FC2ブログ

当日さえも外す恐ろしさ 

なんのことかって?

沖縄気象台の天気予報です(笑)←もう笑えないトコまできてますが・・・

曇りの予報が外れて、とってもいい天気。

おかげさまで日焼けで顔が痛いですが

ゲストの笑顔を見てると嬉しいので寒さも痛さもなんともなくなります。

今日はオーソドックスなポイントで始まり、外洋に面した大きな窪みで

ホヤや腔腸類を満喫し、浅くてひろ~い砂地でリラックスしてもらいました。

写真もたくさん撮れたかなぁ~

明日も曇りの予報だけど・・・外れて晴れちゃえ!

igaguri-umiushi0180430.jpg

なんか久しぶりに見た
イガグリウミウシ。
先端がピンクの突起は
見た目以上に固い。。。と評判。

minoumiushi_sp0180430.jpg

外洋に面した-6mで見出した
ミノウミウシ類の1種・・・としかわからない。
オショロなのか・・・なんなのか・・・
でも、とってもキレイ!
もう1度逢いたい。

deba-storm0180430.jpg

んでもっていつもの・・・
デバストームです。

あしたも晴れろぉ~~~

すこしは格好ついてきた 

大型連休になり周囲の船は大人数で出航するなか

弱小オケアノスはひとりの貸切で出航。

ちょっと寂しい思いもあったけど、今日は2名来て3名でダイビング。

夕方更に2名きたので明日の朝は5名になります。。。なんか格好ついてきたね。

あまり多いのもナンだけど、あまりにも少ないのもね

人気のないことがバレちゃうじゃんね。

久しぶりに3本潜って・・・心地よい疲れがいま来ていて・・・ビールがうまい。

23度で5mm+3mmフードじゃキツんだけど、頑張ってます。

ヤドカリ三昧~砂のドロップ~おざなりポイント(笑)の3本でした。

sango0180429.jpg

サンゴはとっても元気に
育っております。

migikiki-yokobasami_sp0180429.jpg

ミギキキヨコバサミの1種
黄色くてかわいい

garasuhaze_yg0180429.jpg

ガラスハゼの赤ちゃん。
そんな季節になっております。

もっと水温あがらないかな~(笑)

いくら暖かいとはいえ・・・ 

きょうは昼にニシハマのあたらしい売店(建物はあたらしくないが)へ

行って、ガパオライスを食べてきた。

小さい頃から知ってる子たちが頑張ってやるというので

応援がてら売上協力も兼ね、行ってきた。

味はんまい!が見栄えがいまひとつなので

インスタ映えするように彩りを考えたらよいと思うのでありました。

みんなも行ってみてね~

さて、海ですが、きょうは甲殻類の好きな大佐が1名なので

先日「ちょっといいかも」と思った場所へお連れしました。

クラゲエビは1匹しか出てこなかったけど、vir spやトガリモエビsp

アオサハギタマシイに大きなアカホシカクレエビなど盛り沢山。

きっとご満悦に違いない。。。と思います。

最後の飲み物が白湯でなければ完璧だったなぁ~~~

tozeuma_sp0180428.jpg

みどりのトガリモエビ属の仲間
全部で3匹いました。すごいでしょ!

aosa-hagi_yg0180428.jpg

spかとおもって撮ってたけど
アオサハギの成長した子かな?
全長は12~15mm
よく逃げる子でした。

aosahagi_yg0180428.jpg

こっちはいわゆる「タマシイ」ですね。
全長で4mmあるかな?
これくらいだとある程度はじっとしてくれるので
撮影は楽です。。。ピント合わないけど(笑)

あすも5mm+3mmフードベストでがんばるぞ!

GWの天気はどうなの? 

昨日と今日は風も弱く

太陽もギラギラとして暑く、北西の風なので

割と爽やかでした。

いよいよ明日からGWとなりますねぇ

うちは前半1名しかおりませんのよ(泣)

みなさんどこに行かれるんでしょうか?

前半は天気良くて後半雨混じり・・・との噂でしたが

5/3あたりから雨みたいですな。。。予報は毎日変わるけど・・・

当日さえ当たらない沖縄気象台だけど・・・・。

事件事故のないように連休をたのしんでくださいね。

tsunomoebi0180423.jpg

ヒラツノモエビです。
なんか好きなんですよね、こいつ。
手前に名前のわからないミドリガイが・・・

冬のようにさむい(笑) 

