂
15~16種のキュウセンが見られるけどこの手の派手な
♂はとても見ごたえがありますねぇ~。
クマドリ、アミトリ、ゴシキの3つがなかなかいないのが残念。

いまが撮り時 

きょうはいつもの保全活動

9:00に出港してマジャへむかいます。

来月行われる小学生高学年のサンゴ産卵観察会のための

ブイの設置と周辺環境の調査と・・・・保全活動を兼ねてのマジャ。

数か月観光客が泳いでないこのときに状態を撮影しとかないと!と思い

わたしはリーフのエッジや干潮になるとフィンが当たりそうなサンゴを。

気のせいかシロレイシが少ない気がするんだよねぇ

人が泳いでフィンで蹴ったりしてストレス溜まるのかな?

妙な水流おこしたりさ、手で触ってみたり、変な振動があったり・・・。

ま、気のせいだと思うけど。

maja1-20-0526.jpg

あまりワイドじゃないけど
元気そうなサンゴでしょ?

なぜか皆さん船降ろしたり・・・ 

6/1の営業再開に向けての活動なんだろうか?

何隻かおろしましたねぇ~

オケ号最後まで悩んで、おろしませんでした。

船底見たらあまりにも汚いのでやっぱりペンキ塗ろうと思い

おろすのをやめてスロープ途中で止めてもらいまして

昼から張り切って塗っちゃおう!とか決意したのだが・・・・

(なんせ1番嫌いな仕事なもんで)準備も整ってさぁやるか!

と中途半端に余ってる2缶開けたら・・・ひとつは固まってた(T_T)

わずかな隙間があったんだね・・・とんだどんでん返しだよ。

これじゃ足らないので、漁協へ行って注文してきました。。。

が、なんかやる気なくなってる。

laser-beam0190724_2020052516235141c.jpg

2019/7/24 撮影のレーザービーム。
ここ数年はここも人気になってしまい
行くたびにダイバーに出くわしちゃうようになった。
この太いのや細いのが幾重にも重なるように差し込んでくるのは
潮や太陽の位置などで微妙に違ってくるのよね。
ま、そんなことも考えずにただ単にここに連れてくるんだろうけど。
「ここは光をみにいきます」と言ってENするんだ。
そんなところに10名も連れていくバカ野郎に
ろくなガイドが出来るわけがない。


久しぶりに晴れて 

朝は少々曇りがちだった空も次第に雲が薄くなっていき

11時ごろには気持ちの良い晴れ間が現れてくれた。

やっぱり気持ちいいね!

鉢植の植物たちも太陽をいっぱい浴びて活き活きしてる。

先日挿し木してやっと葉が出たハイビスカスも元気。

たのしみだね。

あしたは何週間ぶりかに船をおろします。

エンジンかけて海の上は滑走させないと、可哀想だ。

陸にあげてばかりじゃエンジンの調子も悪くなっちゃうよ。

あぁ~でもまだペンキ塗ってない(T_T)

sangodiver0190929-1.jpg

2019/9/29 撮影のワイドなカット。
天気の良い日にのんびりと潜りたいねぇ~
早く普通に戻れることを願って。

雨ばかり・・・ 

梅雨だからね、雨は降る。

でもなぁ~降りすぎってば。

通常の3倍くらい降ってる感じ

あふれるほど降ったってあふれた水は流れていくだけ。

本島のダムはパンパンなんじゃないかしら。

あすは少し小康状態で曇りの予報で

月曜日あたりから晴れ間が出そうな天気図にみえるけど

予報はず~~~~っと曇りと雨のマークで

直前にならないと正式な予報は出さない沖縄気象台。

なんだかねぇ~

darumahazeegg0190714_2020052316143175f.jpg

2019/7/14 撮影のダルマハゼ。
常にオーバーユースのニシハマの中で
最もダイバーが行く根にあるダルマハゼ。
膝いてよい位置にあって隙間の大きなショウガサンゴなので
産卵などの観察がとてもしやすい。
根からやや突き出たように生えてるので
ダイバーのフィンでよく折られていた。
今年はまだ折られた形跡はないが、
また潜り始めてあちこちのサンゴがフィンによって
ポキポキ折られるかと思うとこのまま自粛でもいいか。
ま、出来の悪いガイドと中世浮力の取れない
自分が潜ってどれほど壊しているのか知らないダイバーたち。
一体、いつになったら気が付くんだろうねぇ。


