FC2ブログ

天気がよいとなんでも出きる? 

きょうは朝から太陽がさんさんと輝き

素晴らしい天気です。

午前は1本なので、ちょっと遠出をしました。
 *ご存知でしょうが潜水時間が長いのであまり遠くへはいけないのです

牛の島の灯台の北側通称「座灯」

まぁ水がきれいだこと。。。流れも穏やかで、面白かったぁ。

昼休憩を挟んで代表的な砂地と離れ島で2本潜りましたが

午後から西風が思いのほか強くなってきて、若干苦労しました。。。

うちのお客さんはガイドに優しいので、とっても助かります。

あしたもがんばれるーや!

diver0190430.jpg

すっげぇ浅いとこまできて
ギンユゴイやキビナゴみちゃった。

kinmediver190430.jpg

キンメモドキygが徐々に成長して
魚らしくなってきたし、撮り応えがある。

basara-kakure0190430.jpg

オレンジのシダにいた
バサラカクレエビ。
なんか模様がないので虫みたい。

meganenamida-kurohagi0190430.jpg

メガネクロハギとナミダクロハギを
1カットで比較対象できる写真をずっと撮りたかった。
やっと今日、平成最後のダイビングで撮れた。
地味だけど、とっても嬉しい。

ハードレインからのサンシャイン 

朝は早くに薄日が差して「ひょっとして良いかも」と思わせといて

1本目潜っているときから暗~くなり、大粒の雨が水面をたたく。

さらに激しく・・・水中からでも容易に判断がつくほどの大雨。

上がったら何から何もでビッショビショ。

一体、きょうはどうんるんだろう?と心配してたら昼から晴れた。

んで、ずっと晴れてた。いまも晴れてる。

でも予報は午後雨?夕方から雷雨とか書かれてる。腹立つ。

思っていたよりもダイバーが多いのでびっくりしてます。うちだけヒマ(笑)

もう断然梅雨っぽいそら模様だね・・・でも海の中は充実してる。

海さえ大荒れしなければ、いいなぁ~

miyamira-umiushi_yg0190429.jpg

ちょ~極小のミアミラウミウシ。
すごくきれいですな。
一度つくとしばらくはいるので
この先楽しみ。

murasaki-umiko0190429.jpg

飛んだねぇ~~~
しかも長い時間泳いでくれて
とっても楽しかったぁ~
動画もあるけどよ(笑)

azami-kakuremoebi0190429.jpg

くぅ~~~きたよ
アザミカクレモエビのペア!
ちょっといじったけど・・・むこうから持って来てない。
同じホストに、近くにいたのよ。
いいねぇ~、この♂の模様のリアルさが大好きです。

弱小オケアノスにもGWがきた? 

みなさん忙しそうにしていてうちはヒマなのでウロウロ・・・

でも今日からはガイド仕事が入っております。

5/5子どもの日まで一所懸命やらせてもらいます。

水温は25度を超え、気温も25度を超えてるのでちょ~楽チンなGW

天気がややぐずついていますが、概ね海は静かではないかと予測してます。

ただ5/1がちょっと荒れ模様になる可能性があり、出入りの日で大変。

なにごとも(船の欠航とか)ないことを祈ります。

今日は1本でいいわぁ~ってことでのんびりとできる場所へ。

むかしっからよく利用していたポイントで水深も浅いし、そこそこ生物はいるので便利。

近頃大型店Sや後輩Kがときどき利用していますが・・・・

どんなガイドしるんだろね(笑)興味津々。

明日から徐々に増えてきて最大で、一瞬8名になるけどね、だいたい4名。

「ゆっくり・のんびり・じっくり、そしてたっぷり」とやります。

kusari-mino0190428.jpg

クサリミノウミウシのくさりの部分。
割ときれいだと思うんだよね。
くさり→沖縄だと、腐ってるになっちゃう(笑)

nadeshiko-egg0190428.jpg

ひっさびさにデカい
ナデシコカクレエビ。。。



いよいよですね 

なにが?って、あんた令和ですよ(笑)

元号がかわるのを準備段階からしってるなんてそうあるもんじゃないし

天皇が退位するのも珍しいのですから。

この大型連休にあわせて行うってのが今ひとつわからないけど。。。

なぜ4/1に出来ないのか?切が悪いじゃんね。

暇なオケアノスにも明日からちょっとづつお客さんがいらっしゃって

最大で半日だけ8名になりますね。

20年前は毎年10名を超える人が来てくれて

2diveなのに売上が三桁になって年もありましたなぁ~

いまじゃ、のんびりとボチボチやってます。

天気も雨混じりのになる日もあるかと思いますけど

大崩はしないような感じなので、ガイド側も楽しみにしています。

24度超えの、例年にない高い水温で体にも楽ですし、たくさん潜ってください(笑)