きのうは高湿度の高温で

不快指数がすごく高い日だったのに

きょうは肌寒い。

なので海は休んで、きたるBLUESの日のための練習を少し。

決まってるのは「プカプカ」と「シカゴバウンド」の2曲だけで

あとは適当にかな?ロバジョン生誕日なのでひとつくらいはやりたいなぁ。

午後は店のシカ対策を少し。

あすはまたしても360度ロケ(笑)

odori-kakureebi0180423.jpg

オドリカクレエビの♀。
卵がいっぱいあるねぇ~
猿が木の上で休んでるポーズに似てて
水中で笑えました。


gokuraku-midori-fumei0180423.jpg

このミドリガイが全然わかりませんのよ。

すこし良いトコみつけた 

毎日じゃないけど

すこしづつ調査の範囲を広げて行って

いい場所に当たらないかなぁ~と思って潜っていたら

ちょっと良い感じの藻場(っていうか砂礫の斜面)があった。

あまりひとが来ないところなので生物が多いのかな。

「多い」ってわんさかいるわけじゃないけどゆっくり写真撮るには良いと思います。

最大で4名が限界な感じがしますし、梅雨明け直後まで。って感じもする。

常連の人は「へぇ~こんなコースもあるのね」的なものになるはず。

残120のエアタンクで最大水深-24m。安全停止入れてきっかり30分であがりましたので

この倍の時間があれば面白そうなものもみつかるでしょう。

お楽しみに。

kurageebi0180424.jpg

きょうの成果。
クラゲエビ。
へんてこな名前だよね。クラゲだなんて。
発見当初はクラゲについてたんでこの名前らしい。
名は体を表してないし、生態も違うのにまだこの名前?
おかしな業界です。あ、業界じゃないね(笑)

360度チャーターのついでに 

360度って全周ってことかな?

そんなカメラがいろいろなことこから出てるよね。

リコーとかコダック、ゴプロも出した。

アダフターやアプリを使えばiPhoneでも撮れるのかな?

そんなカメラの撮影補助と船のチャーターを2日間やった。

きょうは太陽が出るんだけどずっとは出てくれない・・・イケズな太陽でした。

が、いろいろと撮れたと思います。。。ご希望の撮れ高はわかりませんが(笑)

そんななか「潜っていてもいいよぉ~」との言葉に甘えて

有名な砂地の藻場を点検してきました。

結果は「まだ駄目」です。去年の冬よりはマシだけど、、、まだ早いのかな。

この先、生え揃ってきても、また馬鹿なガイドのつれたカメラ派が潰していくんだろうなぁ~

違うところの藻場をさがさないとなぁ~浅くて明るい、生き物がたくさんいる藻場。ないかな(笑)

kusairo-moumiushi0180423.jpg

小さな小天狗のウチワについていた
クサイロモウミウシ。。。
後ろの方の緑がうすいところは
きっとこの子が食べたんだろうね。



早朝出航は眠いばぁ 

昨夜はゲルマで来る「ブルースの日」の練習など

ワインなど飲みつつブルージーにすごして

今朝は5:30におきてコーヒー淹れて飲んでから納豆飯をかっ込んで

6:20に家を出て船を出し、6:50すまいる、6:55シーサーへピックアップ。

7:10出航の予定がADが失敗して7:30にずれて出航。

360度カメラテストをしているカメラマンを取材する。というややこしい仕事。

カクレクマノミに卵があったのでそれを取ってもらう間に「タイマイ探してきて」

との依頼に見事応えるオケアノス森山なのでした。

スキンで泳ぎまくって結構な運動量だと思いきや・・・あまり体重は減らないね(笑)

仕事は9:00過ぎに終了。

午後は大雨が予想されることから家でゆっくり過ごすことにしました。

予想を上回る大雨と強烈な落雷が何度もあって、久しぶりに怖かったです。

船も自分も調子を取り戻してきて、これで大型連休もドンと来い!

あす、晴れたら360度カメラのお仕事で、曇りなら・・・ファンダイブ(*^_^*)

umishoubu-haze_sp0180421.jpg

昨日アマBで見つけたウミタケハゼの仲間の幼魚。
この類ってば、あるひとが全部「セボシウミタケハゼ」にしちゃったので
あとの整理がとっても大変だ。といっていました。
どうなったんだろう?
そして、これはなんだろうか?
いまや誰に聞けばいいのかすら分からない(笑)
Dr.S にメールしてみよっと。



身も船も試運転へ 

きのう下ろした愛艇オケ号の試運転と

自分の体の確認をかねてファンダイビングをしにアマBへ。

途中「にっぽん丸」が停泊しているのを発見!帰りに近づいて撮ろう。

久しぶりのアマB、ハゼや環境が復活してくれてれば、

と期待していたけど見事に外された。

ハゼは全体的に少なくて、いつもある海藻も少なかった。。。まだ早いのかな。

デバスズメダイは相変わらすごい数が乱舞しておりました。

満潮時には透明度そこそこ・・・20mくらいかな

あったけど、潮が変ってきたらガクっとさがって12~3mになりました。

春の不安定な潮加減はこんな感じ、かな。

あしたからビデオ撮影のガイド&船長です。

kagerou-kakureebi0180421.jpg

当海域ではヤギやソフトコーラルで安易に見られる
カゲロウカクレエビ。。。のちび。
ちかくにはコペやワレカラがおります。
こっちのほうが面白いかも(笑)