映画のはなし 

きょうは朝から雨。

昼前後には勢いよく、大粒の雨が、横殴りでふってた。

こんな日はのんびりとお気に入りの映画をじっくりと観たい感じ。

ここ数年間で劇場、WOWOWを含めて結構な本数を観てる。

どれも印象深くて「失敗した」のはあまりない。

どうしてもって訳でもないけど、絶対にもう1度観たい映画に

「晴れの日は会えない 雨の日は君を想う」というのがある。

主演は「ブロークバック・マウンテン」などのジェイク・ギレンホールと大好きなナオミ・ワッツ。

監督が「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン・マルク・ヴァレ(ゲイが多いね)

原題は「Demolition」デモリッション(解体?)

物語は美しい妻のナオミワッツが交通事故で死んでから始まっていく。

涙も流さず、悲しみもないような無表情無気力男が次第にサイコ的になってゆく。

どうにもねじ曲がったストーリーが面白く、音楽もとってもいい。

この監督は音楽センスがいいよね。ダラス・・・ではTレックス使いまくってた。

興味がありましたら、ぜひご覧ください。



予告編・・・・これだけでも泣きそうになる(笑)

https://youtu.be/_qdbBl9hysM

主題歌の Half Moon Run - Warmest Regards 
これがまた素晴らしい!映画のシーンが浮かんでくるくらいマッチしてる。
このひとたち、なかなかいい感じです。

寒さがつのります 

きょうは朝から肌寒い。

16:50現在で20度しかない・・・まるで3月のような感じ。

薄手のヒートテックをだしてスエットの下をはいてる。

昨夜ベランダで焼鳥焼いてたとは思えん(笑)

コロナでゲストが次々とキャンセルしてゆくし、寒さがつのります。

アベさん記者会見するのかしら?近畿3県?の解除宣言するのかなぁ~

首都圏の1都3県はどうなるんだろう。ほんとに挫けちゃいそうです。

八重山はサンゴ産卵したかなぁ~

deba-storm0190816_20200521165459375.jpg

2019/8/16 撮影のデバスズメダイ。
ものすごい数のデバスズメダイがブワァ~~って
流れがすこしあって、サンゴに出入りするさまを
デバストームって呼んでます。
はやく見たいものです。

意外な盲点 

自粛生活も2か月になろうとしている

随分となれたもんだけど、やっぱりゲストがいて海へ出る。

これが日常なので気持ちも体もすっきりしない毎日。

運動不足にもあり体重が最近みたこともない数字になってきたし

すこしは運動しないと!と思い

夜日課にしている腕立て30ホイール10腹筋50に加え

朝と夕方にラジオ体操をしている。

そのラジオ体操って、長年聞きなれたあのピアノの連打が始まると

自然と体が動き始めてるってことになってると思っていた。

しかし、音楽も手本(ビデオ)が無いと途中でつっかかることが分かった。

第2に至ってはつっかかるどころではなくわからなり止まってしまうのでした。

身体にしみこんでいると思っていたラジオ体操・・・実は条件反射だったのだ。

パブロフの犬である。。。。(笑)

ついでに毎日のランチは炭水化物抜きの低カロリー野菜スープのみにし

少々のダイエットも行っているが、体重は1kgも減っていない。

ao-beni0191025_202005201635369cc.jpg

2019/10/25に撮影したベニハゼの1種-Trimma maiandros
いつ付いたのか?アオベニハゼとネットでは出てくる。
英名だとzigzagジグザグピグミーゴビーと出てくる。
初めて見たのは阿嘉に来て半年後くらいだろうか?
講習用に開発した{ギナ」の独立した根の-8mの窪み。
青っぽいへんなオキナワベニハゼだとずっと思ってた。
他のぽいんとでも時々見かけたけど、ギナのその場所が
浅くて1番見やすくガイドもしやすかった。

撮影は非常に難しくニコノスでは無理だったので
撮れたのはペンタックスLXをかってからのことでした。
それでも光を嫌がるこいつを真横からヒレ全開で撮るのは相当な難儀。
写真はTG-4で大人しい個体だったので偶然撮れたものです。