ハナヒゲウツボの幼魚は黒くて
写真だとなんだか分からないので動画にしてみた。
ほんとはも~っと伸びたりすんだけどね。

連休の準備もしないとね 

っていうことで

船をおろし(声かけしたが誰も来ず)燃料を満タンにし(5月はずっと営業すんだって)

お店のシャワーをつかうお客さんが居るのでトイレとともに掃除して

スノコを修繕し、脱衣カゴを2つ準備して、庭に射光ネットを張って

ゆうちょ銀行へ連休用のつり銭を両替しにいき・・・

レンタルのレギ+BCをきれいにしていつでも出動できるようにした1日。

充実しているかのようであるが、、、まじ疲れた(笑)

あすはまだ猶予があるから、のんびりするかなぁ~~

nemuribuka0190422.jpg

ひさしぶりにみたホワイトチップ。
以前は大小と2匹はいたけど、みんながあまりにも行って
ストロボ何発も浴びせたり、いたずらするヤツもいたのかも。
居なくなってから2年くらいかな?久しぶりに見た。
でも、手前のリュウキュウヤライイシモチのほうが
牙すんごいんですけど(笑)

最後のPTA総会 

長男の竜也が阿嘉中学校を卒業して4年。

いまや大学2年生の端くれ。

とっくにPTA会長の座は次の人へ行ってるのであるが

「会計監査」というやつがある。

この監査は「前PTA会長が務める」ことになっていて

現会長が4年もやっているので必然的に私が4年もあっているのだ。

本年度31年にようやく会長が次に人になるので、わたしも最後のお務めになる。

娘の夏菜が小学校に入学してからの15年間PTAに関わっているのかなぁ?

長いこと広報部長とかやって学校新聞作ったりして

PTA会長になっちゃって、さまざなな村、県、国のイベントに呼ばれ

入学、卒業、総会、運動会などいろんなところで挨拶して

学力向上委員会とか県のPTAの集まりで発表したりで忙しかったけど

人生のよい思い出になった。

これで最後だと思うと一入だね(笑)

で~もサンゴの産卵だとか中学の体験ダイビング、サンゴの移植など

まだまだ関わりは切れないんだよね、まして協会理事に返り咲いちゃったし。

わたしは変わらずゆるりとやっていきますよ。

kiiro-umiushi0190422.jpg

「日本のウミウシ」によると
キイロウミウシとなります。6cmもあったデカいやつ。
記載が1804年。
ナポレオンが皇帝になり、蒸気機関車は走った。
日本は江戸時代第11台将軍徳川家斎(いえなり)。元号は文化元年。
そんな年にウミウシの記載とは驚いちゃうね。

船底の妙なモノの除去 

毎年、春先になると海藻とともに船底にびっしりと生えるのが

直径1~1.5mmくらいの白い貝のようなものである。

船底の海水に接する部分にビッシリと生えるのでちょっと気持ち悪い。

それをそのままにしておくと大きくなって走行の妨げになりそうである。

その上からペンキを塗るとしばらくするとぽろっと落ちるのだが、

付着していた部分はペンキが塗られていないので白いまま。

なのでがんばって除去しないとならないのだ。

実際の話、長期間陸揚げしてる2月にはなにもついてないので

ペンキ塗って下ろせばいいのかととも思っているのだが・・・長年のルーティンが抜けなくて(笑)

午後からは家の庭にあるテーブルと船に積んでいるベンチに

防腐剤を塗って、本日のお仕事は終わりとしました。おつかれ。

あすは最後の・・・これがほんと最後のPTA総会出席。


isobana-kakureebi0190422.jpg

みごとなカモフラージュ。

空気が湿気で重い 

雨が降りそうでふらないからか?

