FC2ブログ

伝説になりそうな 

きょうは未明に大雨が降って明け方に強風となる

保全活動へ行こうと計画していたけど・・・寝坊して間に合わなかった。

でも船を揚げる手伝いの約束をしていたので10:30頃行って見ると

すでに揚がっていた。

んで依頼されていた他人の船揚作業をしている風にみえたので

手を貸そうと近づいてみると、なにやら様子がちょっと違う。

なにがあったのかなぁ~~~~って尋ねてみると

揚げる途中で船を固定しているロープが切れて台車からずれて落ちそうになったらしく

何名かで船の先端を圧させていたのであった。みると確かに後方に1mちょっとズレテル。

なぜそうなったかは不明だがどうにかしないと船が台車からおちて壊れること間違いなし。

みんなで対策を練って、ああだこうだと試すがどれも上手く行かず

結局これ以上ずれないようにロープで固定して上に上げてから

フォークリフトと人力によって上方へおして正常な位置へずらす事が出来、一件落着。

教訓としては「ひとの船の陸揚げを安請け合いしない」である。

この作業はきっと伝説になると確信している。

mireniamu--matsukasa0180120.jpg

ひさしぶりにみたミレニアムマツカサである。
フィンで砂泥が舞って収拾がつかなかったので
撮影はこれ1枚。
もうちょっとすれば赤い丸い卵塊があるかもしれないね。

今シーズンも静かにおわります 

1/21のダイビングが今シーズン最後のガイド。

クバ島南クレバスとニシハマ北の浅瀬へ行きました。

太陽も出て、気持ちの良いダイビングになってよかった。

そして今日船を陸揚げし、明日以降整備の準備をして那覇や東京へ。

この春にはふたりの子どもがそれぞれ卒業し、進学と就職という区切りの年。

自分自身も還暦を控え、姿勢を正していかねば。と改めて思うのでした。

この仕事もあと何年できるんだろうか?5年はやりたいなぁ~

息子の大学授業料やら老後の貯えも作らないと(笑)

話はかわりますが、東京の大雪すごかったねぇ~。

あんだけ前もって警告だしてるのに、車使うんだね。しかも雪対策ゼロ!驚きです。

大雪だって言ってるのに・・・都会に住む人って自然現象をなめきってるね。

みんな無事ならヨシとしよう!草津は噴火で大変だぁ~

pink-fumei0180120.jpg

このピンクいのってなに?
こんなシチュエーションでよく見かけるよね。
ポリプのようなものをビヨ~ンって伸ばして。
なんだろう?


葉物がたかい! 

本州のほとんどが雪らしい・・・

都内でも夕方には10cmを超える積雪になると言っていた。

都会はちょっと積もっただけであれもこれもあいつもこいつも乱れちゃう。

んで交通機関が乱れ物流に影響が出ると、また野菜が高騰する。

TVのワイドショーではどこかの所属タレントみたいなおばさんが「高くて買えないわぁ~」

と困り顔で言ってたりするが、白菜¥600は確かに高いが

1杯¥1000もするラーメン平気で食べてるくせに¥600の白菜買えないのはなぜなんだろうか?

白菜丸1個あったら、うちだと8等分するので8回分の主催か副菜が作れる。

現在は独り暮らしなのでその倍、16回分である。

¥1000のラーメンこそ「高くて食べられない」と言え!

とか最近すごく思ってる。バカ高い高級な食べ物をよくも好きこんで食べるもんだ。

モノの価値観がズレズレになっていくことに怖さを感じるこの頃でした。

murasaki-umiko0180121.jpg

きのう撮ったムラサキウミコチョウ。
結構大きな個体でした。
最近やっとウミウシも出始めたようです(小野22が言ってました)

ブログ、サボってばかりでごめんなさい。
がんばります。

ひどい雨風でした 

朝のポツポツと雨が降りだしたと思ったら

ザーザー降りになって、風も横から吹いてきた。

嵐じゃ!(前線の通過ですね)