再開に向けて 

世間では再開にむけて盛り上がってますねぇ

大阪は独自のデータによる段階的緩和政策で上手くいってるようです。

道頓堀っていうの?商店街などもにぎやかですね。

首都圏はどうなるでしょうか?群馬は解除しないでくれ!とか・・・

神奈川県は全国1番だったり、東京も感染者の数にバラツキがあり

相変わらず経路不明者がおりますねぇ。東京が一番おそくなるな。

沖縄もどうなることやら・・・21日にある程度ははっきりしてくるのかしらねぇ

宿も恐々

ゲストも恐々

どうしたもんでしょ。

anamori-chu0190818_20200519161650527.jpg

2019/8/18 撮影のアナモリチュウコシオリエビ。
アナモリすごもりザル大盛り!
・・・冴えてないな、おれ。

激しい雨が降る 

ないと思ってたら、出来てたね・・・・熱低!

あまりにも小さいので気が付かなかったぜ。

未明にものすごい量の雨が降って目が覚めた。

なんだ、ちゃんと降ったじゃん(笑)

激しい雨が降る A Hard Rain’s A‐Gonna Fall ボブディランの名曲で

ディランをほとんど聞かないわたしにとってディラン本人のより

レオンラッセルのカバーのほうがたくんさん聞いているし、こっちが好き。

ディランの歌詞は訳されていてもディラン自身の意図がつかめないものが多く

ノーベル賞でこの歌をパティスミスが歌ったときも良くわからなかった。

反戦歌であることは分かるんだけど・・・雨って爆弾とか銃の玉かな?CCRだ、それ。

いまならコロナウイルス?静かにそっと激しい感じだけど。

まぁ人間の生活の根底「接近して会話」をさせてもらえないウイルス、恐るべし。

あ~あ~、いつになったら普通になるのかなぁ~

diver0190727_202005181626372cb.jpg

2019/7/25 撮影

外洋に面した浅瀬の岩盤。
夏にはこんなところで
まったりするのが楽しみのひとつです。

雨も降らず 

台風台風と騒いだ割には海もあれず風も吹かず

雨さえ降らないのはどういうことなんだろ?

あしたは降ってくれるんだろうか?

あれだけ「沖縄接近!」と騒いだ夕方のニュース天気担当のひと

日ごとにかわる沖縄の天気は大変でしょうが、よろしく頼むよ。

沖縄気象台の予報官をぶっ飛ばせ!

しかし、とてつもない湿気だ。

tonneru0191105_20200517162120889.jpg

ジメっとする日は
こんなところで涼みたい

田舎は早いぞ! 

本日、午前中に定額給付金が振り込まれました(たぶん)

大都市では申請に混乱があり、随分と遅れているようですが

沖縄の小さな離島は住民数もたかが知れてるし、迅速にやってくれました。

これも村長が「はやくする」のひと声で役場職員が

がんばってくれたからであるわけで、ここはちゃんと褒めてあげたい。

普段は仕事しないけど「鶴の一声」には弱いのよね。

でも助かります。ありがとう。

気温が30度もあり、南からの湿った空気が・・・・たまらんぜ。

diver0190713_20200515172052f3f.jpg

2019/7/13 撮影
ニシハマ・メインでのみんなの浮上シーン。
帰る場所がちゃんとあるっていい事です。
なんのこっちゃ。

1号寄ってきたね 

進路予想図の中心が18日15:00で那覇に向かってる

ような方向で示してますが・・・いつものことではあるがどうかな?