気温は28度、ものすごい湿度で部屋の湿度計は振り切ってる。

南風で夜もあまり気温が下がらないので寝苦しい夜。

でも昨夜は、九州の「ハイサイ食堂」プレゼンツで

GOH-豪&NaomiNaomi Jazz おふたりのツアーにゲルマ島がスケジュールされて

わざわざ遠い島まで来ていただき、ライヴをやっていただいたのでした。

いやぁ~~~生で聴くのってほんとにいいですな、しかも狭い場所ですので

唇の動きやギターを奏でる指先まで見えちゃって感動もさらに大きい。

GOHさんのタップ奏法すごかったなぁ~。お塩買こうたろう、のようだけど

彼はずっとロスで活動しているので日本では名前が知られてませんがね。。。

Naomiさんは細見の身体から信じられない声量で、気持ちの優しさが伝わってきます。

オケのジャズ好きチョ~常連さんも最後の夜を楽しく過ごせたようでご満悦でした。

たまにこういうのが無いとね、つまらんのでゲルマニヨンには感謝。

あぁ~5/8 Bluesの日はなにやろうかなぁ~時間がない。

どうでもいいけど今日はダイビング協会の通常総会でございます。

また役員改正があるので・・・十中八九役員復活になりそうで・・・いやです。

zouge-iroumiushi0190422.jpg

美しいミノウミウシも大好物だけど
基本やっぱりこのゾウゲがすき。



天邪鬼のもつ運 

そんなものあるのかは知らないけど

ひとのいかないとこを狙っていくと時々いいものを見つける。

「いいもの」そのものも万人がそう思うかは甚だ疑問ではあるが

本人はとても喜んで自分は「持ってる」と思うのだから仕方がない。

きょうも良い天気、ちょっと風が出てきたけどまぁ海は穏やかなので

すぐそばの自身が開発したポイントへ行ってみた。

相変わらずのキンメモドキygの数は想像を絶するほどで

大きな根を被いつくす勢いで捕食するインドカイワリもでかい。

毎年びっしりと生えてるウミヒルモが今年は異常に少ないので気にはなるが

これからかなぁ~なんて気楽に待ってるけど内心は複雑な気持ちである。

その少ないヒルモを丹念にみていたら・・・雌花があったのでさらに探すと雄花も発見!

ん~持ってるなぁ~(笑)

2本目には離れ小島のダイナミックな地形で今流行りのガイコツパンダホヤのガイド。

ウミウシやシムランスなどもみられて大変面白かったです。

kinmemodoki_yg0190422.jpg

根を被いつくすほどのキンメモドキyg
撮って表現するのは難しいね。

hosohirumo-hana0190422.jpg

たった1本の雄花を見つける!

gaikotsu-panda0190422.jpg

ガイコツパンダの親子?
親子な訳ないジャン(笑)

sumitsukibera_yg0190422.jpg

逆パンダ(笑)
白のドットっていうね、普通。
スミツキベラのyg。

明日からGW開始までお休み。

晴れたし、いいもん見つけた 

きのうの朝の、きょうの予報はくもりのち雨だったので

潮の具合はいいけどリクエストしていたニシハマはどうかなぁ~

なんて思ってたけど、朝から相当いい天気で太陽も静かに自己主張。

風もないので海も静かでございます。

なので、1本目はニシハマへ。。。リクエストはなんと「アザハタの根の今の状態」

埋まっちゃってますけどいいんでしょうか?いやそれを撮ってストーリーを作るです。と。

行ってみたら・・・びっくり仰天!去年は直径60cmほどの岩があったのに

今日行ったらそれさえ無かった。なのでどれがどれだか・・・見つからない。

とりあえずは「これだと思います」と直径20cmの動かない岩を「アザハタの根」にしました。

なんだか悲しいよね。。。

アザハタを釣ってしまったのはそれでイケ無いことではあるけど

埋まらなければ次のアザハタは当然入荷したはずだし、あの根はいまでもあったはず。

原因はハッキリしていて「阿嘉島の新港と沖の堤防」。

何ゆえに?という問いには別途対応しないと紙面(ネットだけど)が足りませんので割愛。

そんなストーリー仕立てにするようです。

なんでも人間の都合に合わせて変えたらしっぺ返しはあるに決まってんじゃんね。

何百年もそのままでバランスが保たれていたのにイジるから変になるのだ。

きょうも3本潜りまして、大潮であっちもこっちも激しく流れるんですわ。

疲れたけど、いいこともありました。

sangodiver0190421.jpg

相変わらず阿嘉島のサンゴ群生は
とっても素晴らしい!
魚もいっぱいだよ~~ん

murasaki-umiko0190421.jpg

人生で最初に好きなったウミコチョウ。
いわば、初恋のひと。

nakamoto-irowake_yg0190421.jpg

いいもの見つけた=4月にナカモトイロワケハゼ。
しかも人工物じゃなくて自然な岩(石)の穴にいました。
ん~~~このまま居てくれるかな?
いいや、だめだろうなぁ~



急に時化た(想定内) 