船は水に浮かんでるのが1番 

やっと、船がおろせました。

不具合が発覚して約3週間。

それでも水が漏れ来ないか心配でなんども見たり触ったり・・・

日曜日から撮影ガイドの仕事の予定になっているので

ギリギリな感じではあるが、間に合ってよかった。

これで連休もまともな仕事が出来るってモンだ。

んで、係留ついでに港の点検をしてきた。

一言で言うと、泥の質が悪い。サラっとしていて粘土質ではないので

内湾奥に生息するハゼ、カスリハゼなどが生息していなくて

手前浅瀬はダテハゼがいて、-6mでシマオリが出てきてヤツシがペアでいたり

-8mでケショウハゼのメスがいて、、、、コレで終わり。

以前あった藻場がまるっきりなく、全部枝状ミドリイシになっていた。

ガ~~~~ッカリだよ。

ハラマキハゼがいたのとイトヒキテンジクが5匹見られたことが救いでした。

やっぱり沖の堤防が悪影響を出してるとしか思えないなぁ。

haramaki-haze0180420.jpg
keshou-haze♀0180420

似たようなハゼだけど
上がハラマキハゼで下がケショウハゼの♀。
こういう環境はコンデジは苦手だね。

ハマウリからのみちじゅね 

人口減少に歯止めのかからない阿嘉島

島の行事の参加人数も年々減る一方だ。

昨日、旧3/3のハマウリは船の整備に追われて見にいけなかったが

その夜の「アソビジャー」(ご婦人達の夜遊び)は中止になったらしく

本来のその夜に翌日の仮装を見せっこしたり被らないようにしているのだが

本番のみちじゅねぇも人数がすくなくて賑やかさに欠けて寂しい感じだった。

FBには写真UPしたけど、全然すくないのよね。

今日は1日オケラでベンチ作ってた(笑)

タンク背負ったりするのにご活用ください。

aosujisuzumedai_yg.jpg

アオスジスズメダイの幼魚。
とっても小さい子です。
そろそろこの子の季節ですねぇ~

あとちょっと 

毎日船の整備におわれて何も出来ず早1週間

いまだに取り付けが出来ないので全然すすみません。

か細い金属製のリングを入れるためにせっせと磨いております。

やっと水平にある程度までは入ることにこぎつけまして

あとちょっとです。。。。

が、実は両側にあって、片方の話なのでもうひとつあるのでした(泣)

kurohoshihaze0120715 (1)

大きな黒点が目立つクロホシハゼ。
ビーチENしたときの浅瀬などに時々いますね。
近づくとフワっと穴に逃げ込むので
ちゃんとみたことはないかもしれないね。
眼のバッテン状の線があってかわいいです。

見通したたず 

今朝の高速船でOHした部品が届いた。

勇んで設置を試みたのであるが・・・・全然だめでした。

その部品を取り付ける前の金属製のブッシュが上手く入らないのだ。

これがはいらないと肝心要のモノが取り付けられない

あとちょっとなんだけどなぁ~~~雨にも阻まれて、明日に持ち越しです。

泣きたくなってくる。

miyake0120503.jpg

2012年の撮影ですが、
こんな立派なミヤケベラの♂
最近ちっとも見ません。

寂しい限りです。

梅雨みたいな 

ここ数日は雨模様の日々が続き、ものすごい湿気。

晴れてくると更にモワっと湿度があがって不快指数はうなぎのぼり。

船の部品はこないし、他のことにヤル気もでなくて

グズグズと過ごしております。

やっと明日の船で部品がやってくるのでどうにか設置して

船を海へ浮かべたいと思っています。

撮影ガイドの仕事の依頼が3件あってどれもギリギリになってしまいました。

でも天気がずっとわるいんだよね。。。

azami_kakuremoebi110415_2.jpg

アザミカクレモエビ。
型の古いコンデジ撮影なので粗いけど
最近余り見かけないねぇ
ホストのソフトコ-ラルが生えてこないんだけど
どうなってんだろう?
やっぱりもっとひとのこないところで
探さないといかんのかしら。




入学式 

nyuugakushiki0180410.jpg

きょうは阿嘉小学校の入学式でした。

新1年生は3名でいずれも男の子。

3名とも個性溢れる元気な男子で、

これからどんな少年になるのか楽しみである。

因みに中学の入学は、残念ながらゼロ。

さびしいねぇ~

老人もどんどん減っていくし

若い男女もいないし、少年少女も少ないし・・・

人口減少に歯止めがかかりません。

よく晴れた日 

昨日は冬のように寒くて

海も荒れていたので船も来ないし

空も鉛色(笑)でおも~~い感じだし

な~~にもしなかった。。。よるも10時半に寝ちゃった。

一夜明けたら、すっかり良い天気。風も弱弱しい。

もうすぐ清掃週間があるし、駐車場の横の公共スペースの草刈をした。

草刈の鎌を研いだのでついでにうちの包丁もきれいに研いだら

手が真っ黒けである(わかる人にはわかる)