台風ではなく熱帯低気圧にはなってると思うけど

一応は低気圧だし、南側を通過するので用心にこしたことはないね。

まだなにも仕事していないのに台風対策なんて絶対に嫌ですわよねぇ~

あ~~~早く給付金振り込まれないかなぁ

持続化のほうもちゃんとしてるのか確かめたいけど・・・・受付番号がJの4万番台じゃね。

そろそろ撮りおろしがなくなってきたのでワイドなのを。

ao-umigame0190629_202005141653563aa.jpg

2019年の6/29に撮影したアオウミガメ。
どこで撮ったんだろ?
綺麗なブルーだなぁ~
はやく普通に戻りたい。

ほんとに台風になった 

気象庁が自信をもって「24時間中に台風になります!」

とか言ってたらほんとに1号になりましたね。

5/13 で1号は1951年の統計開始以来8番目に遅い記録、らいいです。

んでもって天気図眺めてて「こっちは来ない感じ」だと安心してたら

こんな進路図だされちゃった・・・・

taifu2020-01.png

なんだよ、まるで直撃コースみたいじゃん。

暴風警戒海域まで丁寧にかいちゃってさ・・・・。

万が一、今台風が来てもだれも困らないからいいけど。

出来るかできないか分からないけど「ゆんたく館」でスペース借りて

ダイビング協会で写真展やれ~~~って協会会長命令があって

こんな時だし先が見えないけど準備だけはしとこかね。ってことで

スライドショーの元版の作成をしておりました。たっぷり半日かかっちゃった。

これ作っておけば、あとは画像を追加していけば簡単に出来るしな。

頼まれもしないのにこんなことばかりしています。

kani-fumei20-0320.jpg

石めくったら出てきたカニ。
名前もわからないけど
眼がモザイク状で口のあたりから
白い糸のようなものがペロンって2本。
きれいでもないけどなんだか面白いので。


梅雨も梅雨 

発表の3日前くらいから?じとじと降ったり

激しい雷雨だったり。

急に晴れたと思ったらまた降り出したりと

近所の奥様方も洗濯ものを入れたり出したり。

朝からさわやかに晴れていたとしても布団は干せないやね。

カビもいろいろなところに生えてくるし大変。

でも山の木々は緑を濃くし、鳥の鳴き声も冬とは違う

鉢植えの植物も立派な新芽を出して到来した梅雨に喜んでいるはず。

さて、先日いってきたスノーケリングで内湾スズメダイの調査。

まだまだ幼魚はやってきていないとはいえ

ネズygが1匹いたり、スジブチの成長したyg、ソラスズメダイygはいましたが

キオビスズメダイのygはもうちょっとあとだろうと思います。

梅雨が明けたころからどんどん集まってくるはずで

オケアノスにいらした方で是非みたいというかたはガイド・・・するかもです。

suzumedai-niwan20-0510.jpg

左上:シリテンスズメダイのyg
左下:キオビスズメダイ
右上:イチモンスズメダイygAd
右下:シマスズメダイ

お金がないので 

国や県などの給付金の申請で

クタクタじゃ~~~


nezu_yg20-0510.jpg

大好きなネズスズメダイの幼魚がっ!
きのうの調査でいまして、驚いたなぁ
こんな早いときに。
スキンでTG4だとこれが限界だな。
今度はデジイチもっていってきましょう。

天気も良いし・・・保全へ 

外出自粛要請のなか、運動のための散歩やジョギングが許さるので

協会ボランティアで行うサンゴ保全活動も良いだろうと続けている。

きょうはなんだかいっぱい来て・・・12名くらいいたかな?

写真撮ったけどあまりにも多く見え「3密」どころではなく

これじゃ密集すぎて叱られそうだと思って掲載やめました(笑)

保全個所は全然いけていなかったニシハマへ。

普段最も利用するエリアを6分ほど泳いで見回ってきましたが

数か月ダイビングで利用してないので小さなサンゴがとても元気でした。

-12mのキンメは思っていたほど増えていなくて、静かな感じ。。。

ひとが入らない分カスミアジなどの捕食者が我が物顔で食いまくってた?

という見方もあるけど、それが自然で当たり前なんだ。

ニシハマはとても久しぶりにやったのでいっぱい採れてたなぁ

300くらいのシロレイシを採捕しました。。。なんかね、魚が自然!

nishihama-chidimitosaka20-0510.jpg

いつも目にしているチヂミトサカ。
ダイバーに踏みつけられてないので
とても元気でいききしていました。
前はこの2倍はあったのになぁ。

lemon-suzume_yg200510.jpg

浅瀬では極小のレモンの子どもがたくさんいました。
コンデジではちゃんと撮れないす。

平和な日々ですこと 

朝、さわやかな日差しといい感じの風が吹き

家のてっぺんではイソヒヨドリの歌う声が耳に心地よい。

空に真っ白な雲が薄く伸びて青空にせまっている。

海岸ではいつもの波の音に踊るように転がるサンゴ礫たち。

姿見えぬウイルスが地球を脅かしているとは到底思えない光景。

島に観光客はひとりもいない小道や港で通りすがる島民と

かわす会釈が最大の接触だなんて・・・自粛というのもひどいものである。

夕方、近所のこどもたちっが潮干がりから嬉しそうに帰ってきた。

なんか、ほっとします。

kurosora-suzumedai20-0406.jpg

これは4/6に撮影したクロソラスズメダイ。
なぜかここの2匹、オス同士の争いなのか
威嚇しあっていた。
そのクセ近寄るとすぐかくれちゃう。
なんだヨワッチーじゃん。
港のクロソラはがんがん攻めてくるぞ。

ことの顛末 

以前「トビハゼ初記録!」とやったのを覚えてますか?