朝はやや曇り勝ちな・・・でも風もなくさわやかな朝

WINDYによると16:00すぎに前線のようなものが通過する

ようなイラストレーションが出ていたけど・・・早ければ昼過ぎには荒れるかも。

と、頭の中では描いていた。が、1本目が終わった時点で風が強くなってきた。

ん~ちょっと早いなぁ。

なんて思っていたらさらに強くなったので島影のポイントへ変更。

そのあとは酷くならず、逆に風が弱まってきた。ベテランはここで怪しむ(笑)

とりあえずは3本目いきますかぁ~~と強気で出て、、、そのまま普通に潜れた。

いまは雨が止んで風だけ吹いてるけど、夜から明日の朝にかけて降るのかしら。

せっかくいい満月(ピンクムーン)なのに全然みることが出来ませんでした(T_T)

hama-kuma_goodisogin0190420.jpg

周囲が赤くて中心が緑色のイソギンチャクを見つけた。
もうちょっと濃いといいのかな?
早く赤ちゃん入ってくれないかなぁ

honjituno-yado0190420.jpg

3本目は天気悪いし、暗いので
ヤドカリ1本にしました。全部で8種くらいかな。
ちょっと少なかったなぁ~

kareha-suzumedai0190420.jpg

数年ぶりにであったカレハスズメダイ。
きっと去年幼魚で入ってるんだよね。
気がつかなかった(T_T)
でもすっげぇ~嬉しい。

がんばってたんだね 

ガイドしていくとリサーチしていないポイントへも行くことになる。

すると、何がいますか?と聞かれても

さまざまなリーフフィッシュ。とか言ってお茶を濁す程度で

あれとこれがいてこう撮ったらいいさぁ~。なんてことは言えないのである。

であるが(こいうのって沖縄風な言い回し)行ってみると懐かしい顔も見られる。

とあるポイントに沸いてきた(普段居ないということ)ハナゴンベが

きょういってみたら・・・まだいたので・・・「おまえ、がんばってたんだな。すごいなぁ~」

と、声をかけました。

だって異環境に子どもでやってきて、8月には居たから9ヶ月もがんばってる。

リスペクトものです。。。 ってかくとこのあと居なくなったりすんですわ(笑)

新たな発見もいくつもあってとても楽しい春のダイビング。

10連休は余裕があるけど、宿はないねぇ~~~星のや来てくんないかなぁ~~~

hanagonbe0190419.jpg

がんばってる
ハナゴンベ。。。もう立派な青年。

kisujikanten-umiushi0190419.jpg

キスジカンテンが
やっておりました。

azami-kakuremoebi0190419.jpg

でっかいアザミカクレモエビを
久しぶりにみました。

あしたは曇り空・・・らしい。

ベタナギーゼ! 

久しぶりのガイド仕事で、初阿嘉島のゲストが来て

すっげ~天気が良くて嬉しいねぇ~。

こんなベタギーゼの日に海に行くなんてほんとにラッキーで

明後日からは少し悪くなる予報だもんね。

取りあえずはサンゴ群生がすごいとこでヤドカリをみてもらって(笑)

2本目にリクエストもらっていたクサイロやウサギのモウミウシ。

ちょ~可愛いだのとず~~~っと同じことを言ってるのでウザかったけど

とっても喜んでもらえてオヤジも嬉しいよ。リサーチした甲斐があった。

上手に撮れてるといいね。

さ、明日も3本。いろいろといくよぉ~。

sangodiver0190418.jpg

阿嘉島が誇るサンゴ大群生の
ほんの一部。
歓喜の声が・・・しつこい。

marugazami0190418.jpg

マルガザミだけど
裏側はきれいなんだね。

seboshi-umitake0190418.jpg

ん~~~。
セボシウミタケハゼとかにしとこかな。
こういうのちゃんと整理してほしいです。
卵がいっぱい。

あすからお仕事、です 

ひさしぶりに仕事で潜りますわ。ひと月ぶりかなぁ~

ダイビングそのものは1週間に1度くらいは行ってるし

ガイドがひさしぶりなんだけど、

あすのゲストは隣島でいっしょに潜ったことがあっ

酒飲んだりしたことはあるんだけど、ガイドしたことはない。

阿嘉も初めての上陸になるようです。

クサイロモウミウシの撮影がしたいということでした。

渡嘉敷にはコテングノハウチワがあまりないらしいのです。

ラッキー!阿嘉では通年ありますからな。

サンゴの群生もどうだ!っていうくらい見せ付けてやりますよ(笑)