あすはゲルマにてフォークの日イベントがあるね。弦も新しくしたし、楽しみであります。

セットリストは決まったるのか?

enma-kaureebi0180404.jpg

レアもの追っかけ、最近は多少少なくなった印象があるけど・・・
まだまだやってるんだろうねぇ~見つけるとヤッタ感すごいもんな。
うちはあまりやらないなぁ。深場止めたからね。
ナイトロックスで30mまでって決めたんだけど・・・
今年はナカモトやろうかな?いいとこないかしら?近くて深いの(笑)
候補は何箇所かあるけど、入ってくれるかが問題だ。

んで、写真のエンマみたいにどこでもいるのを
いかに生態感(でた!生態感)ある写真できれいに撮るか。
ってのに魅力を感じるんですよ。

どっかのとこみたいに手で触って
良い感じのトコにおいて撮るのは駄目ですよ。

冬である 

昨日から北風にかわり

未明から強くなって来ようで今日の波は5m

もちろん全便欠航である。

先週から船の不具合がみつかって下ろせないでいる。

全く使えないので”今年は余裕があるから海のことをやる”

などと宣言した割にはなんもできていないのはこのせいです。

ヤンマー沖縄の整備士が全然いなくて修理にこられないというので

みや丸に手伝ってもらってその部分を外し那覇へ送った。

今日修理費と部品代の見積もりが来た。。。。。。うちの財布も冬になりました(涙)

hanagonbe0180401.jpg

そんなこんなで船が出せないので
来たゲストとシーサーの船に乗せてもらった。
全部で4本潜ったんだけど
1本は行ったことのないところへ連れて行ってもらった(笑)
そんときに-18mにいたハナゴンベ。
浅いでしょ?でも1匹だけだったので
偶発的な迷い込みだと思われ、
これがいなくなったら2度と現れないと思います。

久しぶりに雨・・・ 

2週間くらい降ってなかったので

恵みの雨と喜んでいたけど、お湿りにもならないほどしか降ってない。

明日にかけても降ってくれるんだろうか?

一昨日あたりから海水淡水化装置が稼動していて、

古い人間だから、なんかイヤなんだよね。

人間の都合になんでも合わせて物資そろえたりするの。。。必要ではあるんだけどね。

昨日はこの雨と寒さを見越して鉢植えの土を替えたり

根を切って戻したり、1日かけて出来たので良かったなぁ~。

いままで時間が無くて出来なかったんだ。。。

そうそう、お店の地植えプルメリアが今にも咲きそうでうれしい。

何年振りかなぁ~~~プルメリアの花。良い香りがするんだよね。

先日のSMB調査でのハゼ

hoshihaze0180404.jpg

サンゴの間から顔をだして
ジッとしていたホシハゼ。
大柄だよね(2.5cm)黒っぽい部分もあるし
あまりキレイな感じじゃないので
ヒメホシハゼの方がすきかな(笑)

akamehaze0180404.jpg

SMBにアカメハゼいったけ?と思ったけど
そういえばいた。。。この日は5匹しかいなかった。
おなか大きいね・・・でも良く見ると
寄生虫のような白っぽいのが見えてる。
かわいそうねぇ~

天気もよいし・・・ 

時間の余裕も出てきて、天気も抜群だしね

フェリーもドック入りして来ないので・・・3年ぶりくらいにSMBに潜ってみた。

3年も経つし、ちょっとは泥が溜って良い感じになってると思ったら

割とサラサラな砂の域が多くって、ちょっとガッカリ。

奥の1番深いところ-8mでも泥が粘っこくなくて・・・さらにガッカリ。

シマオリハゼとヤツシハゼはいるんだけど、ほかの泥ハゼは全然いないね。

10年数年前のあの、稀種オンパレードのすばらしい泥地はもう戻ってこないのか?

1度掘ってしまうと駄目なのかしらネェ~~~。

でも残念なことばかりではなくて、わたしが植えたサンゴは見事な成長振りでした。

SMB0180404 (3)
SMB0180404 (2)

なんか種がはっきりしないってことだったけど・・・
どうなんだろう?
植えたのは2002/3/1 なので
もう彼是 丸15年 経ってるってことだじゃん。

SMB0180404 (1)

コロダイの群れ(笑)

kiiro-sangohaze0180404.jpg

キイロサンゴハゼ
そろそろ産卵の時期が近づいてるネェ

久しぶりの保全で 

コブシメの産卵に出逢えたぁ~~~