その後分類の権威から「トビハゼ+ミナミトビハゼ」の可能性が

あるといわれて、さらに驚いて「採取」出来ないか?と来た。

そこで関わったビジターセンターのひとと環境省に許可をとり

(ほら、国立公園だからね)

きのうの夕方採取してみた。

結構苦労して雌雄と思われる2ペアで採って

「やった~!明日送ろうかね~」などと浮かれていた昨夜。

暗くて写真にならなかったので今日の午前中に撮影しにって見た。

ペンタックスの古いデジカメにマニュアルのマクロ50mmをつけて

水槽から1匹づつ小さく平べったいアクリルケースにいれて撮る。

撮りながら・・・これってミナミトビハゼ?という疑問がグルグル回る。

撮り終えて家に帰り「全種の同定」で調べてみたら・・・・ミナミトビハゼだった!

ちっ!目的のモノとは別の個体だったのでした。

やはり・・・識別してから「釣る」のが1番良いのではないだろうか?

がんばりま~~~す。

ってことで、間違えて採取されたミナミトビハゼのアップです。

minami-tobihaze20-0508.jpg

かわいいでしょ?

むなしい報告書 

ディーゼル船の燃料は重油か軽油。

船外機というのは車のエンジンを縦に積んでるのでガソリン。

うちのオケ号は船内外機というやつで船の中にエンジンがあり

シャフト軸が船外のドライブ外機のプロペラを回す構造になってる。

ディーゼルなので軽油を使用しているんだけど

燃料などには税金というのがかかってる。。。が、軽油は免税制度がある。

いわゆる道路税が免除されている形になっていて

1リットル当たり何十円か免税されるんだけど、軽油使用者認定されて

毎月の使用実績報告書などをきちんと提出しなければならない。

半年ごとに申請して「免税証」が配布されてそれで免税される。

足らなくなると面倒なのでいつも多めに申請してるけど、4月からは1800ℓ。

このGWでだいぶ使うはずだったのに・・・・ほとんど給油はなしのまま

連休がおわってしまった。

だが、使用がゼロでも実績報告書は出さなければならないのでした。

akafuchi-ryugu20-0419.jpg

阿嘉縁竜宮・・・変換するとこんなになる(笑)
アカフチリュウグウウミウシ。
最初のウミウシ図鑑では「クッバリャーナ」となっていて
それに刷り込まれて、いまだにクバリャーナと呼んでる。


ストレス解消になったのか 

朝の濃霧ったら阿嘉大橋の半分から向こうが全く見えず

ゲルマ島がまるでなかったようになっていました。

数年委1度あるかないかの濃霧でした。

が、気温があがってきた10時ごろにはすっかり、丸見え。

湿度ったら・・・汗かいてないのに肌がベトベトするのよ。

暑くて「不快指数」っていうの?結構高かったし

この自粛要請生活もひと月過ぎてストレスたまっているので

「雪の華」という映画に手を付けた(笑)

泣くとストレス解消になるというので、そんな時が来たら見ようと思っていたのだ。

ま、話はよくあるヤツ・・・病気で余命のない美人さん(中条あやみ)が

かっちょいい男子(3代目なんとかの登坂広臣)に恋人になってくださいと頼む。

そのうちお互いに好きになっていき、病気のことを知った男子は・・・っていう物語。

中島美嘉の同名楽曲をモチーフにして、「ちゅらさん」や「いま、会いにゆきます」

などの岡田惠和が脚本した2019/2公開の映画である。

号泣するかと思ってずっと鑑賞しないであたためておいてけど

そうでもなかった(笑) じわ~~~っと泣けるけど号泣までは行かない。

みるひとによってはボディブロー的にはくるかもしれないなぁ~。

いまは普段ほとんどみない撮り貯めてある日本映画をよくみています。

「今日も嫌がらせ弁当」はサラッとみられてよかった。

9日に「アルキメデスの大戦」というのが放映される。。。面白そうです。

oiran-yoji20-0416.jpg

オイランヨウジ。
図鑑でしかみたことがなかったこの魚を
阿嘉島の漁港で見たときは感動したなぁ~
34年前の話でした。

大雨が晴れて夏になる 

2日間降り続いた雷雨は今朝には見事な快晴となり

風も弱く太陽ギラギラで夏がやってきたような暑さ。

外出もやや自粛気味なので土日は1歩も外気出ず(雷雨だったし)