明日明後日とも天気がよさそうだし、気持ちの良いダイビングになりそうです。

hoshihaze0190415.jpg

ホシハゼです。
むかしまだ「ヤノウキホシハゼ」っていう名前がついていないころ
阿嘉漁港(旧)には何匹かいたんだよね。
いつの間にか消えちゃったけど、写真は撮ってあった。
ケラマでは見られないハゼになってる感じです。
普通のホシハゼがもっとも多いかな。ヒメホシもいるけど。
水中で見分けられるガイドはほとんどいませんな。
見分けられたからといって何なのよ?ってことですわ。

ティジャラ(貝)の目が気になりますよね(笑)

前線が通過するってさ。 

って、沖縄気象台の予報。

あちこちの雨レーダーを見てみるとどうやら昼過ぎらしい。

早いと11時ごろかな?よかった海行かなくて(笑)

そんな訳で家の中でのお仕事をちょっとばかり。

例の25周年記念手ぬぐい(ちなみに最近DSで記念手ぬぐい配るの流行ってきたね。うち先駆ね)

来島してくださった方々に手渡しをするのですが

ビニール袋には入ってますけど、そのままお渡しするのも芸がないので

10周年のときに作った帯(のし)を再利用して、ちょっとしたお手紙を添えることにしました。

んで、きょうはその作業を午前中いっぱい掛けてフォトショップでの作業を。

みなさまの手元にはこんな感じでのお届けになります。

57232145_350055308961059_4251979994831519744_n.jpg

どう?いい感じでしょ~~~。

20周年のときは江戸歌舞伎調の絵札を差し込んでましたが(おぼえてないでしょうが)

やっぱり、この「海のめぐみと あなたに いつも ありがとう」名台詞だと自画自賛してます。

数に限りがありますが、今回は余裕があります。お土産にいかがでしょう?(笑)¥800/枚かな。

午後はWOWOWをぼけ~っと見てたら大泉洋、小松菜奈の「恋は雨あがりのように」がはじまり

面白くてつい最後まで見ちゃった。。。お金出して絶対みないタイプの映画だけど

ストーリーも単純で先が見えちゃうけど、小松菜奈のツンデレと長い脚がとてもよかった(笑)

midoriryugu_yg0190415.jpg

きのうみつけた
ちょ~チビなミドリリュウグウウミウシ。
よくこんな細いものにつかまってられるもんだと
感心しました。

確認ついでの調査 

先日の港の作業の確認をする。という理由で新港に潜る。

12日のときの泥の感じがとても良かったし、

クサspかもしれないのが居たので再撮影したかったのだ。

前回よりも濁りが無く(前回は透明度8mくらい)12mは見える!水も青い。

しかし・・・・クサspは探せど探せど見つからず、巣穴の検証を行ったところ

ひょっとするとシマオリハゼの巣穴だったのではないか?の結論になった。

後日チャンスがあったらもう1度確認撮影したいね。

ここのサンゴは2002/3に旧港の波除堤建設のときのサンゴ移植をした残党である。

「残党」とは、正規で移植したものはすべて死滅し、あまったエダを船の下に集めて

泥に埋めたのが私なのである。あれから18年。。。

だったエダもグングン成長し大群生地帯となっている。

トゲスギミドリにも、スギノキミドリにも、ヒメマツミドリにも似てるけど

正体がはっきりしないサンゴなのであるが、ちゃんとした同定はまだしていない。

1年ぶりに潜ってみたけど、成長はしているのだろうけど見た目は変わらない。

それより港中央あたりの泥がやけにサラサラしてるように感じたのと

エダ状サンゴ群体のいくつかが崩れているのが気にかかった。

相変わらずハゼの種類は少なく、シマオリ、ヤツシ、ハラマキ、クサハゼなどで

あんなにたくさん居たカスリハゼを1匹も見つけられなかった。

船の係留付近ではシマオリ、ヤツシがほとんどでケショウの幼成魚が目立った。

フェリーの到着予定が11:45だったのに11:30に入港してきて

すさまじい爆音が水中に鳴り渡り、久しぶりに恐怖を感じた。。。危険危険!