うひょー!長田カメラマンらが1便で那覇に戻る予定だけど・・・

それほどの波はなってないので大丈夫だと思いすっかり安心していたら

やりやがったぜ、コンチキショー。高速船全便欠航でフェリーは折り返しときた。

態の良い間引き運転と言われても仕方がないよね。出すときゃ出すくせに。

そんな訳で長田撮影班は2日間好天に恵まれ、予定撮影をこなしてお帰り。

1部はQAB琉球朝日放送の1/10放送の「楽園の海」にて「初潜りニシハマ」的内容で放送予定です。

niji-kanoko0180102.jpg

ウミヒルモを食べる貝ニジカノコ。
葉っぱ全部をムシャムシャ食べるのではなく
緑色の部分・・・なんてのかしら・・・ソコだけなので
緑の抜けた透明な葉っぱが存在します。

こういう「静寂」な感じは昔から好きでしたが
最近のポワンとした露出オーバー気味な
ヒドロ虫やホヤも好きです。


好天に恵まれ 

年末から年始にかけても良い天気がつづき

あたたかくて気持ちの良いダイビングが出来ましたね。

ゲスト全員がお帰りになった3日と4日はTV等の撮影のお手伝いで

天気が良くてこれまた良い感じで撮影ができました。

が・・・・娘の成人式7日日曜日があやしかったのだが、現実になろうとしている。

晴れ姿が雨の日では、困る。

阿嘉島で出来ればよかったのになぁ~。もう別々に開催したらどうだろか?

って声もでております。

このあとはしばらくお休みで、月末にちょっとだけお仕事します。

toumon-umiko0180104.jpg

トウモンウミコチョウの大きいのが
徐々に見られ始めてきました。

benihire-itohiki_yg0180104.jpg

もういい加減いるだろ?
と思って探しに行ってみたら
見事におりました。
ベニヒレイトヒキベラ幼魚。。。ピンクくてかわいい。

本日は撮影隊 

年末年始のお仕事が終わり

お客様のお見送りをしながらも、その船でやってきた撮影隊と合流。

とっても快晴なので「すぐに出発」です。

晴れのニシハマを2時間ちょっと、その後サンゴ群生とトンネルを2時間。

10:40ごろ出航し、14時前後にお昼休憩を30分取って

16:30までみっちりと撮影なさいました。

とても良い天気なので森山は今回用なしでございます。オンリー船長。

明日はちょっとだけ潜るかもしれないけど・・・基本船長かな。

意外と楽じゃないのよねぇ~~~。

osada0180103-2.jpg

水中カメラマン長田勇は
船上からの夕陽も真剣に撮るのでした。

今年は暖かいねぇ 

といっていたら「去年の方が暖かかったよ」

なんていわれてしまいました。記憶がどんどん薄くなって行きます。

天気はいいのだが風が冷たくて、夕方は早い時間から暗くなってくるので

なるべく早い時間に終わりたいのですが・・・3本目は75分もはいってました。

寒いはずだよ。

ゲストが3名になって、みなデジイチのハウジングなので

ヤドカリを撮りに行ってみました。ちょっと控え目なトンネル45分。

様々なヤドカリやエビ、腔腸類が見られてとっても楽しい1本でした。

今日で年末年始のゲストは終わり。

明日からは水中専門カメラマンがやってきて撮影しまくります。

umi-ichigo_sp0180102.jpg

ん~~~もっとドラマチックに
きれいに撮りたいなぁ~

Turleania-saliens0180102.jpg

トゥルレニア・サリエンス
って名前のヤドカリ。
体中赤い点々に覆われていて、眼にも点々。
飛んで逃げるのが面白い。

migikiki-yokobasami_sp0180102.jpg

ミギキキヨコバサミっていう不思議な名前の種の1種。
肉眼では黄色一色だけど
写真撮ってみると違う黄色もあったりして
結構可愛くて好きなヤドカリ。

潜り初めは・・・ 

毎年潜り初めはニシハマと決めて潮の合うときは実践してきましたが

今年は潮も合わないので、まずは(株)シーサーが毎年設置してくれている

慶良間神社へお参りし、安全祈願と千客万来を祈りました。

2018gantan.jpg

ワイドレンズ忘れちゃって・・・(ーー;)
鳥居の奥のご神体?がグレードアップされていて
素晴らしかった。
お賽銭はサンゴ基金へ募金されます。

umi-harinezumi0171231.jpg

かわいいカニを見つけて図鑑で調べてみたら
ウミハリネズミという打って付けの名前がついていました。
初めて見たけど、特徴あるカニでかわいいったらありませんでした。
もう1度出せ。といわれても、出せませんので悪しからず。