きょうもちょっとだけ朝 散歩してグラジオラスの写真とかとっては見たり

あとは家に引きこもってキッチン用品の修理などをしていたら

あら、もう16:00!

これ書いて晩飯の支度しないと。。。ってなことになってます。

今夜は豚ショウガ焼きだね。。。鯖がたくさんあるから味噌煮も作りたいなぁ。

”キッチンにはハイライトと ウイスキーグラス” な~んてね。

kusahaze20-0429.jpg

クサハゼ。
こいつもいまだにspのままだったはず。
泥が白っぽくてクサハゼも同じいろになっていて
ザ・クサハゼなのか、違うクサハゼの仲間なのか
近づいても全然わからなかった。。。
撮ってPCでみて初めてクサハゼだと確信が出来た。
画像は色付けしてあります。


期限切れがすぐそこ 

緊急事態宣言は5/6まででしたっけ?5/10だっけ?

どっちにしても期限は目の前だね。

延長がひと月になるっていうことが出てるけど・・・今月いっぱいがいいなぁ。

特に理由もないけど・・・2週間後にこの連休の成果がでるので

3密にならないように、ブリなしログなしでのボートダイビングなら

いいような気がするけどねぇ~。って満載の大型ボーじゃダメか。。。

ずっと給付金続けるならずっと休業でもいいかなぁ~。

昨日からの雨がやみませんで、雨時々激しく雷雨!

散歩も出来ないので映画ばかり観てる。

kobanhaze_yg20-0429.jpg

コバンハゼの幼魚。
移植したサンゴがバリバリ成長してこんなに太くなって。
コバンハゼなんて500円玉3個分くらいデカい。
普通はエダ状サンゴの間や奥の方に逃げていくのですが
ここのはほとんど逃げすにこのような場所でジッとしてくれています。
コバンハゼっていまだに Gobiodon spです。

ひっさびさの大雨 

きのうは夏のように暑くて

子どもたちもちょっとだけ海で泳いだり

釣りをしていたりとストレス発散に一役かった夏日だったが

一転して今日は朝から雨。

小ぶりだった雨も次第に強くなり14時にはかねてからの強風も

加わり大雨洪水警報が出て目の前は雨で何も見えない状態。

フェリーも出航を30分見合わせたくらい激しい雷雨となりました。

座間味島の貯水量も少しはマシになったんではないでしょうかね。

明日は5/3 カレンダーに赤い数字が横並びしています。

ほんとはみんな忙しくて楽しいGWになるはずだったのにねぇ

残念ですが・・・まだまだ頑張らないと!です。

ytsushihaze20-0429.jpg

ヤツシハゼ。
時期も時期だし婚姻色でも
出していないかなぁ~と期待してたけど
ペアにはなっていたが色は全然出ていなかった。
それもそのはず、水温は22度台じゃった。

はやくて驚いた 

何がって、「特別定額給付金」です。

きょう5/1からの申請書の発送とは聞いていたけど

「どうせ連休明けだろ~」なんて思っていたら・・・来た!

早速必要事項を記入し、書類も揃えて添付したけど・・・・

受付が5/7からだったぁ~~~~。

早いものが早くもらえるって訳でもないでしょうが

持続化給付金(個人事業主)も混んでる入れないと思っていたけど

割とすんなり。3回目くらいで入れたので、早々に申請してしまいました。

不備があればメールで連絡してくれるんだって。

これで夏まではどうにか支払いとかでへいこらしないで済みます。

ありがたい。。。

でも、早く終息に向かってほしい。

matsuge-meribe20-0429.jpg

こちらはの~~びりしている
マツゲメリベウミウシ。
左の丸い部分がくちですね。

あすは雨。