以上、新港レポートでした。

shinkou-togesango0190415.jpg

18年目のエダ状ミドりイシ。
立派に育ってくれて本当にうれしい。
魚いないでしょ?(笑)

keshou-haze0190415.jpg

ケショウハゼの♂。
婚姻色を出すと「日本のハゼ」みたいになる。

朝から冷たい雨が 

夜中から降り始めたのかな?

朝起きたらすでに雨で、しかも肌寒い。

予報は午後から雨だったはず・・・午前中潜りに行こうと思ってたけど

雨で寒いからやめておきました。ほんとは雨だと都合がいいんだけどね。

んで1日中家にいたんだけど、これがまた天気がコロコロとかわる。

雨が上がって太陽が出てきたな・・・数十分後にはまた雨。

「暗くて肌寒く」までもどってきちゃってヤル気ゼロモードは続く。

仕方なしに宇宙物の映画をみることにしたのだが、見えてる間はずっと晴天!

夕方からはとっても良い天気にはなっているけど、明日の予報も曇りのち雨。

沖縄気象台もコロコロと予報を変えるので夜、夜中に晴れのち曇りに帰るかもね。

usagi-mouniushi0190410.jpg

ピョンピョン跳ねるのでウサギの名がついたモウミウシ。
でも最近跳ねないんだよなぁ~。
この子も小さい。普通で5mm写真のは3mm。
ちゃんと撮るときれいではありますが
ピントはカメラ任せにしないとね(笑)

不覚にも・・・ 

昨夜は阿嘉島に赴任してきた新任教員と

島の診療所の新しいDrの歓迎会でした。

早めの22時には帰ろうと思っていたのだが、捕まっていまい

日の変わる前には帰れたがTVの前で爆睡してしまっていた。

朝はゆっくりかというといつも通りに起きて、朝ごはんを食べ

土曜の朝のワイドショーとかのんびりみてから

PCに陣取って本年度の経理の・・・出納簿の打ち込みをしました。

昼には終わって、あとはゆっくりとうま煮ラーメンを作って食べて

9.11直後、敵勢5万人に対し、たった12人で戦いに挑んだ米軍騎馬隊の映画

「ホース・ソルジャー」の続きを堪能して(すごかったなぁ~)

まだ時間があったので「ミッドナイトサン~タイヨウのうた~」という映画を続けて観た。

内容はXP色素性乾皮症という太陽光線に当たると癌細胞が

増殖しちゃったり神経障害が起こる病気の17歳の唄好き女子の純愛物語。

もとは邦画の「タイヨウのうた」をハリウッドがリメイク。主演はシュワルツネッガーの息子パトリック。

1:40分程度で短いし、キャストもそんななので軽い気持ちで眺めていたら

どんどん入り込んじゃって、気がつけば・・・不覚にも泣いてしまいました。

なってこった!主演女優もタイプじゃないのに・・・(親友役のクインシェファードっが好き)

純愛に弱いおじさんなのでした。

satsuki-ginpo_0190412.jpg

地味なギンポ類のなかでもさらに地味なサツキギンポ。
やや内湾のサンゴ域で10~40匹程度に群れてることが多い。
きのうの新港でSEASIRの船のしたに2匹がいたので観察してたら
なにやら雌雄でお腹の大きなメスにちょっかい出してる風だったので
2匹絡めて撮ったつもりが、タイムラグによって重なってしまった写真。
手前が雌で奥に尾びれの形状がことなる雄が見えますな。
時間がなかったので撮りなおしも出来ず仕舞いだったけど
まぁきれいに撮れてるからだしとこ!ってなもんですわ。

作業ついでに 

島のひとから(自分も島の人ではあるが・・・)

プレジャーボートの係留ロープの設置を頼まれていて

きょうはお日柄もよいので(笑)きょうの10時からすることになっていた。

新港に沈めてある屯ブロックにつけて長さを調整し

浮かんでこないように錘を2箇所つけて終了!

1時間ほどの作業でした。

んで、ついでに1年ぶりの新港の調査もかけたファンダイブ。

ほどいい泥がたまっていて期待がもてそうな雰囲気でした。

むかしシークレットマッドベイと呼んでたときまでいかないけど

ちゃんと調査すればかなり面白いとおもいます。。。

ちなみに普通のゲストが潜れるのはフェリーもQZも欠航したときです。

kobanhaze0190412.jpg

相変わらずデカい
コバンハゼ。。。5cmはあるな。

kusa-sp0190412.jpg

クサハゼなんだけど
背ビレに黒斑らしきものがある。
ちゃんと撮れなかったのでなんともいえないけど
クサハゼじゃないヤツシハゼspかな?
次はモノにします。

静かな1日でした 

雨も降らず

太陽もあまり顔を出さず

湿気もそれほどでもなく

たいした用事もなく

船の新品バッテリーを受け取り

役場に提出する書類を作成し

日が暮れようとしている。。。。

沖縄はいまごろだと日没は19:00ちょっと前です。

tateyama-bera0190408.jpg

タテヤマベラの幼魚。
砂泥底の海草や海藻などが生えている場所で
よく見かけますね。
写真の個体は30mmほどの幼魚で
ちょっと大きめですな。
この半分15mm以下だともっと可愛いんだけど。
春から初夏にかけて多く見られます。
探してみましょう!




前線通過! 

きょうはお昼前後に前線が通過して

大雨になる予報でしたので、依頼のあった潜水作業は中止して

天気を観察してました。

10時までは太陽が出てとってもいい天気。

11時ごろから何だか怪しくなってきて、空には暗雲。

そろそろかなぁ~~~と思ってたら

パラパラきた・・・・つぎの瞬間ドドドドッ~~~って激雨!

車の窓やベランダの洗濯物はどうにか間に合って

奥さんにしかれずにすみました(笑)

15時からは北風で太陽も出てさわやかな沖縄の4月になったとさ。

odori-kakureebi0190408.jpg

一昨日のリサーチで見つけたオドリカクレエビ。
ペアでいたんだけど、この子らってず~~~っと居る子か?
だとしたら3~4年は居ることになる。
寿命ってどれくらいなんだろ?
識別点を見つけようと必死に凝視したんだけど
エアだったので限界点に達しそうで
見極められなかったです。
ちょっとした課題だね。


入学式でした 

きょうは阿嘉小中学校の入学式でした。

今年は小学校が2名(男女)中学校が1名(男)の3名が入学しました。

先月まで幼稚園児だったふたりが大きなランドセルを背負った光景は

いつみても可愛くて喜ばしいですね。

女の子はダイビング協会の後輩の娘ですが、なぜかランドセルは茶色。

おとうさんが野球好きなのでグローブみたいなのを

娘の反対を押し切って買ったともっぱらでした(笑)MIZUNOだったりして。

中学生も後輩の息子で彼は小学校からずっとひとり・・・同級生がいません。

せめて中学で居てくれればとおもったのだが、その思いもかなえられず。。。

がんばれよぉ~(とってもいい子なんだよねぇ)

warekara0190408.jpg

ってワレカラの仲間も応援してます。(な訳もないけど)
ワレカラって世界に400種いて日本近海には100種ちょいいるんだって。
平安時代の古今和歌集?には「われから」が歌われた和歌があるってさ。
驚きだね。

見れば見るほど不思議な生物ワレカラ。
沖縄のワレカラはなにワレカラなんだろうか?

こんな良い天気に 

家にずっといるのは罪に違いない!

ってことでふらっとニシハマで潜ってきました。

月曜だし、ダイビング客もいなくて空いてるとの予想は当たり

オケ号1隻のみ浮かんでおりました。

潮は緩やかに流れていてわずかに舞った砂がゆっくりと流れ落ちる程度。

透明度は18~20mほどで良好、水温は23.1度との表示で

70分のダイビングでフードはしなくても大丈夫でした。

天気が良くて気温も高いし、最高の気晴らしストレス解消になりました。

海がすぐそばで、船があって、フラッと潜れるなんて贅沢だよね。

これでお金の心配が無かったら最高に幸せなんだけど(笑)

deba-suzumedai0190408.jpg


deba-suzumedai0190408-2.jpg

いつものデバですけど
6月以降、幼魚がブワっと増えると
見ごたえ抜群になります。
デバ・ストームみたいなぁ~

久しぶりの愛艇で 

愛艇オケ号が完全復調したので

天気もよいし、ちょいとリサーチへいってきました。

もちろん慶良間自慢の白い砂地のポイントへいってきましたが

ここ公表すると情報がだだもれになるので公表は避けておきます。

GWまであと3週間ありますけど・・・まだまだ海は本格的なものではありませんでした。

やはり冬季に水温が下がらなかったことが影響してるのだろうか?

水温が高いならそれなりに何かあるはずでは?とも思うけど。

去年の台風24号などの影響がまだ払拭できないでいるのだろうか?

ま、長い目でみてみましょね。

来々週にくる新規のお客さんのリクエストがクサイロモウミウシで

確実にいることを知るためにちょいと見てきました。

まだ小さいけどいることはいましたのでご安心ください。

kusairo-moumiushi0190406.jpg

これは本日撮ってきたクサイロです。
相変わらずかわいいですな。

予報がほぼ当たったぜ 

きのうは夜のうちから降り出して

ぐっすり眠っているころに激しく降ったようだ。

朝は普通に降っていて、10時ごろちょい激しくなり一旦やむ。

お昼前後はやんでいて南風だったから気温が高くなって

お昼ごはんの「五目うま煮ラーメン」では暑くて仕方なかった(笑)

その後また激しく降り始めてけど15時ごろまた止んだので船の様子を見に行って

エンジンかけて異常はないかチェックしていきて今これ書いてます。

「はやぶさ2号がクレータの形成に成功!」と来た。。。すごいぞ!中小企業。

そういえばジャイアンツも5連勝。FC琉球はJ2で4位。

民宿さくばるの孫のエイスケのいる興南高校野球部は春の県大会で優勝!

なんかわくわくすることが増えてきた。

わくわくするといえば・・・・

kobushime_sanran110524 (4)

もうすぐこんな季節になりますな。

明日の朝は大雨らしい 

数日前まできょうの午後は雨の予報だったが

昨日の朝みたら降らない予報に変わっていた。

わたしみたいなヒマ人ならいくらでも変更がきくのでよいが

そういうわけにはいかないひとは寸前に変えられてもこまるひとがいるだろうに。

予報確立をABCで分けてるけどDも加えて「信用なさるな」にしてほしいもんだ。

意味があまりないけど(笑)

ま~兎に角当たらないわぁ沖縄気象台予報官。

きょうは降らないとわかったので船の舷側のパテ埋め作業をしてみた。

100均のエポキシパテにグラスファイバーを少量混ぜ込んでみたけど

どうだろ?上から水色っぽいペンキも塗ってみた。。。これはイケてないかも。

日光が強くなって色あせしたときに馴染めばいいかなぁ。

白いままのほうがかえって良い感じもするけどねぇ。

様子みて決めます。

「海は年々悪くなる」ってわたしよく言いますけどさ

ほんとなんですってば。

tunozaya4_100616_20190404165156ca9.jpg

これは2010年の6/16にアマビーチで撮った
ツノザヤウミウシだんだけど
ひと房?のコケムシ類に複数ついてることって
そんなに珍しいことではなかった。これは4ついて珍しかったけど・・・。
いまや2,3個体探すのがめちゃ難しいんですわ。
なにがどうなってどう変わったのかはハッキリしませんが
年々、悪くなる一方なということは確かです。

さきほど那覇から帰島 

ここ最近では長い那覇となってしまいましたが

今回は軽油免税証の受取は1日の月曜からだし

フェリーがドック入りで3日の代船まで待たないとなりませんでした。

「グリーンブック」と「運び屋」を観たかったので好都合とばかりに

30~4/3の4泊5日の那覇となった次第でございます。

まえにも書きましたが、携帯からここにUPすると写真が横になるので

UPはしませんでした。

みんながタンクで壊す船の舷側もパテで埋めようと思って

ホームセンターへ買いに行ったのですが・・・やっぱり馬鹿高いのでやめ。

100均のよくわからんパテを5個買ってみました(笑) どうにかなるかな。

船が万全になってきたのでそろそろアチコチのリサーチへ出かけていきたいと思います。

1番探したいのが シシマイギンポかな。

本島で見つかって久米島でも見つかったというので焦ります。

これがシシマイギンポ

shishimai_ginpo.jpg

撮影は2013のシミラン。なんかギザギザの歯が出っ歯気味で
目とくちの間に毛のようなものがふさふさと生えてる。
愛嬌のある目で見つめるのです。顔の直径はこれで5mmほど。
りっぱな成魚です。
最初に見つかったのは小笠原で、次は屋久島。
その後さがしてはいたけど見つからずシミランで出会った。
初回のシミランで撮って、瀬能先生に聞いたら「同じ」ということでした。
2度目のシミランではすべて自分で探して3mmの幼魚も撮影。
でも阿嘉周辺ではいまだ見つけられず・・・・。

いつもがんばってるからいつか見つかるはず。